Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.84

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.84

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-006)

­­­­­

4月半ば以降、メガバスのお膝元、遠州サーフではフラットフィッシュの釣果の声が続々と聞かれるようになりました。

いよいよサーフも本格シーズンインですね!

 

このサーフでの対フラットフィッシュルアーとして、昨年発売され大人気・完売御礼のBOTTOM SLASH(ボトムスラッシュ)に、より多くのフィールド、タックルにアジャストできる弟分の20gサイズが発売となりました。

 

昨年発売時のエンジニアブログでは、開発の経緯や、新ジャンルルアーとしての各パーツの説明、基本性能等をご紹介しています。

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.28

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-28/

 

今回はより実践的な観点から、オリジナルサイズ(30g)と新発売の20gの使い分けを含め、使用におけるポイントをご紹介していきます。

 

 eb_vol84_01

 

●ポイントその1 ―アドバンテージ(優位点)―

 

ワーム(ソフトルアー)を装着して使うBOTTOM SLASH。

スレた魚にも強いワームの効果は、多くのサーフアングラーが既知としている事かと思いますが、従来のジグヘッド+ワームの組み合わせでは「何をやっているかわかりにくい」「レンジキープしづらい」「釣り味が薄い」といった欠点があげられます。

このような理由で、ワームを使いたがらないアングラーも多いはず。

 

BOTTOM SLASHが、これら従来のジグヘッド+ワームと比較して、格段に異なり、秀でている点は「情報伝達能力」といえます。

BOTTOM SLASHの本体前面に設けたブレードは、微細な水流の変化を敏感に捉え、着底後に浮かせれば瞬時に振動がアングラーの手元に伝わり、底に当たりズル引き状態になれば振動が止まります。

また、カレントが強く当たれば振動は速く強くなり、逆にカレントがなく追い波の状況では振動が緩く弱くなります。

これにより、水深、地形、カレント、そしてどこをどう泳いでいるかが、文字通り手に取るようにわかるのです。

 

単なるジグヘッド+ワームの場合は、地形やカレントを把握し、巻き続けてボトム付近をレンジキープすることはなかなか難しいですが、BOTTOM SLASHは情報伝達能力の高さにより、それをいとも簡単にこなします。

またそれにより、探る、狙う、といった釣りの楽しみが大幅に増えるのです。

単調になりがちなサーフの釣りにおいて、これは何よりのメリットといえるでしょう。

 

さらに、ブレードの恩恵はアングラーサイドだけではありません。

ソフトルアーにはない波動、フラッシングを発生させ、離れた魚にも強力にアピールし、ルアーの元へ呼び寄せます。

 

 eb_vol84_02

 

●ポイントその2 ―狙い方―

 

上記アドバンテージを踏まえた上で、BOTTOM SLASHでの効率的な狙い方を解説しましょう。

 

各キャストにおいては、まずボトムまで着底させます。

リトリーブでは、前述のようにブレードの振動で泳いでいるか、ズル引きになっているかわかるので、水深・地形を把握しつつ、ボトムから少し浮かした状態(50cm程度)をキープさせて泳がせます。

 

通常のワームと比較し、ボトムキープがやりやすく、アピール度の高いBOTTOM SLASHは、同じコースを何度も通すよりも、毎投違うコースをトレースしていく方が効率的です。

他のアングラーが少なく、横に動ける状況では、横へのランガンがおススメです。

 

他のアングラーが多く、横に動けない状況では、前に投げ続け魚の入りを待つことになりますが、人が空いたポイントには積極的に投げてみて下さい。

従来ルアーにはないアピールで、人が攻めきった後でも魚を引き出せます。

 

 eb_vol84_03

 

●ポイントその3 ―使い分け―

 

オリジナルサイズの30gと新発売の20gは、主にフィールドの水深で使い分けて下さい。

前述のように、ボトムから少し浮かした状態でスイムキープさせられるのがベストですので、30gを使用すると底をズル引きしやすいような遠浅のサーフ(水深2~3m以浅)には20gが向いています。

逆に、20gを使用すると浮かび上がりすぎるような深いサーフには30gが向いています。

 

遠浅のサーフであっても、波風が高くボトムキープが難しい場合は、重めの30gが向いています。

 

また、使用するロッドがL~MLクラスの場合は20gが、M~MHクラスの場合は30gが扱いやすいでしょう。

 

 eb_vol84_04

 

●ポイントその4 ―ワームセッティング―

 

