Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.105

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.105

back

team_blog_banner

 

「FLYING-X」

 

 

大型台風の発生によって、

海はうねりで荒れますが、バスは高活性!

気圧の変化で浮き気味のバスとトップで遊ぶのが好きな開発員です。

(悪天候時の釣行は、水難事故や崖崩れなどにご注意ください。)

 

 

 

 

今回のネタは、「FLYING-X(フライングX)」。

ワームでも可能なアクションですが、

プラグにしてフッキング率の悪さと飛距離を改善したい。

という考えから発案されました。

案外簡単に出来てしまいそうな水面飛び跳ね系ルアーですが、

ここ2〜3年で一番悩んだのはこのルアーかもしれません。

 

 

 

その理由は、

 

「全く新しいジャンルのハードプラグ」

 

だということです。

 

 

通常のペンシルベイトを早巻きしても、

ぴょんぴょん飛び跳ねることはなく、

シンキングペンシルを早巻きしても、

蛇行することはありません。

 

 

 

改善のためにまず考えたのが、ボディ形状。

ぴょんぴょん跳ねる浮上性がありながら、

左右へ不規則な蛇行をする形状が必要でした。

 

 

 

まずは、ヘッドの下をフラットにし、水を下に受け流す。

これで着水後の立ち上がりの良さと浮上する力を生み出します。

ルアーが水面から飛び出してからは、

腹部のV字形状によって進行方向が左右どちらかに行きたがり、

ラインの張りやジャンプ時のバランスによって進行方向を変え、

左右に蛇行するようにアクションさせることができます。

 

 

 eb_vol105_01

 

 

しかし、そこまでの形状では水面を舐めるように蛇行してしまうことも多く、

ぴょんぴょんと逃げる魚のようなキレのいいアクションとは言えませんでした。

 

 

そこで生まれたのが独特なシルエット。

 

 eb_vol105_02

 

なぜ反らせたかというと、

“水へのからみ方”が重要と感じたからです。

 

 

ラインアイをボディ上部に配置し、

着水時の初めに水に接する位置をボディ前方に移動。

さらに、アクションの安定性とジャンプ時の角度を調整するため、

さらなるアイ調整と重心位置を変更しました。

 

 eb_vol105_03

 

極限まで接水する面積を減らすことに注力することで、

軽快な水離れを実現し、ぴょんぴょんアクションを生み出すことが出来ました。

 

 

長々と書いたように、微妙な調整を施しているルアーなので、

リトリーブ時のロッドの角度(ラインで引っ張る角度)と

水に沈み過ぎないリーリングスピードが

アクションに影響を及ぼします。

使用するタックルによって微妙に異なりますので、

タダ巻きでぴょんぴょんジャンプするロッドの角度と

リトリーブスピードを見つけてもらえればと思います。

 

 

大興奮のバイトシーンも生み出すことのできる、

数少ないルアーの一つだと思うので

エキサイティングな表層の釣りを楽しんで頂けたらと思います!

 

FLYING-X(フライングX)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/flying-x/

 

team_blog_banner

 

"FLYING-X"

 

 

Although the ocean is pretty wild since a large typhoon has occurred, bass is highly active!

Our developers love to play with the bass that is coming to surface since the atmospheric pressure has changed.

(Please take precaution against any accidents while fishing during bad weather!)

 

 

The talk of the day would be the “FLYING-X”!

Worms would do it, but all started from wanting to improve the flying distance and bad hooking rate of plugs.

Lures jumping on the water surface…Sounds easy to make, but actually this lure was the most difficult one for us to make in last 2-3 years.

 

 

 

The reason is…

It was “A whole new genre of hard plug”

 

An ordinary pencil bait won’t jump around when you reel it in fast and an ordinary sinking pencil won’t zigzag when you reel it in fast.

 

 

First, we focused on its body shape to improve.

We needed the shape that can go irregularly left and right and also has buoyance to jump around.

 

 

First, we made the bottom of its head flat to flow the water downward.

By doing so, we created the fast come-back after landing and buoyance.

