FRESH VOICE

有明海ボートシーバス

6/14 早朝より有明海に出撃。

少しバスを離れてシーバスを狙いに行った。

出船してすぐ満潮。

 

 

狙っているストラクチャーの水深が3.5m、魚探の反応は2.5mにあるということだったので、まずはDEEP-X100 LBOで攻める。

杭の並びと平行に撃っていき、もう完全にバス釣りの感覚だ。このように物を狙うにはバスタックルはとてもやりやすい。

 

 

 

DEEP-X100 LBOでさっそく反応があった。

サイズは決して大きいとは言えないが数が伸びた。

 

サイズアップを狙ってワンテンマグナムフラップスラップLBOを投げるがこの時間は潮の流れが完全に止まっており、サイズアップは潮が動き出してからに期待となった。

 

 

 

 

ポロポロと釣っているうちに2時間が経過し、あっという間に下げ潮が始まる。

それとともに杭に激しく潮流が当たって渦巻いている。このような状況ではある程度スピーディーに巻きつつしっかり水を動かしてアピールできるクランクベイトはミノーなどで狙うより遥かに強い。

みるみる潮位が下がり、狙っているストラクチャーの水位が2.5mを切ったところでKNUCKLE LDを投入した。

 

まずは50UPのクロダイ

 

そして90オーバーのシーバスが一瞬フッキングしたのだがバレてしまった。

それでも70cmがまた食ってきた。

 

 

フィッシュイータの本能に直撃するルアーの動きはバスでもシーバスでも構わず食ってくる。

クランクベイトでもシーバスは釣れる。