Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > Back to Basic, Xtreme Bait. > ウィードエリア × DEEP-X 琵琶湖ガイド・杉村和哉の必殺ディープクランキング術

ウィードエリア × DEEP-X 琵琶湖ガイド・杉村和哉の必殺ディープクランキング術

back

 

 

 

ディープクランクの持ち味は文字通り、深いレンジのクランキング。使い方はボトムノックや中層のタダ巻きなど様々だが、近年注目されているテクニックと言えば、琵琶湖をはじめとするビッグレイクのウィードエリアを攻略するパターンだろう。その理論を早くから確立し、実践してきたメガバスプロスタッフの杉村和哉さんに、杉村流ディープクランキングのカギを解説してもらった。

 

ウィードエリアのクランキングとは、簡単にいえばクランクベイトをキャストし、リーリングによって潜らせ、ウィードに絡んだらそれを外して誘い、喰わなければ再びリトリーブを続けるという流れ。しかしいざやってみるとそれほど単純ではなく、個々の場面において素朴な疑問が次々に湧いてくる。そんな疑問の数々を杉村さんにぶつけてみた。

 

 

 

●狙うべきウィードエリアのイメージは?

Q: ウィードエリアと聞くと、漠然と藻が茂ったフラットな感じをイメージしますが、実際にはどんなところを狙うのですか?

 

A: よく「ウィードのトップが3m」などと表現しますが、3mできれいに揃っているとは限りません。フラットなウィードもありますが、普通は高さの異なるウィードが混在していると思って良いでしょう。ウィードにはカナダ藻、エビ藻、センニン藻などいくつもの種類がありますが、バスが着くのは共通して「硬いウィード」です。これはバスがストラクチャーフィッシュで、何かに寄り添う性質があるためだと思います。狙うのはこうしたウィードのエッジや、島のように密生したところです。水質的にはクリアよりも濁ったエリアを選んだほうがバスの警戒心が低く、ヒットさせやすい傾向があります。

 

ウィード面はフラットではなく、高さの異なるウィードが混在している。

 

 

● キャストはショートで刻むのか、ロングキャストで広く探るのか?

Q: その不揃いのウィードに対して、アプローチはどのように行っていますか? 目で見える範囲をショートに撃つのか、それとも広い範囲をチェックするのかといったことです。

 

A: 夏場のギルパターンのように、目視できるウィードの隙間をピンポイントで狙い撃ちするケースもありますが、それを除くと圧倒的にロングキャストが有利です。ディープクランキングは飛距離が命。喰わせのテクニックより、1cmでも遠くに飛ばすほうが大切と言っても良いくらいです。

 

 

 

● 杉村和哉のタックルセッティング

Q: 杉村さんがこの釣りに使うタックルを教えてください。

 

A: ロッドはヴァルキリーのVKC-71MH、リールはロジウム63L、ラインはフロロカーボンの16lbです。飛距離優先で考えれば14lbという選択肢もありますが、とにかくキャスト回数が多いので、それによる劣化や消耗は極力抑えたい。なおかつ突然ヒットするビッグバスも確実に獲りたいので、飛距離と強さを両方満たす16lbを使っています。

 

 

 

Q: VKC-71MHはどんなロッドですか?

 

A: このロッドはディープX300と、DX-フリー2.0、3.0の専用ロッド。まさに琵琶湖のディープクランキングのために作ったモデルです。テーパーはミディアムファストで、これまでのクランクロッドと比べると硬いですが、ルアーのウエイトを乗せやすく遠投性能に優れた設計です。また、クランクベイトがウィードにスタックした感触を手元に伝える感度や、ウィードをほぐしたりカットしたりする際の操作性も重視しています。それとヴァルキリーはリアグリップの長さをMAHS(メガバス・アジャスタブル・ハンドリング・システムの略)で自在に調整できるので、最大長にセットしてさらに遠投性能を高めています。

 

>>> VKC-71MH Products page

 

リアグリップはMAHSを使って最大長に調整している。

 

 

● クランクベイトの潜行深度はどこに合わせて選ぶ?

Q: 次にクランクベイトのチョイスですが、たとえばいま、水深4mでウィードが水面下2mの高さだったら、クランクベイトの潜行深度はどちらに合わせていますか?

 

A: 例外もありますが、基本はボトムです。そうすることで高さが異なるウィードの隙間も連続的にトレースできます。潜り足りないか、潜りすぎるかと言ったら、潜りすぎるくらいのほうを選ぶことが多いですね。

 

 

● 杉村的お薦めクランクベイトを3つ挙げるとしたら?

