Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.55

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.55

back

team_blog_banner

 

A-007

2014 NEW PRODUCT

CODE : SHADING-X DEEP

 

 

朝マヅメで釣行に向かうと、息が白くなり始めましたね。

まだギリギリ手袋は必要ないかな?と感じる、開発員でございます。

 

こんな肌寒くなってきたタイミングから活躍するアイテム。

何があるでしょうか。

 

そう!シャッドですよね!!笑

 

シャッドと思わなかった人にも、

シャッドと思った人にも是非オススメなのが、SHADING-Xシリーズです!

 

皆様から沢山のご要望の声を頂き、ついにオリジナルサイズのディープモデル、「SHADING-X DEEP」が発売となります!

 

 01

 

「どうせリップ長くしただけでしょ?」と思った方、大間違いです。

 

 

オリジナルサイズで潜行深度を深くしたい時、ポイントとしてあげたのが、

・飛距離

・潜行角度

・引き抵抗

この3点。(代表的な3つ)

 

 

まず、どうしても欲しかったのが「飛距離」。

これは、ディープダイバーであれば当然欲しくなってくるポイントで、飛べば飛ぶほど潜行深度を稼ぐことができます。

 

重心移動を入れて飛距離を伸ばすのは当然なのですが、重心移動を効果的にするために必要になってくるのが、「ボディの空気容量」

 

ただでさえスリムなシャッドというジャンルは、ルアー内部の空気容量が少なくなってしまいがちで、サスペンドセッティングを出そうと思うとあまり重いウェイトを搭載することができません。

 

そこで、こっそりオリジナルSHADING-Xのボディをちょっとだけ太らせた形状に設計しています。

 

02

 

空気抵抗の少ないボディ形状のおかげもあり、クラス最高峰の飛距離を実現しています。

 

 

 

さらに、「潜行角度」。

これが優秀なディープダイバーは、少ない移動距離で有効レンジに到達し、狙った深度到達後にアクションできる時間と距離を増やすことができます。

 

03

 

しかし、ここで難敵が登場するわけです。

それが、「引き抵抗」です。

 

スピニングタックルで使用することの多いシャッドにとって天敵なのが、この「引き抵抗」という奴。

重た〜い巻き心地はアングラーの体力を奪い、シャッドを巻き続けることを、これでもかというくらい邪魔してきます。

 

潜行深度と引き抵抗は、基本的に比例する関係にあるため、いかにしてこのネガティブな「引き抵抗」のみを減らすことができるか、

というのが今回の最大の難敵となりました。

 

ここは色々と調整するポイントがあるのですが、小難しく、説明もだらだらと長くなりそうなので、使ってみて頂いた方が早いかと思います!笑

 

かなり快適なので、ぜひお試しを!!

 

 

 

最後に、シャッドなどのサスペンドを狙うルアーにどうしても出てしまう、「フローティング」や「シンキング」へのバラつきについてのお願いです。

 

04

基本的には、水温によってタイプが変化してしまします。

SHADING-X DEEPに関しては、『8℃でサスペンド』を狙って、セッティングを出しています。

 

また、見た目の美しさを優先するあまり、カラーによっては「フローティング」や「シンキング」になってしまうカラーが存在してきます。

(0.01グラムの違いでも変わってしまいます。)

 

そんな時は、大変お手数ですが、お客様に調整をしていただきたく思います。m(_ _)m

 

ポイントとしては、

・スナップのサイズ、種類

・リングのサイズ、種類

・フックのサイズ、種類

の3点があります。

 

 05

 

スナップは、基本的には「#0」のサイズをご使用下さい。

(大きいスナップは、アクションにバラつきが出る場合があります。)

 

リングとフックに関しては、浮いてしまう場合はサイズを大きく、沈んでしまう場合はサイズを小さく、という方法で調整をお願いします。

(ちなみにラインの種類、太さも関係します。)

 

長くなりましたが、そのあたりに着目しながら、快適なシャッドゲームを楽しんでいただければと思います!

 

Product Page : SHADING-X DEEP

http://www.megabass.co.jp/site/products/shading-x-deep/

04_ch

team_blog_banner

 

A-007

2014 NEW PRODUCT

CODE : SHADING-X DEEP

 

 

When we go fishing just before the sunrise, you can see your breath is white.

Our developers think that grabs are not necessary yet but will be soon.

 

Is there any item to take advantage of from this getting cold timing?

What is it?

 

Yes, it’s a shad!!! :D

 

Does not matter if you thought about it or not but what we recommend is SHADING-X series!

We received a lot of requests from everyone and finally the originally sized deep model ‘SHADING-X DEEP’ is going to be released!

 

 01

 

No, ‘we haven’t just made the lips longer.’ guys.

 

When you want your lure to dive deeper with the original size, what we listed up as key points were:

  • Flying distance
  • Diving angle
  • Pulling resistance

These three. (typicals)

 

 

What we wanted so badly was ‘flying distance’.

This key point is the one of course you want for deep diving and it goes deeper the more it flies the more it dives deeper.

 

Of course it needs balance to move so that the flying distance increases and what you need for the effect of the balanced movement is ‘the air capacity of the body’.

 

Shads are in the slim category so the ari capacity inside the lures is small often, which means if we try suspended settings then we cannot make it too heavy.

 

For that reason, we designed SHADING-X slightly fatter in shape secretly.

 

02_en

 

Because of the body shape which gets less air resistance, the flying distance became the greatest in its class.

