Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.119

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.119

back

team_blog_banner

 

ELBO-Cranking Shiner- (T-018)

 

 eb_vol119_01

 

2016年に入り慌ただしい日が続いていますが、本年もエンジニアブログをよろしくお願い致します。

今年は全国5箇所で新製品を展示するエキシビショントレイルもありますので、ご期待下さい。

 

さて、各メディアにて徐々に明らかになってきているメガバスの2016年新製品。

 

その中でも、FWルアーとしてLBOという全く新しい重心移動を搭載するELBOのお話です。

 

eb_vol119_02

 

 LBO(エル・ビー・オー)の詳細は、下記をご覧ください。

 

 

eb_vol119_03

 

ざっくりと説明しますと、LBOの移動ウエイトの中心には軸が通っています。

 

eb_vol119_04

 

その周りを覆うようにウエイトが形成されているのですが、そのウエイトが、従来のものだと、軸との接触面が多く、摩擦抵抗が多くなります。

 

 

この摩擦抵抗が多いと、もちろんキャスト時の遠心力でのインパクトの力が弱くなりますよね?つまりウエイトがボディ最後部に移動するまでのスピードが遅くなるということです。

 

その原因である摩擦抵抗を極力減らすために、ウエイトにボールベアリングを内蔵して、軸に触れるウエイトを、従来のもののような面接触ではなく、画像のような点接触にして、摩擦抵抗を減らそうというわけです。

 

 eb_vol119_05

 

このように摩擦抵抗を減らすことで、キャスト時にウエイトがボディ最後部に移動するスピードを瞬間的なスピードに変える事が可能なのが、LBOシステムです。

 

もちろん他にもメリットがあります。

 

キャスト時にボディ最後部に移動するのが早いという事は、着水からの立ち上がり、すなわちボディ最後部からアクションポジションにまでの前方向へのウエイトの移動スピードも早いわけです。

LBOの解説として、ほぼ3°の角度でウエイトは移動します。

つまり、ほんの少しの傾きで、滑らかにウエイトが移動するのです。

この3°というのはLBOの性能を解析した時のデータであり、裏話としてはキャストからの着水の衝撃で、着水と同時のタイミングでウエイトが最後部からアクション位置に移動しています。

 

つまり、今までの重心移動よりも、異常に滑らかにウエイトが動くのです。

 

ゆえに、飛距離はもちろんのこと、アクションの立ち上がりも抜群で、着水からの巻き始めからアクションし始めるのがLBOの特徴でもあります。

 

次回は、ELBOのボディ形状のお話です。つづく

※画像はブログ用の参考資料であり、製品とは異なる場合があります。

 

 

team_blog_banner

 

ELBO-Cranking Shiner- (T-018)

 

 eb_vol119_01

 

The time has been flying away on us since the year 2016 has begun, we promise you to deliver the best stuff to you this year as we’ve always done.

We also want to let you know the Exhibition Trail will be held this year in 5 places nationwide to show the new items.

 

Well, the 2016 Megabass new items have been revealed by each media here and there.

 

Especially, I’ll talk about the ELBO loaded with LBO, which is the groundbreaking moving gravity technology as FW lures.

 

eb_vol119_02

 

Check the picture below about the detail of LBO.

 

 

eb_vol119_03

 

To explain briefly, an axis is through the center of movable weight of LBO.

 

eb_vol119_04

 

The weight is formed to wrap around the axis and the touching area to the axis for the conventional weight is large, therefore it ends up with the higher frictional resistance.

 

Do you see there is not enough impact in centrifugal force of the casting with this higher resistance? In other words, it slows the moving speed down from the weight to get to the very end of its body.

 

We’ve installed ball bearings to reduce the frictional resistance as much as possible by reducing touching area with the dots like the picture instead of whole surface touching an axis like a conventional weight.

 

 eb_vol119_05

 

LBO system makes this moving speed into momentary speed during the casting by doing so.

 

Of Couse, there are more merits as well.

 

The weight’s moving speed to get to the back while casting is fast, that means getting back to the upright position at landing and the speed of the weight moving back to front are also fast.

The weight of LBO shifts in 3 degrees angle. That means its weight moves smoothly with little tilt.

This 3 degrees was figured out of data analyzed LBO function, this is an inside story but the weight come right back to the action position by shock at the moment of landing.

 

I just want you to see how insanely fast the weight moves compare to the conventional weight with movable gravity.

 

Therefore, the special features of LBO are the great come-back at the landing, quick action right after landing as well as the flying distance.

 

I’ll talk about the body shape of ELBO next time. To be continued.

*The pictures are just a reference for our blogs, the actual products might be different.

 

 

team_blog_banner

 

ELBO-Cranking Shiner- (T-018)

 

 eb_vol119_01

 

进入2016年忙碌的日子每天都在持续着,今年的Engineer Blog也请拜托大家了.

今年在全国5个地方有对新产品进行展示的展览会,敬请期待.

 

那么,各媒体渐渐明确了的Megabass的2016年的新产品。

 

在那个其中,有作为FW路亚称作LBO的安装全新的重心移动的ELBO的话题。

 

eb_vol119_02

 

LBO的详细内容,请阅读以下内容。

 

 

eb_vol119_03

 

大概地解说一下就是,LBO的移动锥子的中心有轴通过。

 

eb_vol119_04

 

把那个周围包起来形成锥子,那个锥子,如果是本来的东西,和轴的接触面非常多,摩擦阻力也变大。

 

这个摩擦阻力很多的时候,当然通过投竿时的离心力,冲击的效果会减弱吧?也就是说锥子移动到身体最后部的速度会变慢。

 

为了极力减少摩擦阻力这个原因,在锥子里暗藏球型轴承,触碰到轴承的锥子不是像以前那样面相接触,而是如下图那样点相接触,来减少摩擦阻力。

 

 eb_vol119_05

 

通过这样减少摩擦阻力,可以将投竿时锥子移动到身体最后部的速度变成瞬间速度的就是LBO系统。

 

当然还有其它优点。

 

投竿时向身体最后部移动迅速的意思是,入水后的立起,即身体最后部开始到抖动位置的朝前方向的身体移动速度也应该很快。

LBO的解说就是大概角度3°的状态下锥子进行移动。也就是说,仅仅一点点的倾斜的状态下,身体流畅地进行移动。

这个3°是指LBO的性能进行解析时的数据,内幕就是通过投竿时的入水的冲击,入水的同一时机,锥子从最后部开始移动到抖动位置。

 

也就是说,比起到目前为止的重心移动,锥子进行异常的流畅地移动。

 

所以,抛投距离不用说,抖动动作的开始也非常出众,从入水开始卷起的同时就开始进行抖动动作也是LBO的特征。

 

下次是ELBO的身体形状的话题。待续

 

※图片是BLOG用的参考资料,有可能跟实物有差异。