FRESH VOICE

チューンドマキッパとタコとアラマキシンヤと…

お馴染みマキッパのチューニングモデル、MAKIPPA SAWARA TUNEが発表になりましたので、チョットだけご紹介。

 

 

早くから取り組んでいたチューンドモデルですが、礁楽BIRAN 70の撮影やらタコゲームなどかなり忙しい日々でなかなかサワラのタイミングとも合わせられずいたのですが、撮影でアラマキシンヤと数日一緒だったので合間を見て沖に出ました。

 

遠藤真一

 

この日は水面に小型のイワシが多くみられ、青物が付いている感じ。

歯モノが居れば面白かったのですが、そこは対象魚の広いマキッパなのでバシバシ当たります。

 

遠藤真一

 

イナダサイズですが、パンパンに膨れて良く引き楽しめました。

 

 

アラマキ氏はGIANT DOG-X SWで水面で追わせて追わせてドンドン活性を上げていきます。

 

 

歯モノ対策に金属パーツを使い、コロラドブレードを使用、フックも太くなりました。

 

 

 

こんなのその辺にあるじゃん!と、思う方もいるかと思いますが、そうそう無いんです!

キモとなる大事な部分をクリアしているルアーは数少なく、クリアしていないと致命的。

コレは発売が近くなったら説明があると思うのでお楽しみに。

私もなるほどな!と、納得せざるを得ませんでした。

 

 

ライトゲームで太刀魚を狙っていたらアジがバシバシ当たってくるし、面白い発見も有りました。

 

 

 

タコーレシェイクの派生モデルも使っての釣果。

 

遠藤真一

 

この写真を送って来るアラマキシンヤ…。

使えと言う事なのでしょうか!?悪意を感じます!

 

遠藤真一

 

東京湾のタコを釣ってこの笑顔。

 

アラマキシンヤ

 

墨でも喰らえばいいのに…。

 

 

遠藤真一氏のブログはこちら

https://www.fimosw.com/u/zoomer