Q: いろいろなクランクベイトを状況によって使い分けていると思いますが、そのなかであえて、杉村的オススメのクランクを3つ選んでください。

 

A: 琵琶湖の沖のクランキングをやるなら、4mダイバーの『ディープX300』と3mダイバーの『DXフリー3.0』、それと『ディープX100 LBO』。この三つは持っていたほうが良いでしょう。

 

>>> DEEP-X300 Products page

>>> DX-FREE Products page

>>> DEEP-X100 LBO Products page

 

 

 

Q: ディープX300とDXフリー3.0の使い分けを教えてください。

 

A: この2つは似ていますが、DXフリーは潜行深度が1m浅いため、水深4mなら普通はディープX300を使います。ただ、ディープX300では刺さりすぎてしまうようなウィードに対しては、あえてDXフリー3.0を使ってウィードのトップを浅めに通すことがあります。DXフリー3.0はディープX300より少しだけウォブリングが強いのですが、浅めに通して深いところからバスを呼ぶときに、この動きの強さが効果的に働くようです。

 

 

 

 

Q: ディープX100 LBOのいいところは?

 

A: もともと使いやすかったオリジナルの動きを受け継いだうえにLBOⅡが入って飛距離が10%くらいアップした実感があり、さらに釣れるルアーになっています。ボディのサイズ感が今の琵琶湖にマッチしている点もお薦めする理由ですね。

 

 

 

● ウィード×ディープクランキングのキモ

Q: では改めて、ウィードエリアのクランキングのキモを教えてください。

 

A: ウィードに絡めることでバスを一点で誘ったり、それが外れた瞬間のリアクションバイトを演出したりすること。でもその前に、まずはウィードの隙間をきっちりトレース出来ていることが最重要。ほぐしたり、切ったりというのはその後のテクニックです。

 

 

Q: ほぐす際のコツはありますか?

 

A: ウィードに絡んだルアーは「ゆっくりほぐして食わせるか」、「ビシッと切ってリアクションで食わせるか」の2通りですが、いずれの場合もロッドの操作はグリップエンドに軽く手を添えて、両手で行うことをお薦めします。

 

ルアーがウィードに絡んだら、ロッドをあおって外す。ほぐすか、切るかはケースバイケース。

 

 

ほぐす際はグリップエンドに手を添えて両手で行うと良い。

 

 

Q: ウィードエリアのクランキングで理想的な展開は?

 

A: 手元までリトリーブしてきたクランクベイトのフックにウィードがまったく付いていない、またはごくわずかの付着のみで戻ってくるのがベストです。ディープクランキングをやり込んでいる人は、毎キャストほとんどウィードが残っていない「健全な状態」をキープできています。反対に、長いウィードを引きずったままルアーを回収するのはNGです。僕の経験ではこれがバスをスレさせる最大の要因であり、警戒して口を使わなくなってしまうことが多いと感じています。針に掛かったウィードは、どんな方法であれその場で外してしまうこと。これは非常に重要なポイントです。

 

戻ってきたルアーにウィードが付いていない状態が理想的。引きずったまま回収はNG。

 

 

Q: まさにその悪い例で、ルアーがウィードに絡んだことが分からず、気が付いたら藻のダンゴに…ということがよくあります。ウィードタッチをいち早く感じるにはどうしたらいいですか?

 

A: 感度のいいロッドとラインを使うことが何より重要です。巻物系にはスローな竿を使う方もいらっしゃると思いますが、僕は感度の悪い竿はディープクランクには適さないと思っているので、感度や張りといった要素はとくに重視しています。また、リトリーブ中のライン角度はロッドに対して90度が基本。ラインとロッドが直線に近くなるほどウィードタッチを感じにくくなります。あとは集中すること、場数を踏むことで防げるようになると思います。

 

感度を得るため、リトリーブ中はロッドとラインの角度を直角に保つのが基本。

 

 

Q: ルアーがウィードから外れたかどうかは、どうやって判断したら良いですか?

 

A: ほぐしたり、カットしたりという動作の際にティップがもたれたら、まだ外れていない状態。竿先にルアーのバイブレーションが伝わってきたらウィードが外れた合図です。バイブレーションを感じたら次の動作に移ってください。

 

ウィードが外れると竿先にバイブレーションが伝わってくる。

 

 

Q: 杉村さんはスナップを使わず直接ラインを結んでいましたが、そのほうが動きがいいとか、ウィードが絡みにくいということがあるのですか?

