Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.52

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.52

back

team_blog_banner

 

ブラックバスのベストシーズンも残すところ少なくなり、寒さや強風にも負けず時間を惜しむくらいのペースでテストのためフィールドに出掛けております。

本日も皆さん、こんにちは。黒田です。

 

 01

 

今シーズン、アイスライド(185&135B)やマグドラフト(6インチ&5インチ)は使っていただけましたか?

昨年~今年頭にかけて、多くの試行錯誤と実釣テストの末にリリースされたこの二つのビッグベイト系ルアー。

そしてその二つとはまた一味違った、現在テスト中の『F4-66Xで投げることのできる、大きいサイズのルアー』。モザイク入りではありますが本邦初公開です。

 

02

 

ビッグベイト系ルアーの最大の魅力はその集魚力と、ビッグバス率。

居るか居ないかを瞬時に判断でき、かつバイトしてくるサイズやコンディションが良い。

これが多くのビッグベイト系ルアー愛用者を生み出す要因だとも思っています。

僕の中での、アイスライドとマグドラフトの違いは・・・

 

・集魚力  アイスライド>マグドラフト

・ビッグバス率 アイスライド>マグドラフト

・バイト率 マグドラフト>アイスライド

 

一発の破壊力と魚の有無のサーチに適したアイスライドと、安定のマグドラフトといったイメージで使い分けています。

 

ただどちらにしても守備力ではなく、攻撃力の強いタイプのルアーで、大型の魚を狙って釣りたいような場合に登場することの多いジャンルだと思います。

当然、ルアーの大きさ、重量からフィネスとは対極に位置しているルアーであり、普通に使っているだけでは過度のプレッシャーに弱いという側面もあります。

 

そこで、アイスライド&マグドラフトのリリース直後から、一般的なビッグベイトでは攻略不可なハイプレッシャー下でも、喰わせることのできるビッグベイトの特性を持ったルアー、という『今までになかったルアー』の開発に着手。

今年の春から夏にかけてはNEWスピナーベイトV9と、今回紹介するルアーに多くの時間を注ぎました。

 

 03

 

何といっても全く手本も、比較物もないルアーだったので、造っては泳ぐのかな??の繰り返し。意図するアクションがなかなか出ず苦労すること数か月。

現場でもビルド&スクラップを繰り返し、素材も色々と試してみました。

 

アイスライド、マグドラフトは序章。

来春、ついにコイツがデビューします。

2015フィッシングショーをお楽しみに・・・

 

04

team_blog_banner

The best season for black bass fishing will hit soon so I’ve been going fishing to test out my lures at a good pace while trying not to waste time so it does not matter if it’s cold or too windy, I still go.

Hello everyone, it’s Kuroda here.

 01

Did you use i-SLIDE (185 & 135B) and MAG DRAFT (6 inch & 5 inch) this season?

These two lures were big-bait types and released after the real fishing tests and a lot of trial and error from last year to early this year.

Look in the picture, well it’s blurred out for now but it’s the first time for it to appear, this is a new ‘big size lure that can be thrown with the fishing rod F4-66X’ for a difference, it’s currently still under testing.

02

The most attractive thing about big-bait type lures are there ability to attract fish and the bass size it can get.

The bass will react straight away once it’s in so you could see if there’re some there or not straight away and plus the bass that come to bite will be often big and in a good condition.

This is why there are so many big-bait type lure lovers, I think.

The differences between i-SLIDE and MAG DRAFT in my opinion:

  • Ability to attract fish   i-SLIDE > MAG DRAFT
  • Big bass ratio   i-SLIDE > MAG DRAFT
  • Biting ratio   MAG DRAFT > i-SLIDE

I’ve been using them based on their ability, i-SLIDE is good for searching whether there’s a fish or not and is a one-hit destructive wonder type, whereas MAG DRAFT is all about stability.

 

Well, it’s not about the defensive ability but they are both offensive type lures so I think they are used on occasions like when you want to catch a big sized fish.

Of course, they are opposite to FINESSE in both size and weight and they are weaker for normal use when it comes to the high pressure.

 

So I decided to develop ‘a lure the first time forever’ right after releasing i-SLIDE and MAG DRAFT, which has a big-bait feature that can get eaten in the high pressure water condition which has never been possible with the general big baits.

I spent a lot of time making new spinner bait V9 and the lure I’ve just introduced from spring to summer this year.

 03

This lure is basically something different so there’s no sample or anything to compare it to so I tested it and fixed it again and again.  After a few months of trying, I found that it was difficult to get the action on the lure I wanted so I tried rebuilding and replacing when it didn’t work with different materials.

 

i-SLIDE and MAG DRAFT are just a start.

Next spring, this is going to make a debut. (see in the photo)

Don’t miss my fishing show in 2015..

04

team_blog_banner

垂钓黑鲈鱼的最佳季节的地方已经所剩无几了,为了不输给严寒或强风而像珍惜时间似的速度进行测试去了现场。

大家好。我是黑田。

 01

现在的季节,您已经使用了I-SLIDE(185&135B)或MAG DRAFT(6英寸&5英寸)吗?

从去年到今年年初,很多的试行错误和实钓测试后的结果让这两个大型游约鱼系路亚上市。
还有,与这两个还有一点点不同,现在测试中的『用F4-66X可以抛投的大型尺寸路亚』。虽然打了马赛克,但是是在此首次公开。

02

集鱼力和大鲈鱼率是大型游约鱼系路亚最大的魅力所在。

一瞬间可以判断有还是没有,并且上钩的尺寸或条件很好。

我认为这个是诞生了很多大型游约鱼系路亚常用者的原因。

在我心中,I-SLIDE(185&135B)和MAG DRAFT的区别是・・・

 

・集鱼力    I-SLIDE>MAG DRAFT

・大鲈鱼率  I-SLIDE>MAG DRAFT

・上钩率    MAG DRAFT>I-SLIDE

 

 

适合于一竿的破坏力和搜索鱼的有无的I-SLIDE,和安定的MAG DRAFT,按此所述印象灵活使用。

 

但是,不管是哪种都不是防御性,而是攻击性较强的类型的路亚,我觉得应该是在想钓大鱼的时候使用情况比较多的类型。

当然,从路亚的大小、重量来看,是跟细腻钓法完全相反的路亚,只是在平常使用时对鱼的警惕性方面会比较弱。

 

因此,从I-SLIDE&MAG DRAFT的发布不久之后着手开发了,所谓的即使在一般的大型游钓鱼时不可攻略的高警惕环境下,拥有可以让它咬钩的特性的路亚,『到现在为止都没有的路亚』。
今年的春天到夏天对NEW旋转亮片路亚饵「V9」,和这次介绍的路亚倾注了大量的时间。

 03

不管说什么,因完全没有样板、对比的路亚,制作后再测试能不能游?一直这样反复实验。总是达不到预想中的抖动动作而辛苦了几个月。

在现场反复的进行制作&破坏的操作、对各种原材料也进行了尝试。

 

 

I-SLIDE、MAG DRAFT第一章。
来年春天,将让这个家伙登场。
开心的期待着2015年的垂钓SHOW・・

04