Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.100

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.100

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (F-007)

2015 NEW PRODUCTS

Code name: 霧雨 Bait Model

 

皆さんこんにちは。

 

7月に入り、急速に夏陽気になりつつある、今日この頃。

バス釣りの夏鉄板パターンである、虫パターンも気になりだす季節がやってきました。

 

そんな虫パターンで大活躍するのが、ベイトフィネスタックルです。

 

というわけで、近くメガバスから発売予定のベイトフィネスロッド

「霧雨ベイトモデル」をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

F2-63XK-S

 vol100_01

※写真はサンプルです

 

 

F3-65XK

 vol100_02

※写真はサンプルです。

 

 

霧雨初の「ベイトモデル」としてラインナップされるのは、

■ F2-63XK-S

■ F3-65XK

の2機種になります。

 

F2-63XK-Sの最大の特徴は「オールソリッド」のブランクスを採用していることです。

 

オールソリッドロッドの特徴である、スムーズなベンドカーブを描くブランクスは

ライトラインを使用する際に、魚の急な突っ込みを受け止めてくれ、

ラインブレイクとバラシを軽減してくれます。

 

また、6’3”とショートロッド化することで、

取り回しと操作性が格段に向上し、軽量化を実現しました。

 

さらに、高負荷時でもラインがブランクスタッチしないように考慮しながら、

何度もガイド位置を見直すことで、必要最低限のガイド個数に設定。

軽量ルアーをキャストした際の糸ヌケが非常に良く

飛距離と高いキャスタビリティを両立させています。

 

3lb-5lbクラスのライトラインを使用した、ワッキーリグや、ダウンショットリグなどの

使用に特化したロッドに仕上がっています。

 

 

F3-65XKの特徴は、繊細なソリッドティップと、

強靭なチューブラーバットを組み合わせたブランクスです。

 

F2-63XK-Sと比較すると、レイダウンやゴミ溜まり等の

ヘビーカバー周りでの使用を想定し、10lb~12lbクラスの太いラインで

スモラバや虫系ルアーを使用するのに最適なスペックとなっています。

 

繊細なソリッドティップは、

軽量なルアーをティップの柔らかさでキャストすること、

バスのショートバイトを確実に喰わせ、フッキングに持ち込む際に有効です。

また、強靭なバットはヘビーカバーから

魚を無理やり引きずりだす際に必要なパワーを備えています。

この二つの要素を高次元で融合させる事で、

スピニングでは不可能なパワーフィネスゲームが可能になっています。

 

同じベイトフィネスロッドながら、それぞれ全く違った個性を持った2機種。

 

この2機種をフィールドの状況、ルアーによって使い分けて頂く事で、

あなたのベイトフィネスゲームを次のステージに導いてくれると思います。

 

間もなく、店頭で見かける事になると思いますので、是非手に取って

新しいベイトフィネスゲームの可能性を感じて頂ければ嬉しく思います。

 

霧雨 F2-63XK-S  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/f2-63xk-s/

霧雨 F3-65XK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/f3-65xk/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (F-007)

2015 NEW PRODUCTS

Code name: Kirisame Bait Model

 

Hello, everybody!

 

We can sense it’s rapidly becoming summer these days ever since it’s entered into July.

It’s the season that we would start thinking about worm pattern which is the metal pattern of bass fishing in summer.

 

The bait finesse tackle is the one that would be useful for the worm pattern.

 

For this reason, I’d like to introduce bait finesse rods, “Kirisame bait model” which will be released pretty soon from Megabass.

 

 

F2-63XK-S

 vol100_01

* The rod in the picture is a sample.

 

 

F3-65XK

 vol100_02

* The rod in the picture is a sample.

 

 

The line-up of first “bait model” of Kirisame are the two below.

■ F2-63XK-S

■ F3-65XK

 

The biggest feature of F2-63XK-S is “all solid” blanks.

 

The blank that makes smooth curves on its bent which is the feature of all solid rods, catches sudden fish attack in use of light line ending up with reducing of line-break and fish getting away.

 

By making it a short rod of 6'3”, we successfully reduced its weight to make it easy to handle and enhance its usability.