BOTTOM SLASHにセットするワームについては、4~5inch程度のサイズのものがマッチします。

ブレード自体がハイピッチロールアクションを発生させテールまで伝えるため、ストレートワームやピンテールワームの使用も可能です。

シャッドテールワームとの相性も良く、よりアピールの高いロールアクションとなります。

 

何をつければいいか迷う場合は、SUPER SPINDLE WORM SWがおススメです。

http://www.megabass.co.jp/site/products/spindle-worm-hirame-color/

20gには4inchが、30gには5inchが相性良くセッティングできます。

 

尚、どの場合でもワームが真っ直ぐになるように、アシストフックはワームの腹に1本フックを刺してください。

フロントフックは、ワームに刺して固定しても、刺さずにフリーとしてもどちらでも結構です。

 

 eb_vol84_05

 

●ポイントその5 ―フック交換―

 

BOTTOM SLASHを使いこなす上で、是非意識して頂きたいのがフックポイントです。

特に急なカケアガリでボトムにコンタクトしやすかったり、砂よりも粒度の大きい礫や小石のサーフになると、下向きのフックポイントが削れて丸くなりやすいです。

先の尖ったフックと丸くなったフックでは、フッキングの差は歴然です。

 

こまめにフックポイントをチェックして、丸くなってきた場合はシャープナーで削るか、前もって用意したスペアフックに交換すると、確実に釣果UPに繋がります。

フックはワームの大きさに応じて、各社#6~#4程度をセッティングして下さい。

 

 eb_vol84_06

 

●ポイントその6 ―スナップ―

 

小物ですが、気になるトコロ。

BOTTOM SLASHには元々8の字型のスナップがついていますが、リーダーの先にスナップを使用していて、リーダーを切って結び変えるのが面倒だという方は、8の字型のスナップに、そのままスナップをつけて頂いても構いません。

問題なく使用することができます。

 

 eb_vol84_07

 

さて、BOTTOM SLASHについて、実践的なポイントをいくつか挙げさせて頂きましたが、イメージが湧きましたでしょうか?

 

さらにもう一つ、実釣例として私開発員のBOTTOM SLASHでの釣行記を紹介しますので、是非一度ご覧になって下さい。

 

釣行記はこちら

 

 

BOTTOM SLASH(ボトムスラッシュ)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/b-slash

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-006)

 

We’ve started to hear the fishing results of the flatfish since mid of April at Enshu surf, the territory of Megabass.

The season has also finally come around surf!

 

BOTTOM SLASH that was released last year as the lure for flatfish at this surf, which became super popular and sold out. Bro lure 20 g of this BOTTOM SLASH that can be adjusted to more various field and tackles will be released.

 

We talked about basic functions, details of each parts as new genre lure and how the development started in the engineer blog when it was released last year.

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.28

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-28/

 

At this time, I will explain the difference and point for use on each original size (30g) and the new one (20g) from the practical point of view.

 

 eb_vol84_01

 

●Point 1 –advantage-

 

BOTTOM SLASH that is used with a worm (a soft lure).

Although I believe many surf anglers know how effective the worms are to fish that used to human tricks, there are also some drawback on the combination of ordinary jig head + a worm like “difficult to see” “difficult to keep the range” and “cannot enjoy as much”.  For these reasons, there are so many anglers who don’t want to use worms.

 

The supreme part of BOTTOM SLASH compare to the ordinary jig head + a worm is “information transmission ability”.

The blade on the front part of BOTTOM SLASH captures the delicate change of water current, the vibe transmits to the anglers right away when it’s floating right after landing on bottom. On the other hand, vibe stops right away when it hits and drags the bottom.

The vibe goes faster and stronger when the water current are stronger and the vibe goes weaker if there is no current in favorable wind.

You’ll be able to know clearly the water depth, geographical features, current and where and how it swims by these vibes.

 

If it’s mere Jig head + a worm, it’s hard to keep the range around the bottom by keeping reeling in while understanding the geographical features and current, but BOTTOM SLASH makes it way easier since it has high information transmission ability.

That’s why you can enjoy much more of real fun stuff about fishing like searching and targeting.

I believe this is the biggest merit for the surf fishing that could easily become monotony.

 

Moreover, the benefit of blade is not only for anglers.

It has strong appeal to attract fish from far away with wave motion and flashing which soft lures doesn’t have.

 

 eb_vol84_02

 

●Point 2  –how to aim-

I will explain to you how to aim efficiently with BOTTOM SLASH since now you know the advantage I’ve just explained above.

First, touch the bottom at each cast. By retrieving, you can tell if it’s swimming or dragging by vibration of the blade so you’ll be able to keep the same distance from the bottom (about 50 cm) while knowing the water depth and geographical features.

