Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.54

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.54

back

team_blog_banner

 

「大は小を兼ねない?」 (T-008)

01

2014年11月。

いよいよ年末ムードな気配。開発チームの状況は、来年度にむけた新製品の開発でバタバタと忙しい日々を送っております。何より年が明けて間もなく、2015年のフィッシングショーもありますしね。

 

さて、唐突にですが上にMAGDRAFTの写真を貼り付けてみました。

一番手前が5inch、次に6inch。

となると、奥にいる2つは…。

 

近年ブラックバスの釣りでは、ルアーが大型化してきていると感じます。今となっては180mm、8inch前後のルアーなら特に違和感ないため、昔に比べ自分が麻痺しているのか?と思うほどです。

ビッグベイトが登場し、沢山の方に認知され、普及まで10年程。弊社のアイスライド185でも、特に違和感無く見えてしまうと思います。

 02

 

ほとんどのアングラーのボックスの中にはアイスライド185のようなビッグベイトが入っているかと思います。アイスライド135Bを見ると「小さい?」とさえ思ってしまいませんか?もちろんビッグベイトを操るには、ある程度の硬い竿を必要としますが、ロッドの方も、魚の巨大化、ルアーの巨大化に合わせて、パワーのあるロッドが沢山ラインナップされております。

メガバスでも多くのパワー系ロッドがラインナップされております。

 

03

 

扱えるルアーの重量は30oz.まで。

あくまで一部ですが、パワーのあるロッドでも実に多彩で、個々に色々な味を持ったロッドたちです。もちろん、これだけの重量のルアーを扱えるロッドがラインナップされているわけですから、それに伴い、ルアーの方も色々と…ですね。

 

さて、ここでようやく冒頭で貼り付けた写真に繋がります。

 04

 

先にも言いましたが、一番手前が5inch 、次に6inchです。

では、奥の2つは何inchなのか。そこは追ってお伝えいたしますね。

 

では、「なぜ大きいルアーが必要なのか。なぜ、小さいルアーが必要なのか。」

大は小を兼ねる、と言いますが、大きいルアーだけで釣りは成立するのか?

 

小さなルアーやワームを使用していた時、そこに魚がいるのは分かっていても、なぜか口を使わない。そこで、ルアーを大きくしてみると、いとも簡単に口を使ったという経験はありませんか?逆もしかりです。

これは、マッチザベイト、縄張り意識など、色々な見解がありますが、真意は魚に聞いてみない事にはわかりません。

ただ1つ、色々な特性の違うルアーを提案する会社として、釣りをする中での選択肢として大きさの違うルアーをアングラーの皆様に提案するのも私たちの使命だと考えております。

 

魚を釣るためには、もうすぐ発売になるVIBRATION-X MICROのような50mmしかないルアーも必要ですし、今回ご紹介した200mmを超えるようなルアーも必要です。

もちろん、それを扱うためのロッドも。

 

釣りをする中で唯一、魚の声が聞けるモノであるルアー(プラグやワーム)。

 

同じルアーでも大きさの違うタイプのものを持ち合わせているだけで、なんとかしたい状況で対応できるかもしれません。自分の「引き出し」を今よりも更に増やしてみませんか。

 

 

皆様の釣りでは、「大は小を兼ねますか?小は大を兼ねますか?」

team_blog_banner

 

Does bigger always mean better than small? (T-008)

01

November 2014.

The mood is already the end of the year.  The situation of our development team is very busy with the development of the new products for the next year.  Well, the fishing show for 2015 is soon after turning to the new year too.

 

Now, it’s a sudden thing but here is a photo of MAGDRAFT.

The top is 5 inch and the next is 6 inch.

That means two others are….

 

It seems like lures for black bass in recent years are growing in size.  It’s 180 mm/8 inch now, I don’t feel uncomfort with that kind of size so I must think that my sense was paralysed.. compared to before?

It took 10 years to become familiar since big baits were released and recognized by many people.  Even our Iceland 185 seems normal.

 02

 

I imagine that most anglers have big baits like Iceland 185 in their box.  Don’t you think Iceland 135B looks ‘Small’?  Of course, managing big baits is needed to use hard rod so rods are bigger in size a lot lined up too with the growth of the fish and lures.

