Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > Back to Basic, Xtreme Bait. > 徳永兼三×東京湾・夏の人気ターゲット・マゴチをボートゲームでゲットせよ!

徳永兼三×東京湾・夏の人気ターゲット・マゴチをボートゲームでゲットせよ!

back

 

照りゴチとも呼ばれる真夏の代表的ターゲット・マゴチ。サーフではヒラメと並ぶフラットフィッシュの人気魚だ。そんなマゴチのもう一つのフィールドが港湾部のシャロー。6月の東京湾を、徳永兼三さんがボートゲームで攻略する。

 

東北から沖縄まで広い範囲に生息するマゴチは、身近に狙えるフィッシュイーター。英語でフラットヘッドと呼ばれる通り、偏平な頭部に大きな口を持ち、砂地のボトムに潜んで獲物を待ち伏せる。今回の舞台となる東京湾は、湾奥から横浜、横須賀、そして千葉エリアと好ポイントが数多く存在するマゴチ釣りの本場。エサ釣りはもちろん、昨今ではルアーによるボートゲームがブームの兆しを見せている。そんなボートマゴチの攻略法を、メガバスプロスタッフの徳永兼三さんに実践してもらった。もちろんその基本メソッドはボートのみならず岸壁や防波堤からの場合もまったく同じ。マゴチのいる全国のベイエリアで試してもらいたい。

 

徳永さんは東京・羽田をベースにガイドサービスを営み、古くからボートのマゴチゲームを開拓してきたアングラー。毎年5月前半からマゴチの動向を追っている。

 

マゴチの習性

「マゴチはカサゴ目コチ科のフィッシュイーターで、沿岸部の波打ち際から水深30m前後に生息。夏になり、太陽が照りつけると産卵のため浅場に集まることから、釣り人の間では「照りゴチ」の名で親しまれている。釣り期は5月~9月。今がまさに最盛期だ。

 

 

東京湾のボートゲームでは45cmがアベレージ。 最大では60cmオーバーも期待できる。

 

食性はイワシ、ハゼ、イナッコなどの小魚と、エビ、カニといった甲殻類。東京湾の場合、シーズン前半はイワシやエビなどを主食とし、ハゼが育ってくるとハゼを捕食するケースが目立ってくる。いずれにしても、捕食レンジは基本的にボトムなので、いかに底を探るかが釣果を分けるポイントになる。

 

釣り上げたマゴチが吐き出した10cmほどのハゼ

 

 

ボトムトレースのセオリー

ボート、オカッパリを問わず、港湾のマゴチゲームで狙う水深は浅いところで30cm、深いときは5m超と幅がある。変化に乏しい広大なシャローは狙い目を絞りにくいが、「カケアガリを起点に探っていくことでより短時間でマゴチの居場所を知ることができます」と兼三さん。その際、オカッパリの場合は沖に投げて手前に引いてくる“アップヒル”のトレースがほとんどだが、ボートの場合はカケアガリの沖側から“ダウンヒル”で探ることも可能。自分の立ち位置に応じて臨機応変に攻めてみよう。

 

※アップヒル…水深の深い側にルアーを投入し、浅いほうへと上げながら探る方法。

※ダウンヒル…アップヒルとは逆に、浅いほうから深いほうへと落としながら探る方法。

 

 

攻め方の基本①リフト&フォール

マゴチ狙いの王道はリフト&フォール。キャスト後、ルアーが着底したらロッドを立てて泳がせ、再びロッドを下げながらラインスラックを巻き取るという動作でボトム近辺を探っていく。ロッドを立てる代わりにリーリングで1~2m泳がせて、止めてフォールという方法も効果的。どちらの場合もヒットチャンスはアクション後のフォール。ボトムから浮き上がったルアーが再び着底する直前に「コン!」と明確なアタリがくることが多い。

 

 

ボトムから浮かせて再びフォール。この繰り返しでマゴチを誘う。

 

 

攻め方の基本②ズル引き

ボトムが砂地で根掛かりのリスクが少ないケースでは、海底を引きずるようにトレースする方法もある。この場合も動いたルアーが止まった時にアタリが出ることが多い。

 

 

ロッドを水平方向にゆっくりと引いてルアーを動かす。ソフトルアー使用時にはとくに有効だ。

 

 

マゴチの口は堅い。アタリは鋭く!

エサ釣りでは「マゴチ20」などと言って、アタリが来てから20数えてじっくり食い込ませることがセオリーとされるが、ルアーの場合は基本即合わせ。口の堅いマゴチゆえ、しっかりフッキングしよう。中途半端な針掛かりでは強烈なヘッドシェイクで外されてしまう。

 

ファイトはラインを緩めず一気に決めるべし!

