MEGABASS Engineering Team Blog Vol.50

team_blog_banner

 

秋ということで、巻物の季節!完成したばかりのV9を持ってリバーに行ってきました。

 

 

1

 

このフィールドは流れがきつく、ヘビーカバーで覆われた川。

流れとカバーが隣接するフィールドでV9の最高の力を発揮しました。

 

・先ずは、ガンガン流れているポイントを攻める時に必要なリトーリーブスピード。

現在、市場に出ている多くのスピナーベイトは、速い流れのせいでどうしてもリトーリーブ速度が速くなり、通したいポイントではルアーが横倒れになっていたりして綺麗に動いてないということが多々ありました。

速く巻くと抵抗が大きかったのですが、V9では操作性も優れ、尚且つ早く巻いても横倒れせず、巻き抵抗も少ないため流れの中でもストレスなく巻く事ができます。

 

 2

 

・そしてカバーを攻める場合は、ルアーをカバーにコンタクトさせバイトを誘うって使い方をよくしますが、V9はカバーにも非常に強い!

何故か?それは立ち上がりの速さと姿勢、もう一つはワイヤーの強度です。ワイヤーが強いため様々なカバーを交わして、立ち上がりの姿勢が早く連続的にカバーにコンタクトさせながら巻いてくることのできるスピナーベイト。加えて、フックサイズが大き目にセッティングされている為、フッキング率がグンッと上がりました。

 

 3

 

V9は非常に万能なスピナーベイトなので、カバーでの使用にもとても向いています。

 

Product Page V9

http://www.megabass.co.jp/site/products/v9/