Quite a few powerful rods are lined up too for megabass.

 

03

 

The top rod’s maximum weight of lures is up to 30 oz.

This is only some but powerful rods are various too and individuals have different tastes.  Of course, these lined up rods can take that much weight, at the same time there are various lures too...

 

Ok, now it connects to the photo I put it on at the beginning.

 04

 

As mentioned before, the most front one is 5 inch and the second is 6 inch.

Then, how big (inches) are the last two?  I’ll talk about it later on.

 

There are many thoughts like it’s for matching the bait and territoriality but you are not going to know that unless you ask fish.

One thing is that it’s our mission to offer different size of lures as options for fishing to anglers as we are a company that provides various characterized lures.

 

For catching fish, you need VIBRATION-X MICRO which is only a 50 mm short lure, also today’s introduced over 200 mm lure too.

 

Lures are the only thing you can get fish voices in fishing (plugs and warms).

If you have different sized lures for the same type, it may be useful when you are in the situation where you wonder why don’t you have more ‘drawers’ to open?

 

 

For your fishing, ‘Is big more useful than the small? or is small more useful than the big?’

team_blog_banner

 

大不能兼小?(T-008)

01

2014年11月。

马上就进入年末模式的氛围。开发小组的状况是每天为针对明年的新产品的开发而忙碌着。最重要的是开年后不久,还有2015年的垂钓SHOW。

 

非常唐突地在上面贴了MAGDRAFT的图片。

最前面的是5inch,旁边那个是6inch。

这样的话,里面的那2个是…。

 

近几年关于黑鲈鱼的垂钓,感觉路亚越做越大型化。到现在如果是180mm、8inch前后的路亚,没有特别的不协调感,觉得比起以前自己是麻痹了吗?的这种程度。

大型鱼饵的登场,被很多人认识,到普及为止10年。敝司的I-SLIDE185也是觉得看起来无特别的不协调感。

 02

 

我觉得大部份的垂钓者的箱子里都装有像I-SLIDE185这样的大型鱼饵。看I-SLIDE135时没有感觉都「小?」了吗?当然操纵大型鱼饵时,需要一定硬度的竿,钓竿方面也是、同鱼的巨大化、路亚的巨大化相结合,很多有力度的钓竿被聚齐。

Megabass也有很多的强雷系列的钓竿被聚齐。

 

03

 

可以操纵的路亚重量到30oz.为止。

只不过一部分而已。即使是有力度的钓竿也是很多彩的,每个都是拥有不同的韵味的钓竿们。当然,因为操纵这么重的路亚的钓竿被聚齐,随着这个路亚也存在各种各样的。

 

那么,在这里终于和开头粘贴的图片联系起来了。

 04

 

刚刚也说过了,最前面的是5inch,旁边那个是6inch。

那么,里面的2个是多少inch的呢?这个再逐一解释哦。

 

那么,「为什么需要大路亚。为什么需要小路亚。」

虽然说大能兼小,但只用大路亚垂钓成立吗?

 

使用小的路亚或软饵时,就算知道那个地方有鱼,但不知道为什么就是不咬钩。你有没有换一个大的路亚试了下,就非常容易上钩了的经验呢?反过来也是那样。

这个是合适的鱼饵、自我领域意识等有各种各样的见解,但是真正的想法不问鱼的话是不知道的。

但是有一点,作为提案各种各样不同特性的路亚公司,向各位垂钓者们建议垂钓时作为可供选择的不同尺寸的路亚,是我们的使命。

 

为了钓鱼,有必要拥有像马上要发售的VIBRATION-X MICRO样的只有50mm的路亚,同时这次介绍的超过了200mm的路亚也有必要拥有。

当然,为操纵这个的钓竿也是。

 

垂钓中,唯一能够听到鱼的声音的路亚(米诺或软饵)

 

只要随身带着大小不同类型的同样的路亚,在想尽量的情况下也许可以对应。要不要比现在更加增加一下自己的「武器」呢?

 

 

大家的垂钓是「大能兼小?小能兼大?」