 

A: 今回はアイにスプリットリングが付いていたため直結しましたが、スプリットリングがなければスナップを使います。そこはとくにこだわっていません。ただ、リングとスナップを両方付けるとルアーの動きが変わってしまうため、どちらかひとつにしたほうが良いでしょう。ルアーの動きは常に意識して、まっすぐ泳いでいない場合はアイを調整してください。これも重要なポイントです。

 

アイを調整して泳ぎを修正。バランスが崩れていると潜行深度や泳ぎに支障が出る。

 

 

● ウィード×ディープクランキングのシーズナルパターン

Q: では最後に、季節別のパターンを順に教えてください。春はいつくらいからディープクランクが活躍しますか?

 

A: 琵琶湖の春先は水温も低くシビアな季節です。3月まではスイミングジグが良く、ディープクランクが本格的に釣れ始めるのは4月に入ってからです。この時期はウィードが少ないので、スタックしたらチャンス。丁寧に、丁寧にほぐすことが鉄則です。ほぐして、ほぐして、外れない場合はカットしてリトリーブを継続します。

 

 

Q: 水温が上がる初夏はガンガン攻めて良いですか?

 

A: 5月~6月はスポーニングでスーパーナイーブな状態です。この時はルアーをじっくり見せないと喰わないので、ワームを使っている感覚で丁寧にほぐしてください。ほぐした後もすぐには巻かず、そのまま浮かせてもいいくらい。あまり動かさず一点でバスを誘う感覚です。トントントン…と軽くロッドをあおって、ほぐしたあとに「ドン!」とくるのが最もよくあるバイトの出方です。

 

 

Q: スポーニング後はどのようなパターンが有効ですか?

 

A: アフターの回復期でハードルアーをガンガン喰いますよ、という状態になったら、ウィードから外すと同時にガンガン巻く。これが初夏から夏のセオリーです。ただし、夏の終わりから秋口になってギルが水面に山盛りに浮いている場合は、ほぐしたり切ったりした後に浮かせる、という使い方で口を使わせます。いわゆるギルパターンですね。その後、晩秋にかけては一年のうちでもディープクランキングが活躍する季節です。

 

 

Q: そしていよいよ冬へ。冬もディープクランクの釣りは有効ですか?

 

A: 冬はとにかく速巻き。低水温だからスローと思うかもしれませんが、一年で一番速く巻くのが冬です。ウィードにスタックした時も“ほぐす”という動作はせずに、ウィードを勢いよくカットして、ルアーを飛ばしてリアクションで喰わせます。カットした後もスーパー高速巻きで、いち早くボトムにガンガン当てていくイメージです。ちなみに僕が言う冬とは、水温が一桁台になる時期。最近はメタルバイブで対応することも多いですが、ディープクランクも有効です。

 

 

● 実釣では早々にミッションコンプリート

この取材は7月下旬の琵琶湖・南湖で決行。滋賀県の当日の最高気温は35.8℃、水温も午前7時で30℃を超えて「煮えた」状態。手堅く釣果を得るなら、取水塔などのシェードを「撃つ」釣りが確実と思われた。

 

 

 

そんななか、セオリー通り4mラインのウィードエリアにディープX300をトレースした杉村さんは、ケースバイケースで“ほぐし”と“カット”を使い分けてバスをキャッチ。早朝の短時間で複数のバイトを捉えて、ウィードエリア×ディープクランキングの効果を証明した。

 

 

 

水温が30℃を超える状況のなか、ディープX300でキャッチ。ルアーのカラーはシャンパンゴールド。

 

季節ごとに狙い方の違いはあれど、ウィードエリアのディープクランキングはほぼ年間を通して通用するテクニック。杉村さんのアドバイスを頭に入れて、ぜひビッグバスにチャレンジしてほしい。

 

 

 

TOPへ

 

 

 

 

As the name indicates, deep cranking is all about cranking in the deep range. There are many ways to do this such as bottom knocks or straight retrieves in the mid-range. A technique that has been garnering attention in recent years is the method of attacking weed areas in big lakes such as Lake Biwa. We asked Megabass Pro Staff Kazuya Sugimura, a pioneer of this method, to explain the key to Sugimura-style deep cranking.

 

To put it simply, weed area deep cranking involves casting, reeling in to let the lure dive, getting the lure amidst the weeds, then pulling it out to trigger bites. If you get no bites, retrieve it and restart the process. However, once you try doing it, it’s not actually so simple. This approach gives rise to many questions, which we took this opportunity to put to Mr. Sugimura.

 

 

 

●What types of weed areas do you target?

Q: When you hear “weed area,” you think of a flat, spread out area. What kind of places are you actually looking for?

