FRESH VOICE

春の定番

早いもので1年の1/3が終わりゴールデンウィーク!

緊急事態宣言、まん延防止等重点措置などが発令されている地域の皆様は我慢のGWになってしまいますが、
思いっきり釣りに行ける日まで今暫くの我慢をm(__)m

 

今年は晩冬から暖かい日が続いた為、春も早く終わりを迎えると思えましたが、夜に冷え込む日が多く水温が急激に上昇しない事からとても長い春が継続しております!

しかし、状況というのは進む一方で産卵を終えた個体がフラフラ泳いでいるのが確認でき、
プリ<ミッド<アフタースポーンの割合で増えている模様。

 

よく言えばまだプリスポーンを狙うチャンスです!!

 

 

ルアーの定番・ジャークベイトがやはり強い

混在する絞りにくい状況ですが、新たにワンテンシリーズへ仲間入りした『ONETEN+1 Jr.』のダート幅は凄まじく、プラグならではキレキレアクションが超GOOD!

 

特に一定のエリアに執着する季節、線の釣りではストライクゾーンが極端に小さくなる為、ポイントをワイド且つ食わせの間を作り、どれだけじっくり攻めれるかが重要になってきます。

 

石田 圭吾

 

シャローを意識しあているだけあって「こんな足元にいる?」ってケースはかなり多く、
水深30㎝もあれば可能性は十分有り得ます。
ただ単に足元という訳ではなく、シャロー+αで怪しいと思った所は徹底的にアプローチしましょう!

 

 

普段はサラッと流すような岸際でも、
日当たりが良く植物が波風やカレントをプロテクトし、好物件のスポーニングエリアになります。

この様に濁っている場合は人間が水中を覗けないのと同様、
魚側も視界が悪くなり人的プレッシャーやルアーの認識が甘くなる為、より一層条件は良くなります。

濁っているからスピナーベイトやチャターなどのアピールが強いものを通したい気持ちは痛いほどわかりますが、
手返しよりもじっくりです!

 

 

エリアの定番リップラップはスピード重視

スポーニングエリアとは異なり、ザリガニなど甲殻類の住処=餌場と言えるエリア。

 

 

ボトムノックのカバークランキングで釣りたい!!

 

でも陸っぱりの天敵根掛かり問題が…

 

このようなロケーションは回避性能重視でノーシンカーリグを通したいのが正直な所ですが、エリアに対して膨大な時間を費やしてしまう事もあります。その為、スピーディーなクランクベイトに分があり「あえて潜るタイプ」の『SUPER-Z Z2』を使う事でうまく回避出来ます!

 

 

Z1と比べてリップを起点としたウォブリングアクションはボトムも拾い難く、リップでフックとボトムの距離が生まれ、バンパー的役割も果たしてくれます。

ゴリゴリ巻くと流石に突き刺さりますが、高浮力なSUPER-Zはコツコツ感じる程度ならほとんどスタックしません!アプローチコースもボトムに当たる角度を斜めに和らげ、尚且つショートピッチにキャストする事で1mのシャローラインもカバーできちゃいます!

 

石田 圭吾

 

あまり得意なジャンルではありませんが、タイミングやシーンに合わせれば反応は返って来ます!

ボトムのコツコツから突然の横にラインが走るので、バイトの瞬間は脳裏から離れません…

使い方も意外とワームに近く、食わず嫌いな方も多いはず!!

僕もそうですが、クランクベイトを使うアングラーが減っているからこそ、
スレた魚に効果的なケースもあります!

 

汎用性の高いLEVANTE F3-66LV

 

1/4〜3/8ozのトップウォータープラグからバイブレーションまで、
3.5g〜のライトリグにも対応する便利なロッドです!

ワンテンスティックのライトモデルのようなで、クリフハンガーのパワーモデルと言ったところでしょうか?

僕自身かなり重宝してる陸っぱりアングラーには間違いないロッドですね!

コスパも最強だと思います。笑

 

 

雨も多く、絞りにくい状況がまだまだ続く模様ですが、水中はどんどん進行します!

両極端なアプローチや、なかなか反応が得られない場合は普段と違う釣り方、狙い方を試してみて下さい!

 

そろそろトップウォーターゲームも開幕するので、夏に向けての準備も宜しくお願い致します!!