Systematic Monster Cranking Systematic Monster Cranking

BIG-M 2.0

Language

BIG-M2.0は、琵琶湖の塾長、佐藤信治が着目するユニバーサルレンジである水深2m付近を攻略。シャローカバーとコンタクトさせながら2m以深に潜むデカバスを上層へとフィーディングチェイスさせることに特化しました。

低重心フラットサイドボディは、ローリングアクションの切れ味をより鋭く、タイトなスイミングによって広域レンジにアピールする圧倒的な明滅インパクトを発生。強烈なフラッシングがボトムに潜むビッグバスを魅き付けます。

ハイドロダイナミクスボディによって引き抵抗は極めて少なく、広域エリアのサーチや長時間使用による疲労を徹底軽減。軽快なリトリーブで多くのターゲットとコンタクトできる快適なビッグクランキングを実現しました。高比重ウエイトをアンダーボディに敷き詰めた「3連式重心移動システム」は、巨大な扁平形状をものともしない、向かい風を切り裂いて長距離弾道飛行する圧倒的なロングキャスタビリティを発揮。ビッグクランキングでは必須となる長距離のプロダクティブゾーンを生み出します。

BIG-M2.0はこれまでのビッグクランクとは一線を画す、稀代のパフォーマンスを発揮します。

 

 

※写真はプロトです。

BIG-M2.0 explores the 6ft range, a key depth throughout Lake Biwa that is a staple of renowned anglers like Shinji Sato. The BIG-M2.0 specializes in drawing bites from feeders lurking below the 6ft mark, sparking wild chases through open water and shallow cover alike. With a low center-of-gravity design, the BIG-M2.0 harnesses max-rotation rolling action to throw intense flash farther and wider, giving enticing glimpses of its exquisite flat-sided form to predators in the deep. 

Casts are powered by a triple balancer system, enabling long-distance ballistic approaches in weather conditions that would otherwise overpower conventional flat-sided offerings.

Further, due to careful hydrodynamic consideration, the BIG-M exhibits surprisingly low pulling-resistance for its size, reducing the fatigue so often associated with larger lures. This allows anglers to comfortably deploy big bait techniques to target wider areas and new classes of fish, delivering maximum distance and performance with minimal effort. 

 

* The photograph is a prototype.

MOVIE

SPEC

Length
126mm
Weight
2oz.
Type
Floating
Other.1
Depth : 2.0m
Hook : #1/0 x 2pcs
Price
メーカー希望小売価格
2,300 円 (税別)

TECHNOLOGY

スコップビル(PAT.P) SCOOP BILL (PAT.P)

しっかりと水を掴むスコップ形状により、ローリングアクションと強烈なフラッシングを発生。

The bill’s scoop design wrangles the water to produce rolling action and intense flashing.

Tech2 Tec.2

CONTENTS

COLOR VARIATION

RELATED PRODUCT