 

A: Oftentimes people will describe in terms of the weed tops being at roughly 3m. But that doesn’t mean all the weeds are nicely uniform at 3m. Normally you can expect weeds of different heights to be mixed together. There are many different species of weeds, but what bass prefer are “hard” weeds. I think this is because bass are structure fish and have a natural tendency to park themselves next to something. I try to target the edge of such weeds, or where they are highly concentrated, almost like an island. In terms of water quality, you should go for murky over clear.

 

The surface of the weeds isn’t flat—rather, a mix of different heights.

 

 

● Short casting or long casting?

Q: How do you approach those uneven weeds? Do you make short casts to what you can see directly around you, or do you make long casts to cover more area?

 

A: Sometimes I go for pinpoint casts into spots I have a direct line of sight to, but in general long distant casting is much more advantageous. Casting distance is the backbone of deep cranking. You could almost say the ability to send the lure even 1m farther is more important than hooking technique.

 

 

 

● Kazuya Sugimura’s Tackle Settings

Q: Please tell us about the tackle you use for this type of fishing.

 

A: The rod is a VALKYRIE VKC-71MH, the reel is a RHODIUM 63L, and the line is 16lb fluorocarbon. If you were prioritizing flight distance, 14lb is also an option. You cast so many times, so fatigue is something that needs to be avoided. But you also want to reliably land the big bass that suddenly attack, so I use the 16lb to satisfy the need for both flight distance and power.

 

 

 

Q: What kind of rod is the VKC-71MH?

 

A: This is a specialty rod designed for the DEEP-X300, DX-FREE 2.0, and DX-FREE 3.0. You could say it’s a model custom made for deep cranking at Lake Biwa. It has a medium fast taper, and is stiff compared to previous crank rods, but has a design that really lets you effectively throw the weight of the lure for long distance casting. It has the sensitivity to communicate contact with weeds to your fingertips, and the controllability needed to navigate weed areas. You can adjust the rear grip of the VALKYRIE at will with the MAHS (Megabass Adjustable Handling System), so I have it set to the maximum length to further increase casting distance.

 

>>> VKC-71MH Products page

 

The rear grip has been extended to the maximum length using the MAHS.

 

 

● How do you select the diving depth of your crankbait?

Q: Next let’s talk about how you select your crankbait. If the water depth is 4m and the weeds come to 2m, which one do you go by when selecting your crankbait?

 

A: There are some exceptions, but it’s generally dictated by the bottom. That way you can trace through the gaps between weeds of varying heights. If you had to choose between something a little too deep and something a little too shallow, I would go with the deeper one.

 

 

● If you had to pick 3 crankbaits to recommend?

Q: You probably use many different crankbaits depending on the situation, but if you had to recommend just 3, what would they be?

 

A: If you were cranking at Lake Biwa, I would choose the 4m DEEP-X300, the 3m DX-FREE 3.0, and the DEEP-X100 LBO.

 

>>> DEEP-X300 Products page

>>> DX-FREE Products page

>>> DEEP-X100 LBO Products page

 

 

 

Q: Tell us how to differentiate between the use of the DEEP-X300 and DX-FREE 3.0.

 

A: These two lures are similar, but the diving depth of the DX-FREE is 1m shallower, so in 4m water I would use the DEEP-X300. If the weeds are too thick and the DEEP-X300 is getting stuck too much, I might switch to the DX-FREE and trace higher up where the weeds are a bit thinner. The DX-FREE 3.0 wobbles a bit more, so when you’re trying to attract bass from a bit higher up, that movement helps a lot.

 

 

 

 

Q: What’s good about the DEEP-X100 LBO?

 

A: It has the good movements of the original, it’s easy to use, and with the LBO II it has about 10% more flight distance, making it an even better lure. The size of the body is also a good match for Lake Biwa.

 

 

 

● The key to deep cranking weed areas.

Q: So what are the key concepts behind deep cranking weed areas?

 

A: Luring bass in to a single point by getting the lure snagged in weeds, then triggering a reaction bite the moment the lure springs free. But before that, the most important thing is tracing through the gaps between weeds. “Loosening” and “cutting” are techniques that can come after you master the basics.

 

 

Q: Is there a trick to “loosening”?

 

A: When the lure is snagged on the weeds, you either have the option of slowly loosening it to get a bite, or quickly cutting it free to get a reaction bite. In either situation I would recommend putting your free hand on the grip end of the rod and using both hands to gently lift and “loosen” the lure.

 

Once the lure is snagged on the weeds, pull to get it free. Whether to loosen it slowly or cut it free is on a case-by-case basis.

 

 

When you loosen it, put your hand on the grip end and use both hands.

 

 

Q: What is the ideal cranking scenario in weed areas?

