Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.99

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.99

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-009)

2015NEW PRODUCTS

Code name: SPIN-X(スピンX)

 

 

全国的に雨の日が続いていますが、気温はすっかり夏ですね。

梅雨明け宣言が出ればいよいよ夏本番!といったこの時期、ソルトルアーシーンもますます賑やかになってきます。

 

これから特に熱くなるのが、青物やサバ、ソウダガツオといった回遊魚達。

普段は沖を回遊しているこれらの魚も、岸から狙える距離まで寄ってきて、ショアジギングの格好のターゲットになりますね。

毎年楽しみにしているファンの方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、この釣りで厄介なのはターゲットがシラスなどのマイクロベイトを偏食している時。

目の前で盛んにボイルしているにもかかわらず、ジグなりミノーなりを通しても反応せず、悔しい思いをしたことがあるアングラーも多いかと思います。

 

そんなマイクロベイトパターンで活躍するのが、今回ご紹介する「SPIN-X」です。

このルアーは単体で使用するのではなく、メタルジグのリアアイ、もしくはリアフックにリーダーを介して接続し、トレーラーベイトとして用います。

最大のアドバンテージはボディのサイズですね。

一般的なサイズのメタルジグに反応しないターゲットでも、40mm程度のSPIN-Xには思わず口を使ってしまいます。

また、ソリッド成型のプラスチックボディにより、シラス等の透明感のある魚体が再現され、メタル素材ではできない乱反射と高速明滅アクションを生み出します。

 

 eb_vol99_01

 

eb_vol99_02

 

 

尚、製品にはスナップ、リーダー、スイベルからなるリーダーセットと、リーダーストッカーも含まれていますので、タックルケースに一式を忍ばせておけば、欲しい時に瞬時にセッティング可能です。

 

使い方としては、水面にナブラが沸いているような状況では、着水後すぐに表層をただ巻きで引けばOKです。

捕食が散見されたり、鳥の動き等から判断して少し下のレンジで回遊・捕食しているようでしたら、魚がいると思われるレンジまで沈めてのリトリーブも試して下さい。

基本的にしゃくり等のロッドアクションは不要です。

 

こちらの解説動画も是非ご参照下さい。

eb_vol99_03

 

 

eb_vol99_04

 

 

このSPIN-X、開発の発端は「弓角」と呼ばれる漁具、和製擬餌の存在でした。

特にサーフでショアジギングされる方であればご存知の方も多いと思います。

主にジェット天秤やバニー、マウスといった錘の後ろに繋げて投げるこの仕掛けは、ルアーアングラーとしては悔しいけど良く釣れるんですよね。

特に、シラス付きナブラ、もといマイクロベイトパターンでは本当に強い・・・。

元々はその名の通り、牛や鹿の角を使って作られていた漁具なのですが。

昔の人は良く考えてます。

 

ただ、弓角はフック一体型なのでフック交換ができなかったり、ラインホールに合わない太糸・細糸が使えなかったりと使いづらい点もあります。

これを現代ルアーフィッシングにアレンジして、より使い勝手を高めようというものがSPIN-Xのコンセプトでした。

弓角仕掛けとは異なり、錘には従来のメタルジグを使用して、トレーラーベイトという位置づけで組み込むことによって、状況に応じてメタルジグ単体で使ったり、SPIN-Xを接続して反応を伺ったりと、現場で瞬時に切り替えが可能なスタイルにしました。

ナブラはなんといってもスピード勝負なので、この即時性は大きなアドバンテージですね。

 

天候や時間帯、魚種によって明確なヒットカラーもある釣りですが、カラーチェンジもスプリットリングの付け替えでできるので簡単です。

また、小型の魚ほどフッキングが難しくなりますが、乗り難い場合はフックをトリプルフックに交換するのも有効ですよ。

こういった細かい対応性能は、ルアーであるSPIN-Xならではですね。

 

 eb_vol99_05

 

少し裏話的なところも明かしましたが、とにかく釣れますSPIN-X。

釣りに行ったらお土産を持って帰りたい、キャッチ&イート派のアングラーには特におススメですよ!

 

SPIN-X(スピンX)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/spin-x/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-009)

2015NEW PRODUCTS

Code name: SPIN-X

 

 

Although, it’s been raining throughout Japan, the temperature itself is high as summer. When you hear the declaration of “rainy season is over”, it’s finally the actual summer! That means it’s going to be crowded at the salt lure scene.

 

Especially, the scene that is going to heat up is for migratory fish such as blueback, mackerel and frigate tuna. Those fish are usually wondering around off-shore but they come close enough to be aimed from the shore at this season, so that they become the target for shore jigging.

I believe there are so many fans who are looking forward to this every year.

 

There is only one problem for this fishing, which is the case of the target preys on micro baits for example whitebait.

I assume so many anglers have frustrating experiences that you couldn’t catch any fish with any lures such as jigs and minnows even though you saw many baits going crazy, which is the sign of many fish exist right in front of your eyes.

 

The item that is useful for the frustrating situation is “SPIN-X” which I will introduce this time. You won’t use this lure alone, you use this as a trailer bait connecting onto a rear eye or a rear hook of a metal jig.

The biggest advantage is its body size.

Even the target that isn’t interested in ordinary sized metal jigs will open its mouth to this small 40 mm SPIN-X. The solid molded plastic body is transparent resembling to a whitefish that creates diffused reflection and super-fast flashing action which a metal body cannot create.

 

 eb_vol99_01

eb_vol99_02

 

This item comes with a leader set which includes a snap, a leader and a swivel, and a leader stocker.

Keep all the parts in your tackle box so that you can attach them right away as you desire.

 

This is how to use this lure.