 

BOTTOM SLASH is easier to keep the range to the bottom and has high appeal compare to ordinary worms, the most effective way would be tracing different courses each time instead of tracing the same course every time.

If you can move it to side because there are not so many anglers around you, the best way is run & gun to the side.

 

If you cannot move it to side because there are so many anglers around you, keep throwing forward till fish comes which you might have to wait for a while. But throw aggressively to the empty points.

This strong appeal that the ordinary lures don’t have can attract fish at the same point that so many anglers have already attacked.

 

 eb_vol84_03

 

●point 3 -proper use-

Please use properly either original size (30 g) or new one (20 g) depends on water depth on each field.

The best way would be keeping a little distance from bottom as I’ve mentioned, 20 g is suitable for shallow water surf (less than 2-3 m) which 30 g would be too heavy to float and 30 g is suitable for deep surf which 20 g would be too light to sink.

 

If the wind and waves are super high and it’s hard to keep the range from bottom, you should use 30 g since its heavier even it is shallow water surf.

 

20 g would be suitable for the rod L~ML class and 30 g would be better for the rod M~MH.

 

 eb_vol84_04

 

●point 4 -worm setting-

Around 4-5 inch size worms are the best match to BOTTOM SLASH.

You can use straight worms and pin tail worms since the blade itself spins in high pitch roll action to transmit the vibe to the tail.

It also goes well with shad tail worm, it’ll get better roll action and appeal to fish more.

 

If you don’t know which one to choose, pick SUPER SPINDLE WORM SW!

http://www.megabass.co.jp/site/products/spindle-worm-hirame-color/

The best match would be 4 inch for 20 g and 5 inch for 30g.

 

Please pierce one assist hook in belly of a worm no matter what occasions, so that worm can be straight.

It doesn’t matter if the front hook is pierced in the belly of a worm or not.

 

 eb_vol84_05

 

●point 5 -changing hook-

The most important part I want you to be aware would be the hook point, when it comes to making the most of BOTTOM SLASH. If the hook point is looking down, it will be scraped and become dull especially around sharp ascending or surf that has bigger particles than sand like stones. There is huge difference on hooking, if it’s sharper hook point or not.

 

Please check occasionally its hook point. When you find it dull, sharpen it or change it to spare hook for better fishing result.

Choose different size hook (#6~#4 our company hook) depends on the size of worms.

 

 eb_vol84_06

 

●point 6 -snap-

It’s small parts but it’s not trifle.

It comes with 8-shaped snap originally, you can put the 8-shaped snap to the snap you already have at the tip of the leader if you don’t want to get bothered changing snaps.

You can use it that way without any problems.

 

 eb_vol84_07

 

So I’ve been telling you some useful points, now I hope you can picture the BOTTOM SLASH very well.

Moreover, I want to introduce you my Fishing Journal about BOTTOM SLASH as actual examples, check it out!

 

My Fishing Journal

 

 

BOTTOM SLASH Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/b-slash

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (TA-006)

 

4月中旬以后,在Megabass所在的远州海滨沙滩,钓到比目鱼的声音不断听到。

 

针对这个海滨沙滩的比目鱼路亚,去年发售超级人气・售完的BOTTOM SLASH,在更多的钓场,装配箱可以调节的兄弟路亚20g尺寸的开始发售。

 

去年发售时的Engineer Blog,介绍了开发的过程和作为新型路亚的各部件的说明,基本性能等。

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.28

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-28/

 

这次从实践的观点出发,包含原版尺寸(30g)和新发售的20g的使用上的区别,使用方面的重点进行介绍。

 

 eb_vol84_01

 

●重点之1 ―优势―

安装软饵(软型路亚)而使用的BOTTOM SLASH。

对油滑了的鱼也很有用的软饵的效果是秀多的沙滩职业钓手应该知道,原来的治具头部+软饵的组合有“具体在做什么很难知道”“范围控制很难”“垂钓感很薄”这些缺点。

因为这些理由,不使用软饵的职业钓手应该也有很多。

 

 

BOTTOM SLASH,与这些原来的治具头部+软饵相比,可以说有明显不同,优越点是“消息传达能力”。

BOTTOM SLASH的身体前面设计的亮片,能敏感抓住细微的水流变化,着底后浮起来的瞬间振动就传达到了职业钓手的手里,碰到水底后一点点地蠕动时,振动会停止。

还有,潮水变强时振动的速度会变快变强烈,反过来如果没有潮水,随着波浪流动会有微微地振动。

依这些,水深、地形、潮水,还有在哪里怎样在游的都可以如文字般传达到手里。

 

