Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.120

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.120

back

team_blog_banner

 

ELBO – Cranking Shiner - (T-019)

 

 eb_vol120_01

 

いよいよ1月30日と31日は新製品を展示するエキシビション第1弾が横浜で開催されます。お時間のある方はぜひご来場ください。

 

今回はLBOを搭載したELBOのボディ形状の話です。

 

ただ、飛距離だけを追求するのであれば、ボディ形状はいたってシンプルでそれほど苦労するものではありません。

 

しかし、全く新しいクランキングシャイナーというポジションのルアーを開発するにあたっては、やはりアクションの質、というのが大いに重要になります。

 

 

ELBOのボディ形状は、開発段階で大きく3度の形状変更がありました。

 

 eb_vol120_02

 

その中でも、ラインアイの位置、リップの大きさ角度、ウエイト位置や重さ、ボディ断面の形状など、数えるとキリがないプロトタイプがありましたが、あえてここではわかりやすく大きく3つに分類して説明します。

 

 eb_vol120_03

 

まず、Aタイプ。初期段階での形状です。

飛距離を出すための形状かつ、素直にLBOを搭載した形状であり、ベイトフィッシュライクなシルエットにし、かつクランクとしての性能も持たせるためのスクエアビルリップ。

 

結論からいうと、Aタイプは飛距離は抜群だがアクションレスポンスが悪い、でした。

つまり、動き過ぎずタイトなアクションを求めるマリンギャングのようなSWルアーであれば何の問題もないのですが、FWルアーとして、またキビキビとした明滅をするアクションを求めると、ウエイトの位置は低重心にするのが定石。

しかしLBOは従来のものよりもウエイトの中心に軸がある分、重心が高いので、LBOのウエイトだとボディ形状で、そのウエイトの重心を低くする必要がありました。

 

 eb_vol120_04

 

そこで、大幅な形状修正をしたのが、Bタイプです。

おおよそ最終形状に近付いてきましたね。

 

LBOを稼動させ、なおかつ適所にウエイトを固定するため、LBOに必要な空間を確保しつつも、Aタイプのウエイト位置よりも大きく下方向にボディを膨らませLBOを配置したタイプです。

 

これによりLBOウエイトの位置が低重心になり、アクションのキレを出せる形状へと進みました。

 

しかし、80mmに満たないボディに対して、クランクのようなアクションを出させるためのボディに対しては大きなリップ。

ラインアイの位置やサブウエイトなど、色んな要素を潰していってもアクション安定性が納得のいくものではありませんでした。

 

 

 

そこで、Cである最終形状へと開発は進んでいきます。

 

eb_vol120_05

 

Cのボディ形状は、Bに対してボディ後部の部分が大きく下方向におじぎしているようなカタチになっています。

 

え、これだけ?

と思われるかもしれませんが、このテール部の下方向へのカーブ形状は、明らかな効果を得ました。この形状なくしてELBOは成立しないといっても過言では無いほどです。

この形状がスタビライザーの役割を果たし、アクションの安定性が飛躍的に向上し、納得のいくLBOを搭載したクランキングシャイナー「ELBO」が誕生しました。

 

そんなELBOが、2月末に満を持して発売になります。

 

2016シーズンの大きな武器となるELBO。

普段クランクベイトを使用する状況で、明らかにワカサギなどのベイトフィッシュをメインベイト捕食している時、ELBOをチョイスしてみてはいかかでしょうか。

 

Megabass Blog 「クランキンシャイナー「ELBO」」 野村俊介

http://ameblo.jp/nomura-mbblog/entry-12116893391.html

 

※画像はブログ用の参考資料であり、製品とは異なる場合があります。

team_blog_banner

 

ELBO - Cranking Shiner - (T-019)

 

 eb_vol120_01

 

Now I’ll talk about the body shape of ELBO loaded with LBO.

 

We didn’t need to struggle so much if we were just pursuing the flying distance since the body shape could be so simple to do so.

 

But in order to develop whole new level of lures like “CRANKING SHINER”, the quality of its action is very important.

 

There were 3 significant changes in its body shapes of ELBO during the development.

 

 eb_vol120_02

 

The positions of line eyes, the sizes and angles of lips, the places and grams of weights, and body shapes… we created countless prototypes but I’ll show you only 3 big changes to make it easy.

 

 eb_vol120_03

 

First, type A. This one is the very early stage.

We simply installed LBO inside of the body that was formed simply to achieve the great flying distance, which has silhouette like a baitfish and a square bill lip to obtain the function as a crank.

 

Well I’ll tell you the result first, type A had a bad action response even though it had an extraordinary flying distance.