You just reel in around the water surface right after it lands on the water when you see ripples by baitfish. In the case of you can spot predation or you can tell those targets are swimming around rather deeper range judging from movement of birds, then try to let it sink rather deeper where you think those targets are and retrieve.

Basically you don’t need any rod actions such as twitch.

 

Watch this movie for the details about the lure.

eb_vol99_03

 

eb_vol99_04

 

 

The inspiration of creating this SPIN-X was “Yumizuno”, the Japanese old fishing lure.

Especially, I believe many anglers who do shore jigging know about this lure. This lure is mainly attached behind of a sinker such as a Jet Tenbin, a skip bunny and a mouse sinker, I know it’s kind of against anglers’ will though we can catch a lot of fish this way.

Especially, this is very good at micro baits type of situation where you see ripples by whitefish.

Originally this fishing lure was made of antlers or cow horns as you can see that in its name.

People from old days used their best knowledge.

 

But “Yumizuno” has several disadvantages such as you can’t change the hook since it has a built-in hook or you can’t use any fishing lines, which is too big or too small, that won’t fit to the line holes.

The concept of SPIN-X is to arrange this lure to modern lure to be much easier to use.

We adopted the flexible style to fit each fishing site by keeping the metal jig as a sinker and putting on/ off SPIN-X as a trailer bait depending on the situation, unlike “Yumizuno”

This resourcefulness is the biggest advantage since you have to act fast when you see the ripples that baitfish makes.

 

The best color for fishing result may vary depends on weather, time and fish species, and this is easy to change its color with a split ring.

It’s also effective to change its hook to triple hooks when it’s hard to hook any fish, especially smaller one.

 

 eb_vol99_05

 

These precise changes are specific of the lure, SPIN-X.

I revealed a little inside story …but anyway, you’ll catch a lot with this SPIN-X!

If you are the “catch and eat” type of anglers who are thinking “I want to bring some souvenir back home whenever I go fishing”, then I recommend this lure.

SPIN-X  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/spin-x/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-009)

2015NEW PRODUCTS

Code name: SPIN-X

 

 

全国在持续降雨,气温也是完全是夏天了。

梅雨过后如果发出宣言马上就要到正夏的季节了,海水路亚场景将越来越热闹。

 

从现在开始会变得很有人气的应该是青色鱼、鲐鱼、鲭科海水鱼这些回游鱼们。

平时在海中心来回游动的这些鱼也是,渐渐靠近到从岸边抛出的范围内,成为岸边金属路亚钓刚好的目标。

每年非常期待的粉丝也应该很多吧。

 

但是,这个垂钓麻烦的是目标是偏食在小沙丁鱼等小型游钓鱼的时候。

垂钓者们应该有过很多次,虽然眼前有旺盛的旋涡,但是不管是使用治具还是米诺都没有反应,非常不甘心的经验吧。

 

在这种小型游钓鱼的情况时大显身手的就是这次介绍的“SPIN-X”。

这个路亚不是单个的使用,金属治具的后部别针孔,或者后部鱼钩用连接线进行连接,作为挂钩路亚进行使用。

最大的优势是身体尺寸。

对一般的尺寸金属治具不产生反应的目标也是,对40mm左右的SPIN-X想都不想就直接咬钩。

还有,通过固体成型的塑胶身体,小沙丁鱼等有透明感的鱼的身体再现,可以产生金属材料不能产生的乱折射和快速明灭抖动动作。

 

 eb_vol99_01

eb_vol99_02

 

 

并且,产品里面包含从按扣、连接线、旋转轴承变成的连接套装和连接储藏箱,配件箱悄悄地放里面的话,想要的时候可以瞬间组装起来。

 

使用方法来讲,水面像水花溅起的状态时,入水后马上在海面只卷线就OK了。

从捕食的散见,鸟的动作等来判断如果在稍微向下的区域进行回游・捕食,那就在觉得有鱼的区域下沉后收线也试一试。

基本上不需要抽搐等的鱼竿抖动动作。

 

请一定要参考一下这里的解说视频。

eb_vol99_03

 

eb_vol99_04

 

 

这个SPIN-X,开发的开端是被叫做“弓角”的渔具,以日本制鱼饵而存在。

知道特别是在海滨沙岸边金属路亚钓的朋友应该非常多。

主要是喷射天平钓或Bunny、Mouse这种锤子的后面连接后投出的这种结构,路亚垂钓者虽然不甘心,但会钓到很多是吧。

特别是带有小沙丁鱼的水花,对于基础的小型游钓鱼的情况真的非常的厉害・・・。

本来如同名字一样,虽然用牛或鹿的角制作的渔具…。

过去的人真的很聪明。

 

但是弓角是鱼钩一体式,也会有比如不能更换鱼钩,因鱼线孔不合的线粗・线细而不能使用的难用点。

将这个改编成现代路亚垂钓,提高使用方便性就是SPIN-X的理念。

与弓角结构不同,使用锤子里本来有的金属治具,通过用挂钩路亚这个定位进行组编,根据不同情况金属治具进行单个使用,或者连接SPIN-X来打探反应等,制作成了在现场能瞬间改变的风格。

因为水花终究是靠速度来决胜负,这个即时性是很大的优势吧。

 

依天气和时间带、鱼的种类,有明确的适合的颜色的垂钓,颜色更换也因安装了扣环会变得非常简单。

还有,越小型的鱼鱼钩会变得越难,如果很难的时候换成三爪鱼钩也是非常有效果的。

这种细微的对应能力,只有SPIN-X这种路亚才可以的。

 

 eb_vol99_05

 

秘密的地方也稍微明确了,反正能很好垂钓的就是SPIN-X。

如果去垂钓的话想带礼物回来,抓住&品尝派的垂钓者特别推荐哦!

 

SPIN-X  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/spin-x/