FRESH VOICE

ポイントを見極め、秋を楽しむ

朝晩は肌寒さを感じる季節になりましたね!

先月までのジメジメ感も無くなり、空気もカラッと気持ち良い‼︎

しかし、気温・水温変化などの影響でターンオーバーが進むフィールドが増え、すべてがプラスとは言えない状況でもあります…。

その対策を含め、秋らしく巻いてテンポ良く狙って行きましょう!

 

 

9月下旬に訪れた山中湖。

標高が高い為、平地と比べ気温が10度前後低く、早い段階で秋を感じられました。

最近の平地の気温より当日は寒かったです…笑

 

・秋のド定番スピナーベイト

特にこの季節は日中と朝晩の気温差が出る為、ターンオーバーする可能性が高いです。

水中の酸素供給や濾過機能、水質の安定し易いウィードエリアは一年を通して言える事ですが特に狙うべきポイントですね。

重点的に攻めるにはスピナーベイト!

1番の強みでもあるウィードレス性が最も発揮されるシーンですが、SV-3の巻き始めから伝わる強烈なバイブレーションはストラクチャーに当たった瞬間アクションの変化が伝わるので、ウィードの有無の確認をしながら無駄なく探れます!

 

石田圭吾

 

 

・応用編スイミングジグ

ウィードエリアを把握した所で、よりタイトにコンタクトさせやすいUOZE SWIMMERが効果的。

スピナーベイトよりアピール力やアクション伝達は強くありませんが、ブラシガード付きと言うこともあり、リトリーブスピードを抑えて誘えます。

ウィードに潜り込ませ、ロッドワークでリアクション的に狙うも有り!

 

石田圭吾

 

 

・プラグも有効な季節

陽が高くなるタイミングで、秋も冬同様に動き出す個体も多いです。

まだ適水温の15度以上でしたが、水温が下がるにつれ、艶かしいワームのテロテロとしたアクションより、ハードプラグならではのフラッシング効果や安定性、キレのあるアクションに反応し易くなります。

ウィードエリアを少し外した周辺をフィネスミノー・X-80Jr.のトゥイッチ&ダートアクションで浮かせて追加!

コンパクトなボディとは裏腹に、広範囲にアピールするダートアクションはオリジナルサイズのX-80トリックダーターに負けていません‼︎

 

石田圭吾

 

富士五湖の中で最も標高が高い約1000メートルに位置する山中湖の釣果でしたが、平地に位置するフィールドでは今現在、もしくはこれからハマるパターンです!

ポイントを見極め、強気にファーストムービング系ルアーをアプローチしてみて下さい‼︎

 

 

■ タックルデータ

ロッド:LEVANTE F4-72LV

ルアー:SV-3 DW 3/8oz

 

ロッド:DESTROYER F4.1/2-71X

ルアー:UOZE SWIMMER 1/4oz + SPARK SHAD 4″

 

ロッド:DESTROYER F2-60X

ルアー:X-80Jr.