FRESH VOICE

秋に痺れる酔いしれる ♪ ~ MARINEGANG 140 ~

晩秋のサーフ !

そこには痺れる体験

溢れている ♪ (笑)

先日は LureNewsR に ・・・
このような記事を掲載頂きまして、
まあ賑やかな秋のサーフの様子を
ご紹介させていただいたのですが ・・・

ホントこの時期は、多種多様な魚に
出会えるものでございまして ・・・ (笑)

この朝は、先日のヒラメ釣果に続けとばかり
竿を振っていたのですが ・・・

釣り場到着、開始の一投目

地形調査も兼ねて先発に
BIRAN70 を沖へと投入したのですが、
着底から巻き上げつつ、
フラフラと中層を通していたところ ・・・

突如 「 ツン♪ 」 っとした接触感を手元に感じ、
直後ラインテンションを失いました ・・・ (怒)

一投目にして、
有無を言わさないルアーロスト ・・・
しかも失ったのは BIRAN70 のアカキン ・・・

監修された 遠藤氏 の鬼推しカラー ・・・
それも、この日が卸したての
ピカピカの新品個体でありまして ・・・
もうね ・・・ そりゃ憤怒ですよ ! (笑)

まあ犯人は奴しかいませんので、
「 どうしてくれようか ? 」 と
思案するわけでありますが ・・・
私、妙案を思いつきまして、
即試してみたところ ・・・

見事、一撃で捕まえました ! (笑)

実行した妙案が何かと問われれば ・・・
マリンギャング 140F でのデッドスローで
ございまして ・・・ これまた
遠藤氏推奨のテクニックでございます ! (笑)

まあ BIRAN70 を盗むような輩には
徹底的に エンドウ で、懲らしめてやろうという、
私のウィットに富んだ仕返しでありました !

とまあ ・・・ やり返したところで ・・・
やっぱり ビラン ロストは激痛なのですが、
失ったものはしょうがなく ・・・ (涙)

気を取り直し、連発可能性の高い
太刀魚の群れに期待しようと、
即座にヒットポイントあたりに
引き続き MARINEGANG 140F
散らしますが、いっこうに当たりません ・・・
しばし投げ続けましたが、
それ以降一切バイトは発生せず ・・・

おかげで、今回の ビラン 誘拐は
グループによる犯行では
無いことが確定しましたので ・・・
釣り上げた太刀魚君には、単独犯として
きっちりと罪を償ってもらうべく ・・・

塩焼きの刑に処したのでした ♪(笑)

さてさて釣りは続きまして、
迎える朝マズメに、
期待は高まるのですが ・・・
この日、釣り場は空いていて、
ポイント選び放題な結果 ・・・
なんだかむしろ選択が難しい ・・・ (笑)

「 時間経過を考慮して、より長く釣りが楽しめる
位置を占有するのが得策か ! ? 」 などと ・・・
誰もいない浜辺で、心配の必要などない
「 ポジショニングの重要性 」 について
独り勝手に思い悩んでおりましたところ ・・・

いよいよ、隣に釣り人が現れ ・・・
あれよあれよという間に、
その方のロッドが曲がり ・・・
ヒラメが水揚げされたではありませんか ! ?

「 やだ ・・・ これ ・・・ オイラ大外し ! ? 」
ドMの快感に、体はゾクゾクしますが ・・・
そこは周囲に悟られぬ様ひた隠し ・・・
何事も無いかの如くキャストを続けつつ ・・・
未だ反応の無い己れのポイントに対し、
期待を込めてルアー交換 ♪

手にしたのは ・・・

MARINE GANG Cookai 140S !

内部重心移動を LBO2 へと換装された
マリンギャング 空海 は、
更なる安定した飛距離アップと、
泳ぎだしの良さを手に入れ、超攻撃的 ♪

期待の地形変化に対し、
より広範囲に探索をしかけるべく遠投し、
丁寧に中層をタダ巻いたところ ・・・

ドスッ !

