Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.53

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.53

back

team_blog_banner

 

日に日に寒くなり、冬が近付いているのを感じるこの頃です。

 そんな中、フィールドでテストを繰り返しています。

 現在テスト中のアイテムで黒田さんのエンジニアブログでも紹介された『F4-66Xで投げれることのできる、大きいサイズのルアー』を少しだけ追加で解説いたします。

 

 01

 

・大きさサイズなのに、一日投げても疲れない

 アイスライドやマグドラフトのようにウエイトがあるルアーを一日投げ続けるというのはなかなか根性のいる作業ですが、このルアーはサイズとは裏腹にストレス無く一日中キャストし続ける事が出来るルアーです。ストレスを感じないので、キャスト制度も高くなり、狙ったポイントに、思い通りにキャストできるという副産物も生じます。

そしてF4-66Xで投げれるメリットですので、タックル数の限られたオカッパリなどの状況でも専用タックル無しで持っていける点も見逃せないメリットです。

 

・デカバスに非常に効くサイズとアクション

テスト中で凄く感じた事ですが、様々なフィールドでの魚の反応が異常と思うようなバイトやチェイスを感じました。

その中でもコンディションの良い魚への効果は凄く、ビックベイト以上の反応を見せることもしばしば…。

バイトも様々で、朝の冷え込みで水温グッと下がってタフな状況下でも、バスは完全捕食モードで強いバイトをしてきました。

タフなコンディション下でのビックベイトへのバイトは、ほぼ『ハフッ』といった弱い吸い込みのバイトが多くなかなかフックアップに繋がらないということも多いのですが、テスト中のルアーに対してはそんな浅いバイトもフックアップできる機能、形状になっています。

まだまだ公開できない部分が多いのですが、現在の段階でも非常にいいアクションをしていて、ファーストリトリーブやトゥイッチやジャークと様々なアクションを可能とするルアーです。今までにに仕上がっています。

使ってて楽しいルアーで、様々なフィールドや状況の変化にアジャスト出来るルアーです。

 

まだまだテスト中ですので、皆さんが手にした時は今以上に完成した、お手軽ビックベイトに仕上がってると思います!

team_blog_banner

 

It’s getting colder these days now that winter is around the corner.

Nevertheless, I’ve been testing my lures in the field again and again.

 

I am going to explain a little in addition about ‘Big size lures that it can be thrown using F4-66X’, which is currently under testing and was introduced in the engineer blog of Mr. Kuroda.

 01

 

・It is a big sized lure but you don’t get tired after throwing it the whole day.

Those i-SLIDE (185 & 135B) and MAG DRAFT are heavy in weight so you would need to have guts to continue throwing all day long but this lure can be continually cast all day without any stress considering how big it is.  Because it’s stress free, casting accuracy is high and it can be cast accurately to the targeted point.

Also, there’s a merit that it can be thrown using F4-66X, on top of it there’s another merit that you cannot miss that when fishing from the land with limited tackle,  you can go without the specific tackle.

 

・It has a very effective size and action for big basses.

This is what I felt a lot when testing, there was an unusual fish reaction of biting and chasing in various fields.

Especially, it had a good effect for the good conditioned fish and often showed more reaction than big baits..

Biting was various and I had a strong bite by a bass being in a total hunting mode even under the tough circumstance with the low temperature water in the morning.

Those big bait bites under the tough condition don’t often connect to the hookups because of the weak “Haw..” biting but this lure in the test has a shape and a function that can hook up even the weak bites.

 

I am still testing so by the time you guys get it this lure should be completed and will be a useful big bait!

team_blog_banner

 

天气一天天变冷,感觉到冬天的临近。

在此情况下,去现场反复进行试验。

 

再稍微追加解释说明一下,现正在试验中的项目里,在黑田先生的博客中也介绍过了的『用F4-66X可以抛投的大型尺寸路亚』。

 

 01

 

·虽然尺寸很大,但投钓一天也不会累

如果连续一天投钓像I-SLIDE或MAG DRAFT那样有重量的路亚,是个相当需要毅力的动作,但是这个路亚是与尺寸相反的无阻碍可以连续一天垂钓的路亚。因为感觉不到阻碍,垂钓的精度也相应提高,出现了对瞄准的目标点可以按自己想像的那样垂钓的副产品。

还有因为F4-66X能投的优势,即使在钓具数被限定了的路钓等状况下,没有专用钓具时可以拿去使用也是不可被忽视的优点。

 

·对大鲈鱼非常有用的尺寸和抖动动作

在试验中特别感觉到的事情是,在各种各样的钓场,鱼的反应让人感到异常性的上钩或追逐路亚饵。

即使在那其中,对条件很好的鱼也很有效果,经常显现出超出大游钓鱼饵的反应。。上钩也是各种各样,即使是早上极冷时下水温急剧下降的恶劣状况下,鲈鱼完全进入捕食模式进行了猛烈的咬钩。

恶劣环境下对大游鱼饵的咬钩,基本上都是『半咬』状态的咬钩太多,总是不能上钩的情况很多,但对于试验中的路亚是,拥有即使是那种很浅的咬钩也能上钩的功能、形状。

 

虽然还不能公开的部分很多,但在现阶段也能做非常好的动作,是快速收线或抽搐动作或抖竿动作等各种各样的抖动动作都可以实现的路亚。到现在为止已经完成。

这个是使用时很开心的路亚,也是各种各样的钓场或状况的变化都可以调整的路亚。

 

因为仍然还在试验中,我觉得等各位拿到手时,应该是比现在更好,完成得更轻便的大游钓鱼饵。