 

Furthermore, we set up minimum number of guides after we’d reconsidered the guide positions over and over so that a fishing line wouldn’t touch a blank under the greatest load.

Line goes through the guides incredibly smooth when casting a light-weight lure, and you’ll get both great flying distance and cast ability.

 

This rod was finished to specialize for the use of wacky rigs and down shot rigs by using light line which is 3lb-5lb.

 

The feature of F3-65XK is a blank combination of sensitive solid tip and tough tubular butt.

 

It has the best specification for using small rubber jigs or worms with a thick line which is 10lb-12lb class on the assumption of usage around heavy covers such as laydowns and a garbage piles, compared to F2-63XK-S.

 

The sensitive solid tip is effective to bring short bite into hooking by assuring bass’s bite and to cast a light-weight lure with gentleness on its tip.

On the other hand, the tough butt has strong power to drag fish forcibly out from a heavy cover.

By combining these two factors in high dimensional state, power finesse game becomes available which it was impossible with spinning reels.

 

They are same bait finesse rods, but these two models have totally different characters.

 

By picking right model for each lure and condition of the field, it will take your bait finesse game to the next level.

 

You’ll be soon seeing them at the storefront.

That would be great if you’ll check it out and be able to feel the possibility of whole new bait finesse game.

 

KIRISAME  F2-63XK-S  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/f2-63xk-s/

KIRISAME  F3-65XK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/f3-65xk/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (F-007)

2015 NEW PRODUCTS

Code name: Kirisame Bait Model

 

大家好!

 

进入7月,急速进入盛夏的今天这个时间。

鲈鱼垂钓的夏天必用钓法,软虫路亚钓法也开始产生兴趣的活跃季节。

 

在这种软虫路亚钓法中大显身手的就是游钓鱼细腻配件箱。

 

因为这个原因,我想给大家介绍近期Megabass预计发售的游钓鱼细腻钓竿“雾雨游钓鱼型号”。

 

 

F2-63XK-S

 vol100_01

※图片是样品。

 

 

F3-65XK

 vol100_02

※图片是样品。

 

 

作为雾雨系列的初次“游钓鱼型号”而被列入其中的是

■ F2-63XK-S

■ F3-65XK

这2种机型。

 

F2-63XK-S最大的特征是采用“全实心”的钓竿。

 

具有全实心钓组的特征,描绘出顺畅的弯曲曲线的钓竿在使用轻鱼线时,

可以阻止鱼的突然闯入,减少断线和脱钩。

 

还有,通过6’3”和短钓竿化,

实现了收竿和操作性明显提升,以及轻量化。

 

并且,高负荷的时候边考虑鱼线不接触钓竿,边多次调整导环位置,安装必要的最低限度的导环个数。

轻量路亚投竿后的放线非常顺畅,实现了非常好的抛投距离和优越的投竿性能。

 

使用了3lb-5lb等级的轻量鱼线,在维基钓组索具或、倒吊钓组索具等的使用上特别化了的钓竿完成了。

 

F3-65XK的特征是纤细的实心末端和坚韧的管状手柄组合而成的钓竿。

 

同F2-63XK-S相比,预想是在横木或垃圾残留等的巨大遮掩物周围的使用,用10lb~12lb等级的粗线,

对于在使用小型橄榄头橡胶丝或虫系路亚上形成了是最适合的规格。

 

纤细的实心末端是,

把轻量的路亚利用末端的柔软性进行抛竿,让鲈鱼的浅咬确切地咬住,对上钩收竿时有效果。

还有,坚韧的手柄具备有从巨大遮掩物中将鱼强硬地拉出来时候的必要力量。

通过高次元让这两个要素融合,让纺车轮系列不可能的力量型细腻垂钓成为了可能。

 

同样的游钓鱼细腻钓竿,各自拥有完全不同特质的2种类。

 

这2种类型可以根据钓场的状况、路亚不同而区别使用,

应该可以将你的力量型细腻垂钓带入下一个层次。

 

再过不久,应该可以在店里看到,请一定要入手,

非常希望大家能感受到新型力量型细腻垂钓的可能性。

 

KIRISAME  F2-63XK-S  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/f2-63xk-s/

KIRISAME  F3-65XK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/f3-65xk/