Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.114

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.114

back

team_blog_banner

 

石田です!

 

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.112でご紹介しました「あるルアー」

 

しっかりと読んで頂いた方はおおよそ検討がついたのではないでしょうか?

 

先日、この「あるルアー」を持ってメジャーフィールドにテストを兼ねた動画撮影に行ってきました。

今回敢えて、メジャーフィールドを選んだ理由は、以前お話しした「先代」の強さに劣らない結果と、いかなるフィールドにおける対応力、そして「あるシステム」の効果を確認したかったからです。

 

多くの方が釣りをする時間帯となると、日中の陽が高い時間帯が多いのではないでしょうか。

 

もちろん、仕事の前や仕事の後の良いタイミングで行ける方もいるかと思いますが、全員が朝一に狙っていたポイントに入れる訳ではなく、渋々一級ポイント以外に入るしかないケースは珍しくありません。

 

そうなると時間帯と場所に問われず、結果を出すルアーや映像は、何よりも信頼して頂けるはずです。

 

今回のロケは秋いう事で、魚も足が速くシーズナルの展開としては間違っていない「あるルアー」。

 

しかし、さすが全国屈指のメジャーフィールド。

平日にも関わらず多くのアングラーが朝からポイントを入れ替わり立ち代り入り入るような状況。

 

入れるタイミング以外はピンスポットを避け、狙いでもあった日中の実釣性の高さを実証する為に、ざっくりとエリアを絞りました。

見た目では変化を感じられない護岸の続くストレッチやオープンエリアを潜行深度で届く範囲内のちょっとした変化を見つける事に優れているルアーでもあり、ハードボトムにノックさせ独特のピンボールのようなイレギュラーなアクション加え、小粒なシルエットでもアピール力を高める「あるシステム」で広範囲を探っていきました。

「あるシステム」を導入することにより、音質はボディサイズが小さい為、高い音をアクションピッチに合わせた一定の間隔で鳴り響きます。

 

秋となると散っている魚に出会える確率も増しますが、マッディーウォーターだと特徴でもある小粒なボディがアピール力を落としてしまいますが、濁りが酷いフィールドにも対応できるシステムも採用しています。

 

eb_vol114_01

 

幸先よく拾うことができましたが正直な所、現段階ではもう少しボトムや障害物コンタクトした際のに回避性を高める必要がありそうです。

 

どのエリアも一級ポイント並みの爆発力はないものの、魚は薄いなり確実に存在するし、良いポイントが空くのを待って散々叩かれた後に入るのはなかなかリスキーなため、実は別で魚を探した方が効率も良く、フレッシュな魚に出会える可能性が高かったりします。

 

でも、さすがメジャーフィールド。

日中は他のルアーへ変えてみたり、夕まずめの良い時間に狙い魚を追加しましたが、なかなか簡単ではありませんでした。

 

 eb_vol114_02

 

ですが、メジャーフィールドでの実釣ロケを兼ねたフィールドテストをすることで、魚の反応を見ることができたことは十分すぎる収穫でした。

ロケ地が特異なフィールドだったかも知れませんが、どのフィールドでも対応するための性能を高める為のヒントを与えてくれたロケになりました。

 

もうすぐ「あのルアー」の「あるシステム」について発表がされると思います。

ご期待ください。

team_blog_banner

 

Hi, I’m Ishida!

 

I believe some people might already have a rough idea about “the lure” introduced in MEGABASS Engineering Team Blog Vol.112 , some people who read it super carefully.

 

I went to this major field with “the lure” to take a video and also to test it.

The reason why I chose the major field was to see how it can bring the same result that won’t be any less than “the original” which I’ve told you guys about before, the adaptability to any fields and the effect of “the system”.

 

I believe that the time zone many anglers are fishing would be most likely daytime.

 

I think some can go fishing at the great timing like before or after work but not everybody can fish in the early morning at the best spot where they wish for, and it’s not rare that people reluctantly has to compromise their fishing spots.

 

If that is the case, I’m sure that the lure that have great response regardless hours and spots and the video of the lure will draw your attention!

 

 “The lure” is right for the scene since it is autumn and fish is quick.

 

But it is the prominent major field.

It had been crowded since morning with many anglers changing spots here and there, even though it was only weekday.

 

I roughly chose the casting area instead of choosing the pin-point spot, I cared about the timing of the cast though, to see the fishing result in the daytime which was the main reason.