待ちわびたバイト感触が走り ・・・
ようやく当たった己が勘を褒めるべく
即座に力強くフッキングを打ち込めば ・・・

心地よいフックアップ感に対し、
悲しいほどの重量感の無さで
スルスルと寄って来てしまい ・・・

私には釣れたのはソゲ ・・・ (涙)

「 何故なんだ ・・・ 」 と憤りを呟きつつも ・・・
実は、こんな秋の優しくも厳しい理不尽さに、
またも痺れるような快感を覚える ・・・ (爆)

また、とある朝には ・・・
釣り場到着に遅れ、
ポイントには既に先行者 ・・・

仕方なしに離れた位置で、
浜を広域調査がてらに
MARINEGANG 140S にて
ひたすら遠投し、探っていると ・・・

「 コンコン ! ? 」 と、突如生命感が連打 ♪

マリンギャング と運だけに頼った
この展開でも、魚信が得られてしまうのが
秋の優しさ ・・・ いや恐ろしさかな ・・・
などと感慨に耽っていると ・・・

「 ズコン ! 」 とフックアップ ♪

締め込んだドラグを鳴らすこと無く、
ジタバタと暴れつつ、寄ってきたのは ・・・

イナダくん ♪

跳ねないし、走らないしの抵抗だったので
どうせならヒラメであって欲しかった
というのが正直な感想 ・・・ (笑)

まあ目の前にしたラッキーな展開には
乗らないと損なので ・・・ そこからは素直に
MARINEGANG 140S を乱射しまして ・・・

時折アタルも、なかなかノラない
不思議なバイトを追いかけるように
浜を右往左往しておりましたところ ・・・

ようやく 「 グン ! 」 と吸着感 ! ?

これまた、たいした抵抗も無く、
ダラダラと寄ってくる獲物を、
問答無用でランディングしてみれば ・・・

エソ ! !

ジグで釣れた事は多々ございますが、
「 ミノーでの釣果は初めてだなぁ 」 と
少し訝しがりつつも ・・・ 明らかに異常に
魚っ気のある、目の前の海の状況に、
淡い期待を抱きつつあった

その時でした ・・・

既に陽はすっかり昇り、
先行者は釣り場を去っており ・・・
お膳立てされたかのように
私独りの静かなサーフとなっていた海 ・・・

何処ぞで、ナブラでも生じまいかと
沖を俯瞰していたところ ・・・
奇妙なサザ波が、
まっすぐコチラヘとやってくる ♪

そんな大規模なものではないが、
確実に異彩を放つサザ波の接近 ♪
期待しかないイベントに、私自身、
「 こっちに来い ! 俺の射程まで来い ! 」
勿論、祈っていたのですが ・・・

サパッ ! !

と魚体が海面を斬った瞬間 ・・・

絶望しましたね ♪


何と4頭程のイルカの群れが、
楽しそうにジャンプしながら猛スピードで、
真っ直ぐコチラへ泳いできます ! ?

この広い駿河湾で ・・・
この日、このタイミングで ・・・

「 なぜ此処に ? 」

と疑問は尽きませんが ・・・ (笑)


まっすぐ浜に向かってきて、
目の前 ・・・ マリンギャング の射程距離、
先刻までバイトが連打していたエリアまで
泳ぎついたところで、ピタリと急停止 ! ?

しばし右往左往して泳ぎまくり ・・・
散々ポイントを物色した挙句、
意気揚々と楽しげに、来た方向へと
再び戻って行ったのでした ・・・ (爆)

ええ勿論 ・・・ 皆様ご想像の通り、
この後は、時折跳ねていたはずの
ボラもスッカリ姿を消し ・・・
浜にあったはずの魚っ気は消え去り、
無論、バイトも一切無くなりました ・・・ (笑)

と ・・・ このように !

ホント秋は、いろんな魚に出会えるのです !
( まあイルカは魚じゃありませんが ・・・ 笑 )

イルカが徐々にポイントに
近づいて来る、あの緊張感
続いて、お約束のようにポイント上で
止まった時の絶望感 ・・・
最終的に ・・・ 徹底的にポイントを
潰された後に生じた、あの爽快感 ♪ (笑)

私、ホント神の存在を感じました ♪
大自然の所業に、如何ともし難く ・・・
畏敬の念を感じざるを得ませんでした !

秋の優しさと、厳しさに抱かれ ・・・
もうね ・・・ 快感で体が痺れて ・・・
膝から浜に崩れ落ちましたよ ・・・ (笑)

そう ・・・ 是非、皆様も浜で竿を振り、
残り少なくなった、この晩秋
痺れる体験をして欲しいなぁ ! (笑)

今回の使用タックル

ロッド : Shadow-XX SXX-100M
リール : SHIMANO 4000
ライン : PE 1.2号
ルアー : MARINEGANG 140F ( GG PINK BACK RAINBOW )
    MARINEGANG 140S ( GG HEAT IWASHI )
    MARINEGANG Cookai 140S ( GG GREEN GOLD )