ヒットするとマゴチは首を振ってハリを外そうとする。大型の引きをいなす場合もラインは常にテンションを保ち、速やかに取り込んでしまおう。

 

アワセは鋭く行うこと。また、ファイト時は首振りにもラインを緩めずに対処したい

 

 

マゴチ攻略のルアー①ソフトルアー+ジグヘッド

ソフトルアーを使う場合は、シャッドテールタイプやカーリーテールタイプなど、動きの良いソフトルアーをジグヘッドにセットして使う。サイズは3インチ~5インチ。喰われているベイトサイズに合わせると、バイトの確率はより高くなる。ジグヘッドのウエイトは水深次第だが、港湾シャローの場合は10~15g前後が標準。ノーマルのシングルフックタイプのほか、トリプルフックをセットできるタイプ、ブレード付きのタイプ等があるので、ポイントの状況に応じて使い分けたい。

 

 

写真上はトリプルフックをセットできるジグヘッドに装着した例。 下はプレートの振動とフラッシングをプラスしたメガバスのボトムスラッシュ。

レンジキープ能力も高い。 なお、根掛かりの多い場所ではシングルフックのノーマルタイプを選ぶと良い(写真2枚目)。

 

マゴチ攻略のルアー②ハードルアー

ハードルアーはテッパンバイブをはじめとしたバイブレーションプラグと、スピンテールジグ、メタルジグなどが効果的。7g~40gくらいまで使用可能だが、10~30gのものが使いやすい。ハードルアーの利点は手返しが良いことと、フッキングが確実なこと。アピール力の高さや、何匹釣っても壊れない丈夫さでもソフトルアーに勝る。根掛かりの少ないポイントではぜひ試してみたい。使い方はリフト&フォールが基本となる。

 

ソフトルアー、ハードルアーともにボトム付近をゆっくりトレースできるものが理想。

ボトムに到達しなかったり、沈みが速すぎたりしないよう、水深や潮流に応じて重さを選ぶ。

 

サイキックもマゴチに強いルアーだ。

 

 

実釣はシーバス交じりで多数ヒット

取材当日は直前に通過した台風の影響で大雨が降り、増水した河川内にカタクチイワシが大量に群れている状態。魚探には表層からボトムまで反応が出ていた。

兼三さんはスピンテールジグのエクスクルーでボトムをトレースする。狙いは水深3mから浅くなり始めるカケアガリの周辺だ。しかしイワシを追って河川内に入ってきたシーバスがマゴチより先にルアーをアタックしてしまい、なかなか本命にたどり着けない。

 

「船道からハンプ状にせり出した緩やかなカケアガリをエクスクルーでトレースしていますが、イワシの反応は想像以上に濃いですね。きっとこの大雨で河川内の魚の分布が変わってしまったのでしょう」

 

「この時期にシーバスがこんなにいるのは珍しい」と兼三さん。

シーバスは次々にヒット、しかも良型揃いだった。

 

それでもエクスクルーを投げ続け、水深3m近辺で最も反応がいいことを突き止めた兼三さんは、その水深で何度も船を流し直してマゴチを連発。最大はスピンドルワームでキャッチした50cmほどのマゴチ。サイズ的には不満の残る釣果だが、連打することでパターンを証明して見せた。

 

 

 

兼三さんによれば、今年のマゴチは開幕が早く、魚影も例年より濃いとのこと。ボートゲームのファンも増え、受け入れるガイドサービスや乗合船の数も増えていることから、今年は大きな釣果が期待できそうだ。まだ未体験のアングラーは、このチャンスに強烈なヘッドシェイクの醍醐味を味わってほしい。

 

 

 

クロダイ・キビレも面白い!NEWメソッド「ビズラのフォーリングゲーム」

夏の東京湾にはマゴチ以外にも熱いターゲットがいる。それがクロダイ&キビレだ。釣り方としてはストラクチャーに沿ってソフトベイトを落とし込むのがこれまでのセオリーだが、兼三さんはこれをハードルアーのビズラで行う。ビズラを使う利点は手返しの良さと、縦にも横にも探れる点。通常のスピンテールジグと異なり下部にブレードがあるため、スタックしにくいこともビズラの利点だ。

 

 

釣り方は二通り。写真のようなバースではピンポイントにピッチングで入れ、支柱をはじめとした縦ストラクチャーに沿ってフリーフォールで落としていく。

 

 

テトラポッドでは前打ちスタイルで階段状に落としながら探る。テトラに乗ったら静かにリフトして再びフォール。数メートル探って反応がなければ巻き取るが、ブレードの波動とフラッシングの効果で巻き取り途中に食ってくることもある。

 

 

