Megabass JAPAN QUALITY

  • EN

i-WING FRY

Megabass / FRESHWATER / EXTREME TOPWATER 
タグ:

Price
メーカー希望小売価格(税別)2,250

back

今までの羽モノより、もっともっと遠くが狙える。

Reaches way, way farther than any winged lure of the past.

Related Contents

Main Specification

Length 66mm
Weight 3/8oz.
Type Floating
Other Hook : #6 x 2pcs
発売日 : 2020年6月末頃予定

史上最強の羽モノ、世界のフィールドを席巻するi-WINGの血統を受け継ぎ、伊東由樹率いるアイティオーエンジニアリングがクレバーフィッシュを一撃必中でバイトさせるトップシークレットとして秘密裏に開発していたi-WING FRYが、ついにベールを脱ぎます。これまでシャロークランクやスピナーベイトで攻略していたシャローエリアにおいて、タダ巻きするだけでターゲットを表層へと誘い、水面を炸裂させてしまう破壊力は圧巻です。移動式重心は、クロールアクションの原理からこれまで羽モノには不可能とされていましたが、アイティオーでは独自のフォーマットを生み出し、重心移動の内蔵に成功。想定した様々なアクションに応じて重心瞬間移動システム「LBO」が生み出す「力点」と「作用点」を解析し、伊東由樹がFRY用に特別にデザインした新発想のエアロダイナミクスボディは、LBOが移動する中心軸とボディのロールアクション・センター軸を同期化させています。さらに浮上性を高めたホバリング船艇にも通じる独創的なデザイニングが、彼独自のバーチャルフィッシュとして、POPXに次ぐ新たなキャラクターを誕生させました。ネオジム磁界と作用しルアーの姿勢変化とシンクロナイズするLBOの「シャフトベアリングバランサー」は、 ①「瞬時の移動」 ②「最速でLBOを復帰させる着水間際の適切な落下姿勢」 ③「瞬時の磁着固定」をもたらします。つまり、これまでの羽モノではあり得なかった、着水同時から即座にアクションを始動、着水落下地点のターゲットを最速バイトさせる驚異のダイレクタビリティレスポンスを発揮します。わずかにラインスラックを詰める動作にさえ、i-WING FRYは即応しアクションを発生。常に動き続けてターゲットを誘います。羽モノルアーの常識を覆す、向かい風をものともしないロングディスタンスキャスタビリティは、これまで成し得なかった、プロダクティブエリアをより広大かつ広域に拡大化。しかも、ハイドロダイナミクスを追求したボディが超スローリトリーブから水面を飛び出しかねない超高速リトリーブでもまったくアクションが破綻しない、驚異のスタビリティを発揮。白波が立つ荒れた状況でも、あらゆる水面のラフコンディションに適合して泳ぎ続けます。タダ巻きで十分釣れますが、シェイキングでは身もだえアクションと微波動を発生。トゥイッチすればペンシルベイトの如く左右へのテーブルターンとウイングスプラッシュを披露。「虫系ルアー」同等の喰わせのフィネスインパクトさえ生み出してしまう羽モノがiーWING FRYなのです。

 

※写真はプロトです。

Following in the footsteps of the i-Wing, ITO Engineering, with Yuki Ito at the helm, has finally released the top-secret i-WING FRY, designed under a veil of secrecy to catch even the cleverest fish on the first bite. In shallow areas normally attacked with crankbaits or spinnerbaits, simply reeling in the i-WING FRY will bring your target to the surface, with a stunning power that explodes through the water. Once it was deemed impossible for a winged lure to have a moving balancer, because of how the crawling action works, but ITO has successfully developed a proprietary format, available for the first time in this lure. By analyzing the “power points” and “action points” generated by the Linear Bearing Oscillator (LBO) of the moving balancer system, as it responds to a variety of likely actions, Yuki Ito has designed a brand-new hydrodynamic body especially for the i-WING FRY, so as to synchronize the movements of the central axis of the LBO and the rolling axis of the lure. The innovative design, which increases buoyancy in a manner reminiscent of a hovercraft, enters the lineage of unique simulated fish like the POP-X, brought to you exclusively by Megabass. In concert with the neodymium magnet, the shaft balancer of the LBO moves reflexively as the lure changes position, creating (1) “instant action,” (2) “optimal form after splashdown, to rapidly correct the LBO,” and (3) “instant magnetic anchoring.” In other words, the lure starts working the second it hits water, doing things no winged lure has done before, and exhibiting a stunning directability so that your target bites on the spot. The i-WING FRY responds instantly, even to the slightest control of the line slack. Always in motion, it draws the target in. 

Defying preconceptions of winged lures, and dismissing headwinds as irrelevant, the long-distance castability maximizes and amplifies productive areas like no lure of its class. On top of that, the tuned hydrodynamic body is equally in control on extremely slow retrieves and on faster retrieves liable to come tearing through the surface, demonstrating incredible stability. This is a lure that keeps on swimming, adapting to whitecaps and all manner of rough surface conditions. Simply reeling in the lure will catch plenty of fish, but shaking introduces wobble action and subtle undulation. Little twitches will produce the side-to side rotation or splash action seen with pencil bait.  If you're looking for a winged lure that has the finesse and impact on bite chance of worm lures, look no further than the i-WING FRY.

 

 * The photograph is a prototype.

 

Technology

Tec.1

Tec.1

ルアーボディのロールセンター軸とLBOⅡ(PAT.)によるバランシングシャフトを同軸上に同期化させた世界初のハネモノ。デッドスローからハイスピードリトリーブに至るまで、驚異的なスタビリティーを発揮。卓越したハイピッチ・クロールアクションを発生。

The rolling axis of the lure and the balancing shaft of the LBO II (PAT.) are coaxially arranged for synchronous action, in a world first for winged lures. From the slowest reeling action to the speediest retrieves, the stability is harrowing, and the high-pitch crawling action is transcendent.

Tec.2

Tec.2

キャスティング時には、シャフトベアリングバランサーが瞬間移動。圧倒的なキャスタビリティを発揮します。

When casting, the shaft balancer instantly adjusts. This gives the lure crushing castability.

Tec.3

Tec.3

着水後、瞬時にシャフトベアリングバランサーはネオジム磁界に誘導され、アクションポジションにロック。

素早いアクションの立ち上がりを実現。

After splashdown, the shaft balancer is immediately guided by the neodymium magnet, locking the oscillator in position—ready to spring into action.