Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.98

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.98

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (T-016)

2015NEW PRODUCTS

Code name: PIVOT

 

 eb_vol98_01

 

梅雨が明け、日差しがより一層強くなり、植物が生い茂ると、いよいよフロッグゲームの時期に突入です。

しかし、今回のエンジニアブログの製品は、フロッグではございません。

 

今回紹介するのは、ペンシル型の中空ルアー「PIVOT」(ピボット)です。

 

中空ルアーとまわりくどい言い方をしたのには、わけがあります。

簡単に言うと素材や構造上、ペンシル型のフロッグとお伝えした方が分かりやすいかと思います。

 

しかし、このピボット。フロッグを使用する状況での使用を目的としていません。

 

「従来のペンシルベイトよりもアグレッシブに、ストラクチャーなどを攻められるペンシルベイト。」これが基本コンセプトです。

つまり、あくまでもペンシルベイトとして使用して頂きたいのです。

 

メガバスには、生い茂ったマットの上や、アシ周りを攻略するためのフロッグとして、優秀なポニーガボットなどあります。

濃いエリアには、ガボットを使用していただければ問題ありません。

 

では、ピボットはどこで使用するのか。

①    オープンウォーター

②    水面まで出ているベジテーションがまばらなエリア

③    木々が生い茂っているカヴァーまわり

この3つが主な出番があるシチュエーションです。

 

まず、ピボットの基本アクションですが、ペンシルベイトと同じく、ドッグウォークや、テーブルターン、などです。

しっかりと首を振るアクションを得意とします。

そして、何よりもベイトフィッシュをイミテートしたボディデザインが、特徴です。

 

 eb_vol98_02

 

①    は、いたって当たり前のことかもしれません。しかし、一般的にその構造からフロッグ

は、着水音が普通のルアーに比べ、違和感の無いナチュラルな音で着水することで、魚に違和感を与えにくいと言われています。つまり、着水音で逃げてしまうようなナーバスな魚に対しても、ごく自然なアプローチを可能にするペンシルベイトがピボットなのです。

 

②    の、ウィードやハスがまばらなエリアでは、移動距離の抑えた首振りアクションでネチネチと誘う。

 

③    は、カヴァーの奥へと臆することなく攻められるペンシルベイトとして使用します。

 

つまり、今までロストやストレスがある場所でも、積極的に攻められるペンシルベイトがピボットなのです。

 

そして、ピボットの最大のメリットであり、あるシュチエーションではデメリットになりかねるのが、ピボット専用設計のフックです。

 

 eb_vol98_03

 

既存のフロッグよりも、かなり細軸の専用フックを搭載しております。

これは、ピボットの使用シーンに合わせた設計になっており、何よりも細軸であるがゆえのフッキングの良さが際立ちます。これは、大きなメリットだと思います。

 

では、デメリットは?

それは、濃いマットの上などでのフロッグゲームをするようなシュチエーションです。

そういった釣りをすると魚を掛けた後に、ハスなどが魚に絡み、重さが増してしまいます。そうなると、ロッド、ライン、フックにパワーがないと魚をキャッチ出来ません。

 

ただ、ピボットのコンセプトはこのようなシュチエーションではないので、あえてフッキングの確率を上げる為に細軸のフックにしてあります。

 

 

そんな、フロッグではなく、

「従来のペンシルベイトよりもアグレッシブに、ストラクチャーなどを攻められるペンシルベイト。」

現在急ピッチで生産を進めております。

もうしばらく、お待ち下さい。

 

PIVOT(ピボット)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/pivot/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (T-016)

2015NEW PRODUCTS

Code name: PIVOT

 

 eb_vol98_01

 

Once rainy season is gone, the sunlight will get stronger and all the vegetation will grow thicker, it finally enters frog game season. But, I’m not introducing “frog” in this Engineering Team Blog.

 

I’m introducing a pencil type hollow lure “PIVOT” at this time.

 

There is a reason why I said a “hollow lure”.

I should’ve said simply a pencil type frog for an easy understanding in term of material and structure-wise.

 

However, this PIVOT….It’s not meant to be used under the condition that you use frogs.

 

The basic concept of this is “the pencil bait that you can attack more aggressively around structure area than the conventional pencil baits.

Why I emphasized the “pencil” because we want you to use it as a pencil bait.

 

We, Megabass have marvelous “PONY GABOT” as a frog to attack around weedy and reedy areas.

This is the only one you need for these thick areas.

 

Then, where do we use this “PIVOT”?

  1. Open water
  2. An area that has little vegetation
  3. Around cover that is thickly covered with trees

These three areas are the main situations that we use this “PIVOT”.

 

First, the basic action of “PIVOT” is the same as a dog walk and table turn as pencil baits.

Shaking its head is its special feature.