After the lure jumps out of the water, V-shape belly pushes its direction towards either right or left, therefore you can create the zigzag movement by pulling line or its own jumping.

 

 

 eb_vol105_01

 

 

But it still, the most of the time, just went left to the right on the water surface swimmingly at this point, it was not jumpy like running away baitfish at all.

 

That’s why this unique silhouette was created.

 

 eb_vol105_02

 

The reason why it’s warped is we thought “interaction with water” is the key!

 

We put the line eye on top of its body and we shifted the first point of landing on water towards the front of the body.

Furthermore, we made a fine adjustment on its eye and changed its center of gravity to obtain stability of its action and angle while it’s jumping.

 

 eb_vol105_03

 

By focusing on reducing the area touching water to the littlest, we created springy jumps.

 

As I’ve been explaining, since we put so many fine adjustments to it, your rod angle (the angle you pull the line) on retrieving and right reeling speed (so the lure won’t sink too much) will effect on its action greatly.

Its action may vary depending on tackles, so first just reel it in to find the best rod angle and retrieve speed.

 

I believe this is the one of the very rare lures that can bring you super exciting bite scenes! Enjoy the exciting fishing on the water surface!

 

FLYING-X  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/flying-x/

 

team_blog_banner

 

「FLYING-X」

 

 

由于刮大型台风,海浪的起伏使大海变得很汹涌,但是鲈鱼反而更活跃!

我是一名喜欢在水上面跟由于气压变化而浮起来样的鲈鱼玩耍的开发员。

(天气恶劣去垂钓时,请小心溺水和注意山体滑坡等)

 

这次的主题是“FLYING-X”。

虽然软饵也可以的抖动动作,但是抱着想做成栓型路亚并改善较差的上钩率和抛投距离的想法进行了开发。

虽然看起来应该是格外简单就可以开发出来的水面飞跳系路亚,但是这2〜3年最苦恼的应该就是这个路亚。

 

 

这个理由是“全新种类的硬型栓型路亚”。

 

 

就算将普通的铅笔型路亚快速卷起,

但不是啪啪啪地跳跃,

就算将下沉铅笔型路亚快速卷起,

没有蜿蜒前进的样子。

 

 

为了改善首先想到的是身体形状。

拥有啪啪啪地跳跃浮水性的同时,

左右不规则的蜿蜒前行的形状也需要。

 

 

首先,将头的下部弄扁平,在下面把水挡开。

这样当入水后容易立起来并且会产生浮力。

路亚从水面飞出是通过腹部V字型决定路亚左右前进的方向,

通过线的张力和跳跃时的平衡来改变前进方向,

可以左右蜿蜒样的进行抖动动作。

 

 

 eb_vol105_01

 

 

但是,到目前为止的形状是像舔水面状的蜿蜒扭曲的情况也非常多,

但不能说是那种啪啪啪地逃窜的鱼一样的漂亮抖动动作。

 

因此创造出了新独特的形状。

 

 eb_vol105_02

 

说起为什么要弄弯,感觉到了“挡水方法”的重要性。

 

 

将鱼线别针孔配置在身体的上部,

入水时首先接触水的位置向身体的前方移动。

并且,为了调整了抖动动作的稳定性和跳跃时的角度,

进一步调整了别针孔和变更了重心位置。

 

 eb_vol105_03

 

通过重点将接触水面的面积尽最大限度减少,

实现了轻快的离开水面,呈现出了啪啪啪跳跃的抖动动作。

 

 

如刚刚写的长篇大论一样,因为是实施了细微调整的路亚,

收线时的钓竿角度(鱼线拉的角度)和没有过于沈入水里的卷线速度会影响抖动动作。

因为通过使用的钓具会有细微的不同,只需通过收线找到听啪啪啪跳跃的钓竿角度和收线速度就可以了。

 

 

超级兴奋的上钩场面也能呈现,我觉得应该是比较稀少的一个路亚,

一定会有一场令人兴奋的水面垂钓!

 

FLYING-X  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/flying-x/