FRESH VOICE

マキッパシリーズで夏を釣ろう!

皆さんこんにちは、スタッフ木山です。

いよいよ梅雨も明けて夏本番ですね!

 

個人的には四季の中で夏が一番好きだったりするので、実は梅雨明けをとても楽しみにしていました笑

 

そんな最近の釣行ですが、僕はキジハタやアカハタなどを中心としたロックフィッシュゲームを楽しんでいます。

 

そして、この時期のロックフィッシュゲームではブレードが有効となるシーンが目立つので、マキッパシリーズの出番が圧倒的に増えます。

 

理由としては、朝マズメになるとキラキラとした小魚が接岸してくる事が多いからです。

日本海でも太平洋でもブレードの有無が釣果に直結するシーンに何度も遭遇しています。

 

礁楽SL-72MLBF + ソコッパ 10gロックホッグ2.5インチ

 

ハタの口や胃袋からはカニなどの甲殻類が出てくる事が多いものの、明るくなってからはブレードの有無が釣果に影響している事を考えると、日中は回遊してくる小魚をかなり意識していると思います。

 

ハタ系の魚は基本的に貪欲で、一度スイッチが入ると射程圏内にいる目についたエサは何でも捕食しています。

おそらく夜はエビやカニといった甲殻類をメインに、日が昇ってからは数多く回遊してきて栄養価も高い小魚を捕食しているのではないかと考えられます。

 

礁楽SL-72MLBF + ソコッパ 10gKEMURI CURLY 3.5インチ

 

そのため明るくなってからのデイゲームでは、ソコッパのロックフィッシュチューンにスイミングで使う事が多いハゼドンシャッドSWケムリカーリーをセットして使っています。

 

ソコッパのロックフィッシュチューンとは、純正フックとブレードを取り外して上部のアイにオフセットフックをセット、ブレードのみをテールのアイにセットするという至ってシンプルなチューニングです。

 

 

他にも、マキッパをボトムまで沈めてからリフト&フォールを繰り返してドン!のナイスアカハタ!!

 

礁楽SL-80XHC + マキッパ 30g

 

個人的にワームを使った釣りではワーム自体の動きで勝負したい!という思いからブレード無しのリグで狙う事が多いのですが、ブレードの強さも知っているだけに最近は反応が無いとついついブレードが付いたソコッパに手が出てしまいます笑

 

そしてそんなタイミングでなんと!
マキッパサマーキャンペーンというのがあるそうです!

 

MAKIPPA

マキッパサマーキャンペーン

https://www.megabass.co.jp/site/information/makippa_sns_summer_cp/

 

ルールは非常にシンプルで、マキッパシリーズで釣った魚の画像に#マキッパサマーキャンペーンをつけてSNSにアップするだけ!というお手軽なキャンペーンです!

たったそれだけで限定カラーのマキッパが貰えるなんて!笑

 

開催期間は8/31までと、残り3週間以上もあるのでチャンスも多いかと思います!

 

ロックフィッシュに限らず、夏のデイゲームはブレード系のルアーに反応が良い魚も多いので、ぜひマキッパシリーズを持って釣りに出掛けてみてはいかがでしょうか?^^

木山 弘章