 

On top of it, ‘diving angle’.

The deep diver with a good diving angle gets to approach to the effective range with a short moving distance so that it gets more time and distance for the action after reaching to the targeted depth.

 

03_en

 

Well, here is the tough enemy.

That is the ‘fish pulling resistance’.

 

This ‘fish pulling resistance’ is the natural enemy for shads that is used for spinning tackle often.

The heavy reeling feeling takes angler’s energy and get in the way of reeling shads.

 

Diving depth and pulling resistance are basically proportional so it was the biggest problem this time how we decrease ‘pulling resistance’ only.

 

We have to adjust some key points but it will just become too long and a little difficult so experiencing is the fastest way to understand that. :D

 

It’s very nice so have a go!!

 

 

These are requests from us about differences depending on ‘floating’ and ‘sinking’ that could happen to lures that are targeted suspended like shads.

 

04_en

 

Types change depending on the water temperature basically.

SHADING-X DEEP is set up targeting “suspend at 8 degree celsius’.

 

Also, because of the priority for how it looks, the colour makes them look like they’re ‘floating’ and ‘sinking’ depending on the colour.

(it changes easily even only for 0.01 g)

 

If that happens, sorry for the inconvenience but please adjust it yourself.

 

As key points:

  • The size of snaps and kinds
  • The size of rings and kinds
  • The size of hooks and kinds

Those three.

 

05_en

 

Please use the size ‘#0’ for snaps normally.

(In terms of big snaps, they get different action)

 

For rings and hooks, please adjust yourself so if it floats then get a bigger size and if it sinks then get a smaller size.

 

Thank for reading through this, please enjoy comfortable shading game and refer to this!

 

Product Page : SHADING-X DEEP

http://www.megabass.co.jp/site/products/shading-x-deep/

team_blog_banner

 

A-007

2014 NEW PRODUCT

CODE : SHADING-X DEEP

 

 

黎明前去钓鱼时,呼气也开始变成白色了。

我是感觉应该还勉勉强强不用带手套吧?的开发员。

 

从变得这么凉飕飕的时机开始活跃的项目。

有什么呢?

 

对!就是SHAD路亚哦!哈哈

 

不管是没有想到SHAD路亚的人,还是想到了SHAD路亚的人,一定都推荐的是SHADING-X系列!

 

从大家那里得到很多的希望之声,原创尺寸的深处型号「SHADING-X DEEP」终于开始发售!

 

 01

 

认为「反正只是把长舌板加长了吧?」的朋友们,那就大错特错了。

 

用原创尺寸想加深潜水深度时,作为重点事项例举如下三点:

・抛投距离

・潜水角度

・拉伸阻力

(代表性的三点)

 

首先,不管怎么样都想要的「抛投距离」

这个是深度潜水者理所当然变得想要的重点,飞得越远就越能加大潜水深度。

 

包括重心移动,抛投距离当然会变长,但是让重心移动变得有效果的必要条件是「身体的空气容量」

 

只是本来就很瘦小的SHAD的这种类型,因为路亚内部的空气容量往往变得很少,如果想做出在水中停留的话,那就不能装载太重的重量。

 

在此,悄悄将原创SHADING-X的身体设计成稍微变胖的形状。

 

02_ch

 

依靠空气阻力小的身体形状,实现了等级最高峰的抛投距离。

 

还有、「潜水角度」。

这个是优秀的深度潜水者,用少的移动距离到达有效区域,达到目标深度后增加可以进行抖动动作的时间和距离。

 

03_ch

 

不过,在这里有强敌登场。

它就是「拉伸阻力」。

 

对于使用纺车钓具较多的SHAD来说天敌就是这个所谓「拉伸阻力」的东西。

特别重的卷线感觉将夺走垂钓者的体力,将SHAD接连不断地卷线,这点就非常的碍事。

 

潜水深度和拉伸阻力是基本上成正比关系,怎么做才能只减少这个负面的「拉伸阻力」?成为了这次最大的强敌。

 

这里有各种各样调整的重点,有点麻烦,并且感觉说明也会变得繁琐冗长,我觉得直接使用看看会比较快!哈哈

 

因为特别的舒适,一定要试一下哦!!

 

 

最后,创造出像SHAD等的以停留在水中为目标的路亚,「漂在水面」或「沉在水底」的参差不齐方面就拜托理解一下。

 

04_ch

 

基本上是依水温的变化,类型会变化。

针对SHADING-X DEEP是以『8℃水中停留』为目标,进行设置的。

 

还有,因为过于优先外观美,存在着颜色不同会造成「漂在水面」或「沉在水底」。

(即使只有0.01g的不同也会变化)

 

如果有发现,那就只能麻烦您帮忙调整一下了。m(_ _)m

 

重点有如下3点:

・子母扣的尺寸,种类

・扣环的尺寸,种类

・鱼钩的尺寸,种类

 

 

05_ch

 

 

子母扣一般请使用「#0」的尺寸。

(大的子母扣,有时在做抖动动作时会出现参差不齐)

 

关于扣环和鱼钩,请按浮在水面时将尺寸加大,沉在水底时将尺寸减小的方法进行调整。

(顺便说一下跟线的种类,粗细也有关系。)

 

 

写了很长,着眼于那一块的同时,希望能带来愉快舒适的SHAD游戏。

 

Product Page : SHADING-X DEEP

http://www.megabass.co.jp/site/products/shading-x-deep/