This lure is great at catching any slight changes in the range at those areas where are hard to see any changes from surface such as areas with continuous sea bank or open areas.

I added a unique irregular action like a pin ball by knocking it against the hard bottom and I searched the wide area with “the system” to enhance its appeal even it has the tiny body.

By introducing “the system”, it makes a high pitch sound, because of the tiny body, in a certain interval along with its action.

 

Although, the probability is high to encounter those fish that are spreading around everywhere when it’s autumn, the tiny body decrease its appeal in the muddy water. But it has also the system corresponding to pretty muddy fields.

 

eb_vol114_01

 

I started with a good luck though, honestly, at this point, I feel we need to enhance the dodging ability when it touches bottom or obstacles.

 

Actually, finding fish at the totally different spot might be effective and you might have a high chance to find fish since there are fish at any areas, it might be not so many like the best spot but there are some for sure, and it’s pretty risky to stick to popular spots where so many anglers have already tried out.

 

Well, it, again, was the major field after all. That was not easy at all even though I changed the lures during the daytime and picked the nice time of sunset. …That’s when I finally got one more fish, though.

 

 eb_vol114_02

 

Yet, I have to say it was really productive because I could see their reactions by conducting the field test while shooting video at the major field.

The field might be too characteristic but the video shooting gave us the hints to enhance the function to correspond to any fields.

 

I believe “the lure” and “the system” will be released in no time.

Stay tuned!

team_blog_banner

 

我是石田。

 

在MEGABASS Engineering Team Blog Vol.112中介绍过的“某个路亚”。

 

认真读过这篇文章的朋友有进行大概猜到了吧?

 

前几天,拿着这个“某个路亚”到大钓场进行了录制视频顺便也测试了一下。

这次特意选了大钓场的理由是,想确认比以前说过的“上一代”的强度更好的结果和不管怎么样的钓场都可以对应的能力,还有 “某个系统”的效果。

 

大部分的朋友垂钓的时间段,应该是白天太阳很高的时间段比较多吧。

 

当然,在上班前和下班后比较好的时机去的朋友应该也有,并不是所有人一大早都可以进入目标位置,只好进入一级位置以外的情况也并不稀奇。

 

如果是那样的话,不管这个时间段和场所,有反应的路亚或映像,应该比什么都能得到信赖。

 

这次的实地拍摄因为是秋天,作为鱼也跑得快的季节的开展一定就是“某个路亚”

 

但是,不愧是全国屈指可数的大钓场。

不管是不是工作日,很多的专业钓手从早上开始位置不断地换来换去的状况。

 

进去的时机以外,避开重点位置,为了验证以白天为目标的实钓性的强度,简单地将区域集中了一下。

也是从外表看感觉不到变化的护岸的延续的直道或开放的区域,在潜水深度中可以到达的范围内稍微有一点点变化都能察觉得到的优秀的路亚,在坚硬底部被敲击,加上像独特的弹子球一样的不规则的抖动动作,虽然是小型的轮廓用提高表现力的“某个系统”广范围地进行了搜索。

通过导入“某个系统”,音质因为身体体积比较小,高音结合了抖动动作间隔不间断地鸣响。

 

一到秋天,碰到分散的鱼的机会增加,如果是浑水,虽然可以说是以小型为特征的身体的表现力也会下降,但采用了很严重的浑浊钓场也能对应的系统。

 

eb_vol114_01

 

开了个好头钓到了鱼,但说实话,感觉现阶段还有必要再加强在触碰到底部或障碍物时的规避性。

 

虽然不管什么区域都没有一级位置一样的爆发力,但鱼很少的现象确实存在,因为等待好的位置而被大家狠狠地敲后再进入的话相当高风险,所以实际上在别的地方寻找的话效果也很高,碰到新鲜的鱼的可能性很高。

 

但是,不愧是大钓场。

白天试试换其它的路亚,在傍晚比较好的时间追加了目标鱼,但并不是一件容易的事情。

 

 eb_vol114_02

 

但是,通过在大钓场进行实钓实地拍摄顺便进行钓场测试,可以看到鱼的反应已经是非常大的收获了。

实钓拍摄的地方有可能是奇特的钓场,但是成了得到不管什么钓场都能对应的提高性能的启发的实地拍摄。

 

应该马上就会发表关于“某个路亚”的“某个系统”。

敬请期待。