今回の実釣では全域に散ったシーバスの猛攻で終わってしまったが、水が落ち着けばクロダイ、キビレは手堅いターゲット。ホームグラウンドで同じようなポイントがあったら、ぜひトライされたし。マゴチとともに、これからベストシーズンを迎える港湾のルアーゲームを楽しもう。

 

 

 

TACKLE

マゴチ(ハードルアー)

ROD:シルバーシャドウ SS-64MLS

REEL:RC-IDATEN256

LINE:PE1.2号+フロロカーボン4号

LURE:エクスクルー30g、メタルエッジ、nadar スパロー

 

マゴチ(ソフトルアー)

ROD:シルバーシャドウ SS-72MLS

REEL:3000番

LINE:PE1号+フロロカーボン4号

LURE:スーパースピンドルワームSW(ジグヘッドリグ)

 

クロダイ(チヌジグ)

ROD:シルバーシャドウ SS-611MS

REEL:3000番

LINE:PE1.2号+フロロカーボン4号

LURE:nadar チヌジグ

 

クロダイ(ビズラ)

ROD:シルバーシャドウ SS-63MC

REEL:ベイトリール(7.1:1)

LINE:PE1号+フロロカーボン2.5号

LURE:nadar ビズラ

 

 

 

TOPへ

 

 

The quintessential summer target: magochi. It’s a popular saltwater fish right up there with flounder. A popular field for magochi is the shallows of Tokyo Bay. Kenzo Tokunaga attacks the June Tokyo Bay with boat games.

 

Magochi can be found across a wide range from Tohoku to Okinawa and is an easy-to-target fish eater. As its English name of flathead indicates, magochi have flat heads with large mouths, and lurk in the sandy bottom waiting for prey. Tokyo Bay has many prime magochi fishing areas, from Yokohama to Yokosuka to Chiba. In addition to bait fishing, there has been a recent boom in magochi boat games using lures. We had Megabass Pro Staff Kenzo Tokunaga demonstrate such methods. Of course, the basic method remains the same whether from boat or shore. We’d love for you to try it out for yourself at various bay areas around the country.

 

Mr. Tokunaga has a fishing guide service based in Haneda and is a veteran magochi boat game angler. Starting in mid-May each year he closely follows the trends in magochi.

 

Magochi Behavior

Magochi are fish eaters belonging to the family Platycephalidae and live in coastal areas out to a depth of about 30m. In the bright summer sun, they gather in shallow areas to spawn, garnering them the name “teri gochi,” or “shining magochi.” The peak season is from May to September.

 

 

 

They feed on small fish such as sardines and goby, and crustaceans such as shrimp and crab. In Tokyo Bay, they feed on sardines and shrimp for the first half of the season and move on to goby once the goby start to mature. Either way, the feeding range is the bottom, so the key to success is how well you can search the bottom.

 

A roughly-10cm goby that a caught magochi spat out.

 

 

Bottom Tracing Theory

From boat or shore, the target range for bay area magochi games will range from 30cm up to 5m. It can be difficult to narrow down your target area in wide shallow areas, but Kanzo-san says you can quickly discern the location of magochi by searching in and around sloped underwater areas. When fishing from shore, that means casting out into the bay and retrieving “uphill.” “Downhill” tracing is also possible when fishing from boat. Simply adapt the approach to your fishing location and attack.

 

* Uphill… Cast the lure towards the deeper area and retrieve it towards the shallow area.

* Downhill… The opposite of uphill. Retrieve the lure from the shallow area towards the deeper area.

 

 

Basic Methods 1: Lift & Fall

The mainstay of magochi fishing is the lift & fall technique. Once the lure makes contact with the bottom after casting, raise the rod to make the lure swim, then lower the rod and reel in the slack. Repeat this process to search the bottom. Instead of raising the rod, making the lure swim 1-2m by just reeling it in is also effective. With either approach, the highest likelihood of a bite is during the fall. Many solid bites happen the moment before the lure makes contact with the bottom.

 

 

Raise it off the bottom and let it fall. Lure in magochi by repeating this process.

 

 

Basic Methods 2: Dragging

When there’s a low risk of snagging on the sandy bottom, dragging is also an option. In this scenario, many bites occur when the dragged lure comes to a stop.

 

 

Slowly pull the rod horizontally to move the lure. This is especially effective with soft lures.

 

 

Magochi have strong jaws. Go for powerful hooking!

With bait, there is the common “magochi 20” method of slowly waiting 20 seconds after the hit to hook the target. However, with lures, the goal is to immediately hook the target. Make sure you get plenty of power, as magochi have very hard jaws. A weak hooking attempt will be easily shrugged off by violent head shaking.

 

Be decisive during the fight and don’t relax the line!

When hooked, magochi will try to shake their head from side to side and dislodge the hook. Always keep tension on the line, even for larger targets, and land them as quickly as possible.

 

Make your hooking attempt hard and fast and keep tension on the line during the fight.