 

A: Ideally, when you retrieve the crank there’s little to no weeds left on it by the time it reaches you. Experienced deep crankers are able to keep the lure clean after every cast. It’s not good to have long pieces of weed stuck to the lure while retrieving. In my experience, this is the biggest reason for lost bites, and it causes bass to be more suspicious and reluctant. Remove any weed stuck to the hook as soon as possible. This is very important.

 

It’s ideal to have no weeds stuck to the returning lure. Dragging weeds along is to be avoided.

 

 

Q: There are times where you don’t realize you've made contact with weeds, and you end up with a big ball of weeds attached to the lure. Do you have any tips for detecting weed contact?

 

A: Using a sensitive rod and line is the most important thing. Some people may use slow rods for cranking, but I think rods with poor sensitivity aren’t well suited for this style of deep cranking, so I put a focus on tension and sensitivity. The angle of the line to the rod should be roughly 90 degrees during retrieve. When the line and rod come closer to being straight in line, it becomes harder to detect weed contact. Aside from that, remember to concentrate. I think with enough experience you will be able to prevent this from happening.

 

To maintain sensitivity during retrieves, keep your rod and line at a perpendicular angle.

 

 

Q: How do you determine when the lure has broken free of the weeds?

 

A: If the tip bends after you attempt to loosen it or cut it free, then the lure is still stuck in the weeds. When you can feel the vibration of the lure at the tip of your rod, then you know it has broken free. Once you feel the vibration, you can transition into the next movement.

 

When the lure breaks free of the weeds, the vibrations are transmitted to the tip of the rod.

 

 

Q: You tied the line directly without using a snap. Does that improve movement or help prevent snagging?

 

A: I tied it directly this time because the eye had a split ring, but if it didn’t have a split ring, I would have used a snap. I’m not particular about it one way or the other. However, if you use both a ring and a snap, then it affects the movement of the lure, so it’s best to keep it to either one or the other. Always be aware of the movement of the lure, and when it’s not swimming straight, adjust the eye. This is very important.

 

Adjust the eye to correct swimming. If it is unbalanced, it will adversely affect diving and swimming performance. Use a snap or split ring—never both.

 

 

● Seasonal patterns to weed deep cranking.

Q: Lastly, please tell about seasonal variations to deep cranking weeds. Also, when does deep cranking start to become relevant during the spring?

 

A: At Lake Biwa, the water temperature is very low during early spring. Swimming jigs remain effective through March. April is when you really start to get results with deep cranks. There aren’t many weeds during this time of year, so if you can get the lure stuck on some, it’s a big opportunity. You want to loosen it very, very carefully and gently. Loosen it, loosen it, and if it still doesn't come free, cut it with a strong rod-pop and continue the retrieve.

 

 

Q: Is it okay to all-out attack during the summer when the water temperature is high?

 

A: From May to June the bass will be spawning. During this time you really have to let them get a good look at the lure to trigger any bites. Loosen the lure very carefully as if you’re using a worm. After you loosen it, don’t immediately reel it in. You can almost just let it float up, keeping it relatively still in order to attract bass to that single point. You can also get bites by giving it one strong tug after many gentle ones in order to loosen it.

 

 

Q: What kind of methods are effective after spawning?

 

A: After spawning, they will go crazy for hard lures. In that situation, you want to reel it in fast after breaking free of the weeds. This is a very effective approach during summer. In late summer into early fall, it’s effective to let the lure float up after it breaks free. We call this the “gill pattern” on Biwa. From then until late fall is when deep cranking can really shine.

 

 

Q: Then we get to winter. If deep cranking effective during winter?

 

A: Winter is all about fast retrieves. You might think it would be slower due to the low water temperature, but it’s the time of the year when you want to retrieve the fastest. You don’t want to take time to loosen the stuck lure, you just want to maintain momentum and cut through the weeds at a high pace to trigger bites.

 

 

● Mission complete in no time.

We conducted this interview in late July at the south side of Lake Biwa. The high temperature that day for Shiga prefecture was 35.8 degrees celsius. The water temperature had exceeded 30 degrees by 7AM. The most effective approach seemed to be targeting shaded areas.

 

 

 

Using the DEEP-X300 in a 4m weeded area, Mr. Sugimura landed many bass through his expert use of both the loosening and cutting techniques. By racking up many numbers in a short amount of time, he proved the effectiveness of weed area deep cranking.

 

 

 

Caught using the DEEP-X300 in 30 degree plus water. The lure color is Japan Gold.

 

While the approach differs depending on the season, weed area deep cranking is a technique that can be used effectively almost all-year round. Please keep Mr. Sugimura’s advice in mind and give it a try for yourself!

 

 

 

TOP