FRESH VOICE

泥濁りは、カゲロウの独壇場でした

こんにちは。
秋田シーバスガイド・ROKUZOUの大友です。
 
最近は八郎潟の放水(アオコ)の影響で海が緑色に濁り、シーバスが酸欠になり釣果が不安定になりました…
釣果が落ち、ガイドがない日はシーバスの一本釣り漁師に変身します(笑)
 
今回は大雨後、泥濁りになった秋田港内を選択!
川が増水し、雨水がアオコを沖に押し流し、酸素も供給されたからです。
 
先ずは漁で定番、最も信頼しているX-80マグナムからキャスト…
ショートバイトが多発、バラシが続き違和感が?…
捕食レンジ棚が合ってないと判断。
 
次にカゲロウ124F を選択、酷い泥濁りなのでスローに巻き、バイトの出方が『ツンツンから引ったくる様に』変わった!
 

4tnovvjcum9pkmfnpvup_480_480-9e8ac99d.jpg

 

zc7k56x3f6pzvbk6idz4_480_480-0cbf8730.jpg

 
ここからはカゲロウ124F《怒涛の入れ食い!》
ルアーと棚(捕食レンジ)が合っているのでほぼバラシなし、1kg未満の小型はリリースして漁は終了。
 

j5mk2mv4t2ozts4bnvg8_480_480-c7e68135.jpg

 
短時間ですが小型のリリースを入れるとカゲロウ124F約30本弱の釣果。
 
 
別の日は!
《8月末発売予定》X-80マグナム、カナタSW、イワシカラーセレクションを水が澄んだ日の漁に使ってみました!
 

un7onohpta3di4ogztmi_480_480-640499dc.jpg

 
言うまでもなく 一軍《抜群》でした。