FRESH VOICE

蒸し暑くも激アツな梅雨のリバーシーバスゲーム ♪ ~ PROP DARTER i-WAKE ~

コロナ禍による越県自粛要請が解除され、
ようやく気兼ねなく海へと足を運べるようになり、
喜び勇んで竿を振る ♪

久々の釣行は状況分からず、
結局、華麗にノーバイト
だったのですが ・・・ (苦笑)

数ヶ月ぶりの見る 「海」 というものは、
常に山に囲まれて暮らしている者にとっては、
「 やはり滅茶苦茶広いな ! 」 と ・・・ (笑)
改めて畏敬にも似た感動がありました !

無論、単純にノーバイトを
喰らうわけにもいかないので、
勉強がてら深夜、久々の河川内を歩き廻り、
気になる地形をチェックしておきまして ・・・

梅雨真っ盛りの曇天と雨模様の日々の中、
刻々と変化する水量と濁り具合を慮りつつ、
タイミングを計り、再びリベンジ釣行 !

梅雨のリバーシーバスを狙い撃つのです ♪

先日見ておいた川の様子に、
増水による水位の増減と濁りの強弱を考慮 ・・・
それに潮位変化を加味をして状況を想像し ・・・
目星を付けたポイントに立ち込む。

増水によって生じたシャロー域には、
夜間ベイトの群れが避難がてら佇んでおり、
近づく日の出に伴って、
徐々に増していく光量に急かされるのか、
しだいに活気を帯び、蠢き始める ・・・

シャロー域を、いくつかのボールを形成し、
動き回るベイトの群れ ・・・

手始めに、手早く広域を探る為、
遠投の効く CUTTER 115 を広く散らし、
水面引きによるV字航跡で
ベイトを模しつつ、反応を伺ってみる ・・・

水面に線を描きつつ、
無防備に彷徨く CUTTER 115 !

時折、ベイトボールと交錯し、
本日のベイトは何者かと確認してみれば ・・・

5cmほどのハクの群れ ♪

大量のマイクロベイトという状況に、
若干不安が募るが ・・・
曇天と濁り、それにマズメというタイミングが、
少しでもシーバスの警戒心を薄めてくれること
を期待して、ポツポツとキャストを繰り返しながら
タイミングを待つ ・・・

下げ潮で水位が下がり、増水で水没している
このシャローが徐々に干上がり始めれば ・・・
目の前を彷徨くハクの群れは強制的に、
一段奥、ブレイクの向こうへと吐き出される ・・・

曇天の薄暗さに、濁り水の霞、
増水し、水深の増した河川内は、
シーバスが紛れ潜むには絶好だろう ・・・

いずれ始まるであろうボイル劇を期待して、
静かにキャストを続けていたところ ・・・

バスッ ! !

視界の隅で、いよいよ破裂音が上がる ! ?

点在して蠢いていたハクの群れが、勢いを増して
水面を波立たせ、スピードを上げつつ逃げ惑う ♪

ボフゥ ! !

今度は視界奥、逆サイドで野太い音が響く ! ?
即座に視線で追えば、
一瞬水面が軽く盛り上がった後、
渦を巻くようによじれている ♪

期待を込めて CUTTER 115 を投じる。
少し沖目に投げ、慌てふためきつつ
シャロー域に戻ろうとするハクの群れを
イメージしつつ、リトリーブを続けると ・・・

パァン ! ! !

乾いた破裂音と共に、
カッター 115 が水飛沫に包まれ ・・・

ミスバイト ・・・

周囲のハクが放射状に一斉に逃げ惑い、
音を立てて水面が揺れている ・・・

状況は悪くない。
マイクロベイト的な心配は薄そうだ ・・・

ミスバイトの原因は ・・・
濁りによる視認性の悪さで、
カッター 115 の水面引きスピードでは、
早過ぎる感じだろうか ! ?

そこで試しがてらとりだしたのは ・・・

PROP DARTER i-WAKE !

水面に反応してくれる状況下で、
リトリーブスピードの問題なら、
デッドスローリトリーブを本旨とする
このプロベラ君の出番ではないかと ! ? (笑)

ハクボールの位置を鑑みつつ、
ブレイク向こうに i-WAKE をキャストし、
着水後は、V字の航跡を描きつつも、
可能な限りのデッドスローリトリーブで、
ブレイクまでの深度のある水域水面を
丹念にスローに誘ったところ ・・・

バフッ ! !

ノタノタと泳ぐ i-WAKE を一瞬で突き上げ、
立ち上がった強烈な水柱 ! ?

反射的に止めたリトリーブに、弛んだ
ラインテンションが、一瞬で再び張り詰め ・・・
直後、ワンテンポ遅れて伝わってきた
荷重に向けて、夢中でロッドを煽り、
フッキングを打ち込む ! !

ラインの先の重みに吸着感が生じれば、
途端にリールは逆回転し始め ・・・
久々に鳴り響くドラグ音に感動 ♪ (笑)

茶色い濁り水の中を、一気に沖へと走りだす魚 !

大きく弧を描くロッドの、グリップに伝わる
重々しい抵抗感を強く握り込み ・・・

「 絶対抜けるなよ ~ ♪ 」 と強く願う。 (笑)

派手にドラグを鳴らして、距離をとった魚は、
沖で一気に浮き上がり、半身晒してエラ荒い ! !

コロナ自粛解禁後、1発目にして
明らかに良い型に心踊る ♪ (笑)

しばらく渓流魚としか対戦していない私には、
新鮮、且つ、過剰とも思える暴れっぷり ♪

フッキング状態は良いらしく、
危ない感じはしないが ・・・
如何せん、すこぶる元気でサービス良く・・・
2度、3度と沖へ走っては
激しいエラ洗いを披露して魅せてくれる ♪

久々の大型魚とのやりとりを
十二分に楽しませてもらい、
いよいよ疲れの見えたところで、
優しく丁寧に浅瀬にズリ上げ、
無事ランディング ♪

ハクをたらふく捕食しているのでしょう !

体高のあるパンパンに太い魚体 ♪

傷ひとつ無い、堂々たるスズキさんでした !

梅雨の長雨で流れ下る冷えた雨水は、
温まった海水と混ざり合い汽水域を適温に保ち
結果、豊富なベイトを河川内に呼び込み ・・・
梅雨の長雨で生じる増水した流れと濁りは、
やはり河川内に大型のシーバス達を誘います。

好条件が重なる美味しいタイミング ♪

手軽にシーバス達と遊べる、この梅雨時期を
蒸し暑さに巻けず、是非楽しみましょう !

コロナ禍で、依然として混沌とする
世の中でありますが ・・・
自然のサイクルは、変わらず回っていて、
例年通りに魚に出会える事、
水辺で遊べる日常に、改めて感謝であります。

今回の使用タックル

ロッド : SHADOW-XX SXX-96ML
リール : シマノ 3000
ライン : PE 1号
ルアー : PROP DARTER i-WAKE ( 和銀セツキアユ )