FRESH VOICE

トライ&エラーで絞り込む ! ~ KAGELOU 100F ~

普遍とも思えない、お魚さんの好みを

手を替え品を替え

水辺で竿を振ることで理解しようとする ・・・

この崇高な行為よ ! (笑)

梅雨の貴重な晴れ間 ・・・

タイミングを見計らい、
潮の効く日中、

例のスリットを叩く !

光量の無い夜中は、魚の警戒心薄く
「 ド 」 がつくシャロー域にも平気で、
しっかり、ちゃっかり魚は忍び込むわけだが ・・・

朝マズメを過ぎ、
曇天とはいえ、陽の射し込むシャロー域は ・・・

さすがに魚も躊躇する。

その警戒心を解く為には、
濁りが必要なわけだが・・・

濁りと共に増水し、
ある程度以上に水位が上昇してしまうと、
今度はベイトが、より安全なシャロー域に
留まることができてしまうらしく ・・・

結果、流れは華やがない ・・・

フィッシュイーターの警戒は確実に薄める程に、

適に濁り・・・

ベイトの逃げ場は増え過ぎない程度に、

適に増水 ・・・

この按配が微妙で悩ましい ・・・

ではその 「 微妙な按配 」 を把握するには、

どうするのか ?

「 現場に立つ ! 」

これに尽きる ! (笑)

条件の異なるタイミングで、
釣り場を見知ることにより、
魚にとって、どの要素が重要なのか ?
釣り場で肌で感じて、理解するしかない。

魚が何を好むのか ・・・ ?

そして何を嫌うのか ・・・ ?

この日、用意した カゲロウ 100F は・・・
いかにもベイトライクなイワシと
半透明なイエローヴィーナスの2色

普段、濁りの場面と、速攻勝負の為に常備
しているドチャートを、意図的に外しての選抜 !

ナチュラルにして実績十分なイワシは
オールラウンドに無難 ・・・

ドチャートが強すぎる印象の濁り状況には、
イエローヴィーナスくらいのインパクトが
丁度良いのではないかという・・・

完全なるですが・・・(笑)

この2色を同じポイントに投げ入れつつ
交互に流れを斬っていく。

その結果は・・・

同じ立ち位置にて、流れを斬るように
ダウンクロスで投じていた KAGELOU 100F

イエローヴィーナスを散らし投げたキャスト位置に
GGイワシにカラーチェンジ後の一投目 !

着水直後、 カゲロウ にレンジを入れての
巻き始めに ・・・

ゴン ! !

水深の無さにジャンプできず、
ひったすらシャローを走り回り、
ガウス のドラグを鳴らしまくってくれました ♪

タイミングを計った釣行

「 濁り 」 と 「 増水 」 の按配は見事的中 ♪

その一方で・・・

水色を慮ったつもりの、
私のカラー予想は見事玉砕 ・・・ (苦笑)

とまあ、こんな感じに釣行の度、
予想通りも、期待外れも多々ございまして、
次々と生じる新たな疑問は尽きませんが ・・・

解決方法は常に分かっていて ・・・
結局やっぱり ・・・

状況を変えて釣り場に立つ !

これに尽きる ! (笑)

なに心配はありません !
お魚さんは、必ず正解を教えてくれますから ♪

今回の使用タックル

ロッド : Shadow-XX SXX-96ML
リール : GAUS 30X
ライン : DRAGONCALL 8braid PE 1号
ルアー : KAGELOU 100F ( GG IWASHI )