FRESH VOICE

バスフィッシング+キャンプで最高な休日

こんにちは!

Megabassフィールドスタッフ・石井 晃太です。

 

キャンプと釣りを一緒に出来たら最高じゃんってことで、バス釣りキャンプに行ってきました!

キャンプ場に池やリザーバーが隣接している場所、釣り人なら最高のロケーションですよね!

 

キャンプ場に着いて、まずはチェックインはしますが、その後、なにもキャンプの準備をせずにいきなり、池に向かいました(笑)

 

その日は日差しが強く、人間の方が参ってしまいそうな暑さ…。

こんな時はバスフィッシングの夏のセオリー、シェード、インレット、カバーを求めて探索。

 

おいしそうなインレットを発見!

しかも 見えバスが……

 

今、ついているルアー、ダークスリーパー2.4inchでサイトを試みてみました!

するとショートバイトでフックアップせず……

 

諦めずに数回同じ付近にキャストを繰り返し、アプローチするとまたバイトしてきました!

今度はバッチリフッキングが決まりました。

ダークスリーパー2.4inchのサイズ感とリアルな見た目でスイッチを入れ、喰わせる事ができました!

 

 

その後もアベレージサイズを数本釣り、その後、キャンプを楽しみました。

 

バーベキューをして、夜はゆっくりとした時間を過ごしました!

 

 

 

次の日の朝。

6時頃に起床し、朝一から攻めました。

アベレージサイズからは反応がありましたがいまいち不発…。

 

1度休憩を入れて、午前9時ぐらいに再開!

 

大きなサイズのバスが回遊しているのを見つけました。

最初は、フィネスな釣りでアプローチしますが、興味なし。

 

タックルを変えてi-SLIDE 135B

バスの進行方向の先にキャスト。

 

グリグリっと早巻きをして、バスの目の前でジャーク!

すると激しいバイト!!

 

ものすごいパワーで抵抗してきますが、上手くいなしてハンドランディング。

ルアーのスナップがグニャグニャに伸ばされていました(笑)

 

無事キャッチでき、ホッとしてメジャーで計測すると51.5cm!

最高にかっこいい50UP!!!

 

 

 

i-SLIDE 135Bのジャークからのリアクションバイト、最高に痺れました!

 

 

浮力調整のために板重りを貼ってますが、1.2gのものを2枚使用しています。

アゴに1枚、リア側にカットしたもの貼っています。

この貼り方で、程よいS字アクション、シンキングチューンが出来ます。

セッティング方法がわからない、または迷ってる方にぜひ試して頂きたいです。

 

その後は50UPの余韻に浸りながら、キャンプギアを片付けて帰宅。

 

皆さんも“釣り+キャンプ”いかがでしょうか?

エンジョイ&リラックス、出来て最高の休日を過ごせますよ!

 

 

■ タックルデータ

ロッド:F2-64LV

リール:FX73sv

ライン:フロロカーボン 10lb.

ルアー:ダークスリーパー2.4inch

 

ロッド:F5-611LV

リール:RHODIUM 63L

ライン:フロロカーボン 14lb.

ルアー:i-SLIDE 135B