Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.51

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.51

back

team_blog_banner

 

2014 New VIBRATION-X MICRO  (T-007)

micro_01_1

 先日、発売になったX-WAVE。もう手にとって頂けましたでしょうか?

X-WAVEのような新しいタイプのルアーを市場に送り出す時の不安は計り知れないものがありますが、このルアーはそんな不安は杞憂だったほど、瞬く間にお客様の手に届いたようで、社内の人間も胸を撫で下ろしております。

ただいま追加受注に向けてフル稼働で増産中ですので、お待ちのお客様はもうしばらくお待ち下さい。

micro_05_1

 

さてそんな中、もちろん沢山のルアーの開発が同時進行で行われていますが、その中でも、弊社テスターの石田のブログで何度か紹介していたルアーがいよいよ発売になります。

 

VIBRATION-X MICRO。そう、これからの時期ますます強くなるルアーの1つです。

SPECは、52mmで3/8oz. という陸っぱりアングラーには間違いないサイズ感に仕上がっております。

 

では一体、どんな「こだわり」を持って生まれた製品なのかを掘り下げていきたいと思います。

 

 micro_07

 

・安定した飛行姿勢

これは絶対条件であり、最大の武器である飛距離。特に陸っぱりでの釣りにおいて、これほど重要な要素はありません。

向かい風の逆風時にキャストすると、バランスが崩れ、回転が生じ、飛距離が半減したりバックラッシュなどのトラブルが起こるバイブレーションは以外と多いですが、マイクロは如何なるコンディションでも安定した飛行姿勢を保ち、小粒なバイブレーションにも関わらず平均45m(無風時)、横風や向かい風のコンディションでも平均40m弱と、必要以上にウエイトを積むのでは無く、ウエイトの配置位置や形状、ボディ形状、アイの位置を吟味した上で、安定した飛行姿勢を実現させています。

 

 micro_08

 

 

・リトリーブスピードの幅広さ

ただ投げやすく飛距離が出るだけのバイブレーションでは意味がなく、早く巻いてもスイム姿勢を崩さない、遅く巻いてもアクションがしっかりと手元に伝わる事が重要。つまりマイクロは幅広いリトリーブスピードに対応しています。

では、そんな都合の良いアクションを出すための「こだわり」は、ボディ形状にあります。

まず近年のリールのハイギア化により誰でも簡単にファストリトリーブが可能になりました。これはやはり、スレたフィールドでは、リアクションという魚を捕るための大きな武器です。このファストリトリーブでも、強すぎない心地よい引き抵抗を可能にしているのが、ボディ前方のやや控えめなフラット面。この形状により、しっかり水を掴み、軽快なアクションを生み出します。

また、スローにボトムノックさせたり、1つ下のレンジを通したいときなど、スローリトリーブでも、しっかりとアクションするよう、ボディ後方の形状は、あたかもクランクベイトかのような膨らみを設けています。この形状の恩恵は、一旦細めたボディ幅を再度、膨らませる事で、ゆっくりなスピードでもボディ後方で水を掴み、アクションをする「キッカケ」を生み出します。

ファストリトリーブでストレスを感じる事なく目標のコースをトレースでき、スローリトリーブでも伝わるバイブレーションが、使用時の安心感を与えます。

 

スイム姿勢は水平よりもやや立ち気味。これは、水平にしたときにフックがボトムをかすめて根掛かりしたり、ウイードエリアでの手返しを損なうなどのデメリットを考慮した結果です。

 

既存である、バイブレーションXやバイブレーションX Jrのボトム付近の一定層を低速域でアプローチできる長所や、ウルトラやスマトラの高速域でバランスを崩さない長所、ブレーディングXのリフト&フォールのアンションレスポンスの良さを兼ね備えた仕上がりになっています。

 

 

micro_04

 

・フックサイズ

従来の小粒なバイブレーションは#10番がほとんどでしたが、マイクロは#8番を採用しています。

ただ#8番を付けるとフック同士が抱きあってしまうトラブルが発生する為、フロント、リアのフックアイを一般的な縦アイではなく、共に横アイにする事でトラブルを解消しました。

従来よりも大きいフックを採用する事で、ショートバイトにも対応でき、フッキング率も向上しファイト中にフックが伸びる心配も軽減します。

 

