Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.118

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.118

back

team_blog_banner

 

毎年思うことがあります。

「冬ってこんなに寒かったっけ?」

 

なんだかんだ毎年同じような気温なので、

例年通りの寒さのはずですが、

夏が来ると体がリセットされてしまう開発員です。

 

 

 

そんな寒い時期にもかかわらず、

季節外れの新たな「虫」が開発終盤を迎えております。

 

 

新たな「虫」とは、

みなさんお待ちかね(僕が待っていました)

SIGLETTのダウンサイジングモデル

「TINY SIGLETT」です。

 

 eb_vol118_01

 

以前から計画は出ていたのですが、

いろいろな諸問題があり、開発が遅れておりました。

 

 

まず問題となったのは、「浮力」の問題です。

単純にSIGLETTをダウンサイジングしたモデルを

試作・テストしてみたのですが、

なんとこれが浮きませんでした。(ウェイトなしの状況で…)

 

一番の原因はどう考えても「空気容量不足」。

羽根も浮く素材で出来ているのですが、

決定的にボディの浮力が足らないという結果になりました。

 

ボディの長さを長くしては小さくする意味がないと思ったので、

たどり着いたのが、ボディ本体の「肉厚」を薄くすること。

外形を変えずに、内部のオフセット量を増やし、

空気量を増やすことで浮力を確保することができました。

(基準が1.1mmに対して、0.8mm)

さらに、羽根の比率をSIGLETTよりも少し大きめにし、

さらなる浮力とハイレスポンスなアクションを生み出しました。

 

 eb_vol118_02

 

そして、羽根モノ(虫モノ?)の一番の課題である「フッキング率」。

「何としてもフックを2個付けたい!」と思っていたのですが、

フックを2個つけて浮くはずがありません。

(結構フックは重いんです)

しかし、思わぬ副産物として

「浮力の小ささ」がアイデアを生み出してくれました。

 

「フックをたくさんつけて引っかかる場所を増やす。」

という考え方から、

「しっかりと口の中に入れてあげる。」

という考え方へとシフトさせてくれました。

 

結果、フッキング率は上々。

小さな複数のウェイトでサウンドの追加と浮力の調整をし、

フック1つでも高確率でフッキングすることが出来ました。

 

 eb_vol118_03

 

苦戦を強いられた「TINY SIGLETT」ですが、

また冬を忘れる頃にはお届け出来るかと思いますので、

ぜひTINY SIGLETTのドキドキな釣りを楽しんでいただけたらと思います。

 

team_blog_banner

 

The same thought always pops up on my mind every year.

“Was winter this cold?”

 

It’s almost the same temperature every year, so it should be the same as usual, but our bodies forget every time when summer comes.

 

The development of a new “bug” is coming to the end, even though it’s in such a cold season.

 

The new “bug” is long-awaited (I was waiting)

 “TINY SIGLETT” which is a downsized model of “SIGLETT”.

 

 eb_vol118_01

 

Although we planned this a long time ago,

the development has been rocky because of several problems.

 

The first problem was “buoyancy”.

We tried to test a model simply downsized version of SIGLETT,

surprisingly it didn’t float. (It didn’t even have no weight.)

 

The biggest cause has to be obviously the “insufficiency of air volume”.

Although the wings had been also made out of floatable material,

we realized that the body itself didn’t have enough buoyancy.

 

We thought there was no use to downsize the body if we stretched out the length of the body, so we came up with the idea to slim down the thickness of the body.

We successfully obtained the buoyancy without changing its appearance by increasing the air volume with an offset inside of the body. (0.8mm vs standard 1.1mm)

Furthermore, we made its wings slightly bigger than the ones of SIGLETT in order to create much better buoyancy and response.

 eb_vol118_02

 

The biggest challenge for the wing-type (or I should say the bug-type?) is “hooking rate”.

I wanted to install 2 hooks but there was no way that it would float if we put 2 hooks!

(Hooks are heavier than you think!)

But the small buoyancy unexpectedly gave us a great idea.

 

Because of small buoyancy, we started to think “increasing hooking rate by making a hook surely goes into their mouth” instead of “increasing hooking rate by installing a lot of hooks”.

 

We got the nice hooking rate as the result.

We’ve successfully achieved to hook fish with high probability with one hook as we added multiple small weights to control its buoyancy and to create some noise.

 

 eb_vol118_03

 

I believe that “TINY SIGLETT “, which we’ve been struggled with,

will be released by the time when we forget about winter again!

I want you to enjoy the thrilling fishing with this “TINY SIGLETT” then.

 

team_blog_banner

 

每年都会想一件事.

“冬天一直有这么冷吗?”

 

因为不管怎么样每年都是一样的气温,

应该同往年一样的寒冷,

但是夏天一到来身体就被复位的开发员。

 

 

尽管在这种寒冷的时期,

迎来了与季节不相符的新的“虫”的开发尾声。

 

 

新的“虫”就是,

大家有可能在等(我自己一直在等)的SIGLETT的小型版“TINY SIGLETT”。

 

 eb_vol118_01

 

以前开始就一直有计划,

但因为诸多原因,开发延迟了。

 

 

首先碰到的问题是“浮力”。

单纯的将SIGLETT尺寸变小的模型的试作、测试,

不知道怎么回事没有浮起来。(无坠子的情况下…)

 

最大的原因不管怎么考虑都是“空气容量不足”

翅膀也是用浮起材料制作的,那最终结果就是身体的浮力完全不够。

 

因为如果身体的长度加长的话,变小型的意义也就没有了,

摸索到最后,将身体主体的“肉厚”削薄。

外形不变的前提下,将内部的偏移量增加,

并且增加空气量来确保了浮力。(针对标准1.1mm,0.8mm)

并且,翅膀的比率比SIGLETT要稍微大一点,

产生了更大的浮力和高反应的抖动动作。

 

 eb_vol118_02

 

然后,翅膀路亚(虫路亚?)最大的课题就是“上钩率”。

我总是想“不管怎么样也想安装2个鱼钩!”,但是安装2个鱼钩不可能还能浮起来。(鱼钩有点重)

但是,作为非常意外的副产物, “浮力很小”而创造出了主意。

 

从“安装很多的鱼钩让上钩的地方增加”这种想法,

换成“稳稳地放入口中”的想法。

 

结果是上钩率极佳。

用小复数的坠子追加声音和调整浮力,

即使只有一个鱼钩也可以高概率地上钩。

 

 eb_vol118_03

 

被强迫苦战的“TINY SIGLETT”,

我想能在大家都快忘记冬天的时候上市,

大家如果能享受到TINY SIGLETT的心跳的垂钓我就很高兴了。