The other special feature is its body design that imitates baitfish.

 

 eb_vol98_02

 

When it comes to area 1, everybody might say everybody already knows that! Generally speaking, a frog lands on water with a really natural sound so that it won’t scare fish away compared to other ordinary lures because of its structure.

 

That means this pencil bait “PIVOT” can approach really natural even to nervous fish that usually swim away right after a lure lands on water.

Around area 2 where is thin weed or reed area, small head shaking action would be the best to tease fish slowly.

 

Around area 3, use it as a pencil bait that can boldly attack through the cover.

This pencil bait “PIVOT” is the one that can aggressively attack these stressful places that’s because you might lose your lure or something.

And the best asset which could be worst asset in a certain occasion is the exclusive hook of “PIVOT”.

 

 eb_vol98_03

 

This exclusive hook shank is super thin compared to ordinary frogs.

We designed it this way to fit perfectly to the scene where “PIVOT” is used, since a thin shank can hook fish really good. This is a big plus, I believe.

 

Then, what is the drawback?

That is when you have to use it around thick weedy areas as frog games!

In that situation, weight could be critical if fish gets tangled with weed or reed. All three, the rods, line and hooks have to be respectively powerful to hold the heavy weight.

 

But, we didn’t intend to have this type of situation for the PIVOT, that’s why we picked this hook that has a thin shank to raise the hooking rate.

 

We are producing in a super-fast pace, “the pencil bait that can attack around a structure more aggressively than the ordinary pencil bait (, not a frog!)”

Coming soon!

 

PIVOT  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/pivot/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (T-016)

2015NEW PRODUCTS

Code name: PIVOT

 

 eb_vol98_01

 

梅雨过后,太阳变得更加强烈,草木茂盛,马上就进入青蛙路亚的垂钓季节.

不过,这次的Engineer Blog的产品,不是青蛙路亚.

 

这次介绍的是铅笔型的空心路亚“PIVOT”.

 

用空心路亚这种拐弯抹角的说法是有原因的.

简单地说在素材和构造上,用容易表达的方法应该就是铅笔型的青蛙路亚.

 

但是,这个“ PIVOT”。目的不是使用青蛙路亚的状态下而使用。

 

 “比原本的铅笔型路亚更积极地攻击水中障碍物等的铅笔型路亚。”这个是基本的理念。

也就是说,只是想让大家当铅笔型路亚来使用。

 

在Megabass里,作为为了攻略草木茂盛的垫子上或芦苇周围的青蛙路亚,有优秀的PONY GABOT等产品。

比较密集的区域,使用GABOT应该没有什么问题。

 

那么,PIVOT到底在哪里使用呢?

①  水面

②  露出水面的植被稀疏的区域

③  水草从生的掩蔽物周围

这三个是主要出场的地方。

 

首先,PIVOT的基本抖动动作是同铅笔型路亚一样,犬步抖动和table turn抖动动作等。

擅长稳定地摇头的抖动动作。

还有,比什么都像的模仿成游钓鱼的体型设计是它的特征。

 eb_vol98_02

 

①可能是极其普通的事情。但是,正因为有那个构造,所以青蛙路亚入水声音同普通的路亚相比,用无不协调感的自然声音入水,大家经常说很难让鱼感觉到不协调感。也就是说,针对因入水声音而逃跑的敏感的鱼,可以非常自然的接近的铅笔型路亚就是PIVOT。

 

②杂草或莲等稀疏的区域,用控制移动距离的摇头抖动动作不停地进行诱惑。

 

③是作为不害怕进入掩蔽物的里面,可以进行攻击的铅笔型路亚而使用。

 

也就是说,即使在至今为止有失误和压力的区域,也可以积极地进行攻击的铅笔型路亚就是PIVOT。

而且, PIVOT最大的优点,在某个区域很难有缺点的是PIVOT专门设计的鱼钩。

 

 eb_vol98_03

 

安装了比现有的青蛙路亚更细轴的专用鱼钩。

这个是结合了PIVOT使用场面而设计成的,因为细轴上钩率的特点是最突出的。

我觉得这个是很大的优势。

 

那么,缺点是?

这个就是,在很茂密的垫子等上面进行青蛙垂钓的区域。

如果这样的地方进行垂钓,鱼咬钩后,莲等被鱼缠绕,重量增加。如果变成那样的话,鱼竿、鱼线、鱼钩如果没有力量的话,就没办法钓到鱼。

 

但是,PIVOT的理念不是像这样的状况,而只是为了提升上钩率而用了细轴的鱼钩。

 

 

不是青蛙路亚,

“比原本的铅笔型路亚更积极地攻击水中障碍物等的铅笔型路亚。”正在紧急生产中。

请再耐心等待一下。

PIVOT  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/pivot/