 

そんな、「こだわり」が詰まった、VIBRATION-X MICRO。

実に使い易いバイブレーションに仕上がりました。

これからの時期に、ボックスに1つ忍ばせておいて、というよりはパイロットルアーにしても損はないルアーです。

更に、X-WAVEとの組み合わせで、緩急を付けた多彩なアプローチが出来るのではないでしょうか。

 

是非、ご期待下さい。

 

Product Page for VIBRATION-X MICRO

http://www.megabass.co.jp/site/products/vibration-x-micro/

 

team_blog_banner

2014 New VIBRATION-X MICRO  (T-007)

micro_01_1

X-WAVE was just released the other day.  Have you had a look at it in your hand yet?

When we release a new type of lure like X-WAVE to the market, the anxiety is usually massive but this lure went to the customers so quickly that the anxiety didn’t come.  We are feeling so relieved.

Now we are fully working to make more of them for the additional orders, thank you for your patience.

micro_05_1

In the meantime, a lot of lure developments are going on at the same time and one of them will finally be released, the lure was introduced a few times in our tester in Ishida’s blog before.

 

VIBRATION-X MICRO, that’s one of the lures that is going to do well in the coming season.

The SPEC is 52 mm ⅜ oz and the finish is the perfect size for land anglers.

 

Now, we are going to dig into what kind of ‘particulars’ it has been born with.

 micro_07

  • Steady flying posture

The steadiness is the absolute condition and the flying distance is the strongest weapon.  Nothing else is important as much as these factors in terms of the land fishing.

When casting into a headwind, surprisingly there will be vibrations of troubles happening like losing the balance, spinning around, flight distance decreasing and backlash but this MICRO is always steady in its flying posture in any conditions, in spite of the small vibration, it shows a stable flying casting distance average of 45 m (with no wind) or 40 m and a bit even in a cross wind or a head wind after testing the weight position, shape, body shape and eye position.

 micro_08

  • Breadth of the retrieve speed

It doesn’t mean anything if it’s just easy to throw and get a long flying distance but the important thing is to be able to feel the action properly in your hand when reeling slow and the stable swimming attitude when reeling fast.  Basically, MICRO is for a big range of retrieve speeds.

The ‘persistence’ is on the body shape to result in such a convenient action.

Because of the high gear reels in recent years, a fast retrieve became possible for anyone with ease.  In the field where fish are cautious, it can be a great weapon to get a reaction of fish.  The understate flat surface at the body front makes a comfortable pulling resistance possible without pulling too strong.  The shape creates light action capturing the water.

The bottom body has a crankbait-like raised part to act properly with the slow retrieve when the lure is knocking slowly against the bottom of the river bed or trying to drop deeper into the water.  The beauty of this shape is creating an action ‘motivator’ with the shape width raising after narrowing again so that the bottom part captures the water even with a slow speed.

Without having a stress of a fast retrieve, being able to trace the targeted course, the vibration you can feel even with a slow retrieve gives you security.

 

Swimming posture is a little higher from the horizontal.  This is the considered result from the demerits such as the hook hooking from the seaweed at the bottom when it’s horizontal and ruining the whole process in the weed area.

 

This is a great finish combining the merits of the existing Vibration X and Vibration X Jr, which are the low speed approaching in the steady layers at the bottom, good balance of both vibration Ultra and Smatra in the high speed area and good action response of Blading X lift&fall.

micro_04

  • Hook size

Traditional small vibrations were mostly using #10 but MICRO is using #8.

However, using #8 can create a trouble with the hooks holding each other so it was solved by making both front and rear hooks as side eyes rather than the general vertical eyes.

Applying bigger hook than the traditional, it’s supported with short bites and it eases the risk of the hook stretching  in the fight because the hooking rate goes up.

 

Full of the ‘motivator’ installed, VIBRATION-X-MICRO.

It’s finished as an easy use vibration.

Put at least one in your tackle box for the following season or make a pilot lure with it, it should be good.

Also, combining with X-WAVE, it can make various gradual approaching possible, can’t it.

 

Please consider about it!

Product Page for VIBRATION-X MICRO

http://www.megabass.co.jp/site/products/vibration-x-micro/

team_blog_banner

2014 New VIBRATION-X MICRO  (T-007)

micro_01_1

前几天,开始发售的X-WAVE。已经到手了吗?