单纯的治具头部+软饵的时候,把握地形和潮水,收线时很难持续控制底部附近的范围,但通过BOTTOM SLASH很强的情报传达能力,那个也能简单地达到。

还有通过那个,寻找,锁定目标这些垂钓的乐趣会大幅度的增加。

针对容易变单调的海滨沙滩垂钓,这个应该是比什么都好的优点吧。

 

并且,亮片的好处不仅只是职业钓手方面。

让它产生软饵路亚中没有的波动、闪烁,对离得很远的鱼也能强力吸引,把它们吸引到路亚跟前。

 

 eb_vol84_02

 

●重点之2 ―瞄准方法―

 

以上优势的基础上,BOTTOM SLASH有效的瞄准方法进行解说。

 

针对各个抛竿,首先让它直接沉到底部。

收线时,如前面所讲的因为知道是通过亮片的振动而在游动,还是在一点点地蠕动,所以边把握水深・地形,边让路亚在稍微从底部浮起的状态(50cm左右)保持游动。

 

与通常的软饵相比,容易控制底部、吸引力度高的BOTTOM SLASH,与其在同一个路线多次穿行,还不如每次在不同的路线进行跟踪会更加有效率。

其它的职业钓手少量,可以自由地横向挪动时,建议横向扫射。

 

其它的职业钓手很多,不可以自由地横向挪动时,只能一直向前投竿等待鱼的到来,之前别人投过的位置空出来后积极地投投看。

用原来路亚中没有的吸引力,有人攻击后也能将鱼引出来。

 

 eb_vol84_03

 

●重点之3 ―区别使用―

 

 

原版尺寸的30g和新发售的20g,主要是请在钓场的水深方面进行区别使用。

如前面所述,因为从水底稍微浮起的状态下,让它保持游动是最适合的,所以使用30g时容易缠在水底的平浅的海滩(水深2~3m更浅)使用20g的比较合适。。

相反,在使用20g时浮得太高的深水海滩就用30g的比较合适

 

即使是平浅的海滩,风浪很高很难控制底部的时候,偏重的30g的比较合适。

 

还有,使用的钓竿是L~ML级时用20g的,M~MH级时30g的更容易使用。

 

 eb_vol84_04

 

●重点之4 ―软饵设定―

 

关于在BOTTOM SLASH上设定的饮饵,4~5inch大小的东西是最相称的。

因为亮片自身发生高速卷线动作传达至尾巴为止,所以可以使用直软饵或细尾软饵。

与窄尾软饵也非常相称,是更加具有高吸引力的卷线动作。

 

犹豫不知道装什么好时,推荐SUPER SPINDLE WORM SW

http://www.megabass.co.jp/site/products/spindle-worm-hirame-color/

20g用4inch,30g用5inch能完美的设定在一起。

 

并且,为了不管在什么场合软饵都保持笔直,请在软饵的腹部扎入一个鱼钩作为副钩。

前端鱼钩,扎入软饵来固定,或不扎入就随意摆动,哪个都可以。

 

 eb_vol84_05

 

●重点之5 ―更换鱼钩―

 

BOTTOM SLASH在运用自如的基础上,希望一定要意识到的就是鱼钩位置。

特别在很陡的斜面容易接触到底部,或者比沙子大的碎石或小石头的海滩,朝下的鱼钩位置容易被削掉变成圆。

钩尖尖的鱼钩和变圆的鱼钩,上钩率的差别非常显然。

 

勤快地确认鱼钩位置,变圆了的时候用锐器削尖,或者用换成之前准备好的备用鱼钩,这个与垂钓收获会相连。

鱼钩依软饵的大小,各公司请安装#6~#4左右的鱼钩。

 

 eb_vol84_06

 

●重点之6 ―按扣―

 

虽然是小东西,但非常在意的地方。

BOTTOM SLASH本来带有8字型的按扣,连接线的前端使用按扣,把连接线剪掉再重新连接的方法觉得很麻烦的朋友,在8字型按扣那里,直接装上按扣也没关系。

可以放心地使用。

 

 eb_vol84_07

 

那么,跟大家举了BOTTOM SLASH的实践中的重点,大家有留下印象了吗?

 

在那基础上还有一个,介绍作为实钓案例,我们开发员的BOTTOM SLASH的钓行记,请一定要看一下。

 

钓行记请链接此处。

 

 

BOTTOM SLASH  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/b-slash