FRESH VOICE

ちょ~どいい妥協案 ♪ ~ X-CREW ~

コンパクトなシルエット ♪

インパクトのあるフラッシング ♪

派手過ぎず ・・・ 地味すぎず ・・・

絶妙なアピールがバイトを誘う !

午前4時、浜に立つ。

雪を冠した富士山からは、
すこぶる冷えた北風が吹き降ろしている。

吹きっさらしの浜に立つ釣り人は皆、
未だ暗い海に、黙々とキャストを繰り返すことで、
なんとか背中の寒さを無視しつつ ・・・
まだかまだかと日の出を渇望しているのだが ・・・

いざ東の空が白み、やがて淡いピンク色に
染まり始めると、いつの間にか今度は逆に、
陽が昇るのを拒むが如く、
必死にキャストを貪るのだから ・・・

我ながら滑稽なものである。(笑)

そんな期待に満ちたマズメという時間帯は、
常に不思議な力を秘めていて ・・・

先刻まで ・・・ そして先日まで ・・・
確かに居なかったはずのイナっ子の大群が
突如、河川内から現れ ・・・
数個の大きなボールを形成し、
海面をザワめかせつつ、サーフを彷徨き始めた。

ブレイクを避けるように ・・・ いまだ微妙に深度を
保っているシャロー域を回遊するベイトボール !

今にもボイルが起きそうな状況なのだが ・・・
少なくとも、私の視界の中では、何も起きない ・・・

己れのポジショニングした位置が悪いのかと、
首をフリフリ、周囲も警戒するのだが ・・・
見える範囲、イナっ子ボールは蠢けど、
浜に並んだ釣り人の竿は、一向に躍動しない ! ?

マズメという貴重なタイミング ・・・

大量のベイトが浜を蠢いている絶好の展開 ・・・

これで釣れなきゃ、どのタイミングで釣れるんだ
とも思える状況に、手を替え、品を替え、
おまけに手数も増やしつつ、
あれやこれやと試し通すも ・・・

ただイナっ子達が平和に泳ぎ回るだけで・・・

何事も起きぬまま、時だけが過ぎていき ・・・

やがて東の空に昇り始めたお陽様が、
しっかりと海面を照らし始めれば、
イナっ子達は一段沈んだりし始めて ・・・
浜には、落ち着いた平和な空気が漂い始める。

ひと休みがてら友人らと談笑していた所、
連日釣り場に通われている猛者の方から
「 昨日はヒラメとコチの釣果がでている 」
「 この後は、メッキのボイルが始まる 」 と
超具体的な情報をもらい ! (笑)
「 メッキと遊ぶなら、MAKIPPA なんかが
絶妙じゃないか 」 とアドバイスまで頂戴し !

改めて期待に胸膨らませて、
竿を振り始めるわけだが ・・・

なんか少し引っかかる ・・・ (笑)

周囲には大量のイナっ子の群れ ・・・
前日には、ヒラメとコチの釣果 ・・・
やがて始まるというメッキの回遊 ・・・

こんな賑やかな、魚っ気のある状況で、
ホントにヒラメは留守なのだろうか ・・・ ?

ここまでの段階では ・・・
広範囲探索に マリンギャング140
微妙な浅さのシャロー域には X-140SW
分水河口の流れには
GENMA110S を軽・重織り交ぜて ・・・
ベイトのイナっ子のサイズ感に合わせ
違和感の無いルアー選択をしていた、
つもりなわけなのだが ・・・ 無反応。

ここは少し趣向を変えて ・・・

メッキに遊んでもらう前提で、
思い切り マキッパ に振るのも勿論アリだが、
ややヒラメを意識して、ちょっぴり強めの
アピールを盛り込んでみたらどうか ・・・

コンパクトな小粒のシルエットにして ・・・
ナチュラルに派手なフラッシングのアピール ・・・

MAKKIPA よりも、若干強めのイメージ
ということで、思い当たったのが ・・・

X-CREW ! !

すっかり陽も昇り、フラッシング効果も期待大 !
下げた潮位は、お誂え向きにイナっ子達を
水没したサンドバーが形成している
シャロー域から追い立てていて ・・・

狙うは、水没サンドバーの端 !

そのブレイクに張り付いて、
サンドバー上から、こぼれ落ちてくるイナっ子を
待ち伏せているであろうプレデター !
( 話の通りにメッキがくるなら、それもよし ! 笑 )

ポイントの浅さを考慮した21gの X-CREW は、
必要十分な飛距離にして、
違和感を覚えにくい小粒のサイズ感 !
そこにサイズを補って余りある
フラッシングのアピールに、
スタックを回避しつつも、
適度にスローなスイ厶スピード !

絶妙な妥協案なんじゃないかと !

さすれば早速・・・

サンドバーの沖に X-CREW を投げこみ、
スローなリトリーブで
周囲にフラッシングを振り撒きつつ、
時折感じるボトムとの接触感を、
ロッド操作とリールの巻きとりで回避して ・・・
ブレイクの傾斜面を丁寧に舐めながら ・・・
放射状に点々とトレースを刻んでいた数投目 ・・・

グン ! !

ブレイクの斜面を登りきり、
水没サンドバー上のフラット面に
乗った直後あたりで重みが追加 ! ?

反射的に繰り出したフッキングに呼応して、
ロッドに生命感が宿り、
SXX-100M が心地よく震え始める ♪

パタパタとはためくような抵抗に、
獲物の正体を確信しつつ ・・・

勢いよく浅瀬をさらしている波に乗せ、
そそくさと無事ランディング ♪ (笑)

朝マズメの最高の時間
目の前、無警戒に泳ぎ回る
大量のイナっ子の群れを無視し、
虎視眈々とブレイクに隠れ、
潜み続けていた天邪鬼は ・・・

40cmのヒラメさん♪ (笑)

スタンダードなものに反応しない魚も、
スピンテイルの独特なアピールには
時にアッサリ反応することがあるので ・・・

侮れませんな ♪ (笑)

私、相変わらずのソゲサイズでありますが ・・・
それでも、魚っ気の薄かったサーフに、
ようやく安定して魚が接岸し始めたことを
感じさせる貴重なヒラメ ♪

ベイトとなるイナっ子は大量に居ることから、
これから年末・正月にかけて、
ぐんぐんとヒラメを呼び込み、サイズアップも
期待できるのではないのでしょうか ?

寒さは厳しくなりますが、
それに伴った水温の低下は、
ヒラメの接岸を促し ・・・
これからがヒラメ・シーズンの本番 ♪

皆さん ! 是非、釣り場にでかけ ・・・

寒さにマケず、 X-CREW マケマケです !

ロッド : SHADOW-XX SXX-100M
リール : シマノ 4000
ライン : DRAGONCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : X-CREW 21g ( G アカキン )