There is no problem if this is for SW lures such as MARINE GANG in case of pursuing tight action without moving too much but it is critical for FW lures to keep low gravity in its weight to pursue for quick flickering action.

But LBO’s gravity is high since it has an axis in center of weight compare to the conventional weights, therefore we have to lower the gravity by changing its body shape.

 

 eb_vol120_04

 

This is type B which we made a major correction.

It’s really close to final shape, isn’t it?

 

In order to mount the weight to the proper place while LBO working properly, we created enough room to install the LBO on the lower body compare to that of type A.

 

By doing so, we succeeded to get the LBO low gravity and evolved the shape for the much quicker action.

 

However the lip for an action of cranks was way too big for the body that was less than 80 mm.

We couldn’t be satisfied with the stability no matter how we’d tried to fix such as changing the place of line eyes or installing sub-weight.

 

 

Then, the development was going into this last stage which is type C.

 

eb_vol120_05

 

The tail of type C looks like bowing greatly downward.

 

Is that it?

You guys might be thinking that way but this curb on the tail made huge difference. I’m not exaggerating to say ELBO doesn’t exist without this shape.

This shape takes a role of stabilizer, greatly improved its stable action that satisfied us, now the Cranking Shiner “ELBO” was born.

 

This ELBO will be released in the end of February.

 

ELBO will be your great weapon in season 2016.

I recommend you to use this ELBO under the condition of using crank baits, obviously fish is eating baitfish such as a pond smelt.

 

ELBO Products Page

 

*The pictures are just a reference for our blogs, the actual products might be different.

team_blog_banner

 

ELBO - Cranking Shiner - (T-019)

 

 eb_vol120_01

 

我们在此聊一下安装LBO的ELBO的身体形状的话题。

 

仅仅只是追求抛投距离的话,身体形状非常简单并不是那么费心的事情。

 

但是,在开发全新的Cranking Shiner体的项目的路亚时,抖动动作的质量变得非常重要。

 

 

ELBO的身体形状,在开发阶段大体分成3次的形状变更。

 

 eb_vol120_02

 

在那其中,针线孔的位置、长舌板的大小角度、锥子的位置或重量、身体的截面形状等,细数一下的话有数都数不完的试作品,在此特意大体分成容易理解的3类进行说明。

 

 eb_vol120_03

 

首先,A类型。初期阶段的形状。

为了抛出抛投距离的形状,并且单纯地安装LBO的形状,类似游钓鱼状的轮廓,还有达到了作为胖子路亚性能的四方形长舌板。

 

从结论来说,A类型的抛投距离非常出众,但是抖动动作的反应非常差。

也就是说,如果只要求不太过于移动的贴身的抖动动作的MARINE GANG那样的SW路亚的话什么问题都没有,如果作为FW,还有要求迅速的若隐若现的抖动动作效果时,锥子的位置为低重心是一般做法。

但是,LBO跟原来的相比锥子中心有轴而导致重心比较高,所以如果是LBO的锥子的话,通过身体形状有必要将那个锥子的重心降低。

 

 eb_vol120_04

 

因此,大幅度修改了形状的就是B类型。

大概接近最终形状吧。

 

为了让LBO运转,并且在合适的位置将锥子固定,确保LBO必要的空间的同时,安装了比A类型的锥子位置更大幅度向下方将身体膨胀的LBO的类型。

 

通过这样针LBO锥子位置的重心变低,改进成了能迅速地呈现出抖动动作的形状。

 

但是,对于不足80 mm的身体,针对为了做出像胖子路亚那样的抖动动作的身体,长舌板太大了。

鱼线孔的位置或辅助锥子等,即使各种要素都解决后还是没有做出理想的稳定的抖动动作的样品。

 

 

 

因此,进行最终形状C的开发。

 

eb_vol120_05

 

C身体形状,相比B来说如敬礼一样,形成了将后面的部分大幅度向下调整的形状。

 

你有可能会认为“啊?难道只有这么一点吗?”,但这个尾巴向下方向的曲线形状,得到了明显的效果。说如果不做成这个形状ELBO就不成立也不为过。

这个形状的起到了稳定器的作用,抖动动作的稳定性有了飞跃的提升,安装了理想的LBO的Cranking Shiner “ELBO”终于诞生了。

 

 

那样的ELBO,2月末充分准备后进行发售。

 

将成为2016年最大的武器的ELBO。

平时使用胖子型路亚的状况下,明显是捕食西太公鱼等游钓鱼为主要游钓鱼时,选择ELBO来试试看怎么样呢。

 

 

※图片是BLOG用的参考资料,有可能跟实物有差异。