Megabass JAPAN QUALITY

HOME > BASS ROD > Brand New DESTROYER

Brand New DESTROYER

Megabass / FRESHWATER

back

破壊革命。新・ハカイ王が、破壊王を破壊する。

いまから4半世紀に遡る。1995年、伊東由樹は1986年に自らの手で生み出したハンドビルドバスロッド、「ARMS」の血統を正統に受け継ぐメガバス製バスロッドのプロトタイプを世に示した。これまでのバスロッドの基準と常識を破壊するためだ。ストイックに研ぎ澄ました感性と圧倒的なテクノロジーであまたのバスロッドを置き去りに、バスロッドの新たなベンチマークを樹立。それが、Destroyerだ。「破壊王」たる由縁である。四半世紀の時を経て、メガバスでは、「プロジェクト・リビングレジェンド」が始動した。それは、メガバスが歩んだ道の再考察であり、「原点回帰」するワークスだ。しかし、それは過去に戻る事ではない。すべてのはじまりをもたらしたメガバスのコアを抽出し、最新のメガバスファクトリーとアイティオーエンジニアリングのアドバンスドテクノロジーのスキルによって、技術革新を伴うメガバスDNAへの「先進的な回帰」を行うものである。バスロッドのベンチマーク、Destroyerは数々のバスロッドの常識を破壊し続けてきた。したがって、プロジェクト・リビングレジェンド最大のミッションは、破壊王を革新のテクノロジーで破壊する、パラダイムシフトを起こすことだった。
2019年、実験テクノロジーの先行開示ワークスとして、MPW(MEGABASS PERFORMANCE WORKS)のエンジニア達による、プロジェクト・LAIHAが始動していた。LAIHAの開発において、破壊王を凌駕する数々のスーパーテクノロジーが確立された。そのひとつが、5-D Graphite systemだ。これまで数々の先進的レイヤードシステムを果敢に導入してきたDestroyerの設計思想を根底から破壊する、新発想のシャフトコンストラクションテクノロジーは、破壊王に挑む、新たな破壊王の誕生を示唆する事態となった。そしてそれは、ついに現実のものとなった。革新のテクノロジーによって、異次元のロッドパフォーマンスを解放する「新・破壊王」が、新たな「Destroyer」として君臨する。これは、バスロッドの破壊革命だ。あの時と同じように。