虽然在市场上推出X-WAVE这种新型的路亚时担心是不可估量的事情,但好像是一款当时的不安简直是杞人忧天,一瞬间就被客户买走了的路亚,公司人员也如释重负。

现在针对追加的订单启动了所有机器在增产中,在等待中的客户还请您再稍稍等候。

micro_05_1

那么在那之中,当然很多的路亚同时在进行开发,在其之中,敝司测试员石田先生的博客中多次介绍过的路亚马上就准备发售。

 

VIBRATION-X MICRO。就是,从现在开始的季节渐渐大显身手的路亚中的一个。

规格是52mm 3/8oz 对于陆地垂钓人来说完成得很有尺寸感。

 

那到底怀着什么样的「讲究」而诞生的产品呢?我想深入研究一下。

 micro_07

・稳定的飞行姿态

首先,是必要条件、最大的武器的抛投距离。特别是陆钓时,没有比这个更重要的因素。

若在逆风向时进行抛投,失去平衡、发生旋转会造成抛投距离减半、炒粉等麻烦的颤泳路亚出乎意料的多。MICRO是不管什么样的条件下都能保持稳定的飞行姿态,不管是否是小型的颤泳路亚,不是增加必要以上的重量,而是将重量的配置位置、身体形状、别针孔的位置进行考察后,实现大概平均45m(无风时),横向风或逆风的条件下平均不足40m的稳定的飞行姿态。

 micro_08

・收线速度幅度

仅仅只是投掷简单增加抛投距离的颤泳路亚没有意义,而是即使快速收线也不会破坏游水姿态,即使缓慢收线时抖动动作也能充分的传达到手头是很重要的。也就是说MICRO对应很广泛的收线速度。

那么,为了达到这种状况良好的抖动动作的「讲究」在于身体形状。

首先近年利用卷轴的高转速化谁都可以简单的进行快速收线。这个是果然在鱼变得油滑了的区域,不规则的抖动动作是为了抓捕鱼的很大的武器。即使是这个快速收线,身体前方的稍微减少的平面,实现了不是太强的舒适的拉线阻力。依这个形状,水中阻力刚好,呈现出轻快的抖动动作。

还有,缓慢地进行水底撞击,或想到达更深深度时等,为了实现即使是缓慢收线,也能进行稳定的抖动动作,将身体后方的形状设计得恰似胖子路亚样的膨胀状。这个形状的好处是,即使是在缓慢的速度下,前方弄细了的身体宽度,后方再次让它膨胀,成为了用身体后方加大水中阻力而产生进行抖动动作的「契机」。

快速收线时不是感觉到阻碍,而是可以勾画出目标的轨道,缓慢卷线也可以传达的颤泳路亚,使用时给予安心感。

 

游水姿态是比起水平稍稍立起的感觉。这个是,考虑了水平时鱼钩掠过水底被缠住,影响水草区的收竿投钓等缺点的结果。

 

现有的VIBRATION-X或VIBRATION-X Jr.有在水底附近的固定层,低速时可以进行初抛的长处,或ULTRA或SMATRA有高速时不破坏平衡的长处,兼备了BLADING-X的上升&下降的良好的抖动反应的产品。

micro_04

·鱼钩尺寸

以往的小型颤泳路亚几乎都是#10号,MICRO采用的是#8号。

因为若只是使用# 8号,鱼钩之间会互相缠住发生阻碍,所以锋面、后方的鱼钩别针孔不是通常的纵向别针孔,都改成横向别针孔而解除了阻碍。

采用比以往大的鱼钩,也可以对应浅咬,上勾率也会提升,在战斗中钩会伸长的担心也减少。

 

如此,充满了「讲究」的VIBRATION-X MICRO。

 

确实使用方便的颤泳路亚已经完成了。

从现在开始的季节里,配件箱里暗藏一个,还不如把它作为探鱼路亚也没有什么损失。

并且,利用X-WAVE的这种组合,不就可以进行带有缓急丰富多彩的初抛了吗?

 

敬请期待。

 

Product Page for VIBRATION-X MICRO

http://www.megabass.co.jp/site/products/vibration-x-micro/