 

 

Magochi Lures 1: Soft Lures + Jig Heads

When using soft lures on your jig head, stick to ones that move well like shad tails or curly tails. The size should be 3-5 inches. If you match the size of the lure to the size of the baitfish being fed on, you increase the chances of getting a bite. The weight of the jig head depends on the depth of the water. For harbor areas 10-15g is standard. Aside from normal single hook types, there are triple hook types, blade types, and more, so you want to pick and choose depending on the spot.

 

 

The top picture shows a jig head that can take a triple hook setup. The bottom is Megabass’ BOTTOM SLASH that adds vibration and flashing with tis plate.

It also has great range keeping. In areas with lots of snags, it’s better to use the normal single hook type (second picture).

 

Magochi Lures 2: Hard Lures

In terms of hard lures, vibration plugs such as the Teppan Vibe, spin tail jigs, and metal jigs are effective. You can use anything ranging from 7g to 40g, but the 10-30g range is the easiest to use. Hard lures are quick, efficient, and have great hooking performance. They also have stronger appeal to targets and are more durable than soft lures. Definitely try them out at spots where there’s a lower risk of snags. With these you will be mainly using a lift & fall approach.

 

With both soft and hard lures, something that can trace the bottom slowly is ideal.

Select your weight according to the depth and current to make sure it can reach the bottom and doesn't fall too quickly.

 

The PSYCHIC is also a great lure for magochi.

 

 

Lots of hits including sea bass.

On the day of the interview there were large numbers of anchovies in the river due to increased water levels caused by heavy rain from a recent hurricane. The fish finder showed lots of targets from the surface to the bottom.

Kenzo-san used the X-CREW spin tail jig to trace the bottom. He targeted the slopes starting at a depth of 3m. However, sea bass that followed the anchovies into the river continued to bite first, and we were unable to land our main target.

 

 

According to Kenzo-san, it’s rare for there to be so many sea bass at this time of year. He continues to get more sea bass hits, all of them being good-looking specimens.

 

Kanzo-san continues to cast the X-CREW, determining that the 3m range has the most potential. Finally, he lands multiple magochi, the largest being a roughly 50cm magochi he caught using the SPINDLE WORM. This left a little to be desired in terms of size, but in terms of sheer numbers, there was no doubt that he proved the effectiveness of this approach.

 

 

 

According to Kenzo-san, this year’s magochi started early, and their numbers are greater than usual. From the increasing popularity of his guide service and charter boats, it seems that this year will be a great year for magochi. For uninitiated anglers, we urge you to take the plunge and experience the intense head shaking fights of magochi fishing.

 

 

 

Blackhead seabream and yellowfin seabream are also exciting! A new method: VIZLA falling games.

There are other exciting targets in Tokyo Bay during the summer. We’re talking about blackhead seabream and yellowfin seabream. Until now, it was common to drop soft bait alongside structures when targeting these fish, but Kenzo-san uses the VIZLA, a hard lure. The VIZLA gives the advantage of speed, and the ability to search both vertically and horizontally. Unlike normal spin tail jigs, it had a blade on the underside, making it less likely to get stuck.

 

 

In areas similar to the one picture above, use pinpoint casting to focus on vertical structures such as the supports while using the lift & fall method.

 

 

Around tetrapods, let the lure fall as if stepping down a staircase with gentle lifts. If there’s no reaction after a few meters, reel it back in. Sometimes you get bites while reeling in due to the vibration and flashing of the blade.

 

 

This time we ended up with a sea bass blitz, but once the waters return to normal, we’d expect the blackhead seabream and yellowfin sea bream to be easy targets. If you have a similar spot near you, you should definitely give it a try. It’s the best time of year to enjoy harbor area lure games.

 

 

 

TACKLE

Magochi (Hard Lure)

ROD:SILVER SHADOW SS-64MLS

REEL:RC-IDATEN256

LINE:PE #1.2 + Fluorocarbon #4

LURE:X-CREW30g、Metal Edge、nadar SPARROW

 

Magochi (Soft Lure)

ROD:SILVER SHADOW SS-72MLS

REEL:Spinning reel #3000

LINE:PE #1 + Fluorocarbon #4

LURE:SUPER SPINDLE WORM SW (Jig Head)

 

Blackhead Seabream (Chinu Jig)

ROD:SILVER SHADOW SS-611MS

REEL:Spinning reel #3000

LINE:PE #1.2 + Fluorocarbon #4

LURE:nadar CHINU JIG

 

Blackhead Seabream (VIZLA)

ROD:SILVER SHADOW SS-63MC

REEL:Bait reel(7.1:1)

LINE:PE #1 + Fluorocarbon #2.5

LURE:nadar VIZLA

 

 

 

TOP