FRESH VOICE

華やぐ春のベストシーズン始まりかな ♪ ~ MARINEGANG 140S ~

スタートから華やいだゴールデンウィーク ♪

飛び交う釣果情報に、
否応なく惹きつけられる釣り人 ! (笑)

日々変化する状況に戸惑いつつ ・・・
釣り人の多さに困惑しつつ ・・・

それでも、なんとか魚に出会えるのは、
ゴールデンウィークという時期の素晴らしさか ♪

5月3日早朝、夜明け前
富士川河口にて竿を振る。

ここまでの経緯としては ・・・

ゴールデンウィーク前半は、地元の渓流にて
放流魚(アマゴ)相手に、色々試しつつ遊び、
聞こえてくる海の状況に合わせて
釣行タイミングを計ろうと、
状況を窺っていたのですが ・・・

早々に海へと釣行した友人から、
連打するバイトとシーバスの釣果報告を受け ・・・

その翌日には、別の友人が釣行し、
80cmのスズキを捕獲 ・・・

さらに翌日には、
地元ブロガーの猛者が、前日釣り上げた
モンスターヒラメの釣果
が公開され ・・・

完全に乗り遅れた感満載な私は ・・・ (笑)
この後、予想される人混みに、
しばし釣行を控えておりました。

そんな中、連休中、富士川サーフへと通い込んだ
友人からは、連日周囲でパラパラと釣り上がる
ヒラメの釣果情報が届けられ ・・・


最終的に・・・
その友人から
満面の笑顔でブツ持ちした
グッドサイズ ( 65cm ) のヒラメの写メが
届いた時点で ・・・

「 さすがに辛抱たまらん ! ! 」

・・・ と、車にソルトタックルを放り込み、
ダッシュで深夜の富士川サーフへと
走ってきたという流れ ・・・ (笑)

そして現在 ・・・
深夜より河口にて期待に胸膨らませて、
竿を振り続けているのだが ・・・

一切アタリは無い ! ! (爆)

オイオイ ?
どうしたんだい ?

私が聞いていた話では、
シーバスのバイトが連打するはずなのだが ・・・

ベイトは基本、鯖っ子で、そこにイワシが混ざれば
モンスター遭遇率アップの激アツ設定だと
伺っていたのだが ・・・

何だろう ?

目の前の海に、ベイトも含めて
魚の気配を感じないのは ・・・ (爆)

状況が変わった ?

ああ ・・・ そうだろう ・・・
それならよ~く分かっている ・・・

先日釣行した際
私が釣った河口は、西を向いていた。

その数日後釣行し、多数のバイトを得たという
友人の話では、河口は真っ直ぐ
海へと注いでいたということだった ・・・

そして現在 ! !

私の目の前にある河口は、
どう頑張って贔屓目に見ても、
思いきり東へ流れ出している ・・・ (爆)

聞いていた話と、全く異なる状況を
黙々と噛み締めつつ ・・・

次々と胸の奥に生じる何かドス黒いモノを、
真っ暗な河口の流れに乗せて吐き出しながら、
何とか平常心を保ちつつ ・・・ (笑)

ひたすらキャストを続ける !

この日の状況は、無風。
河口は数日前の降雨によりちょっぴり増水、
やや濁っており、シーバス狙いには本来適 ♪

連日好調なヒラメの釣果位置には遠いが ・・・
この濁りが多少のヒラメを河口域に誘い、
スズキもヒラメも楽しめるのではないかとの
予想で河口に立ってみたのだが ・・・

微妙な波のウネリが、
河口の水深とケンカしていて、
何ともルアーコントロールしづらい状況だった。

中途半端な水深の河口域
スタックの危険回避に投じたはずの
フローティングミノーは、増水した河口の流れに
入った途端に潜行、
ゴツゴツとボトムを叩き始め、
そこにウネリが加わると、
途端にトレースが破綻 ・・・

できれば微妙な水深域の中層を、
泳ぐでなくとも、漂うようにルアー維持したく !
増水した流れと、大潮の満ち潮がせめぎ合う
流速を感じつつ、この状況に合った
絶妙なウェイトのシンキング・ミノーを吟味 ♪

結果、辿り着いたのが ・・・

MARINEGANG 140S !

ウネリの向こうに遠投しリトリーブ、
河口域のシャローに侵入し、流れに入れば、
ボトムを小突くでなく、水面に浮くでなく、
絶妙なレンジで流れを斬ってくれた ♪

夜明けが近くなり、
続々と浜に釣り人が現れ始める。
友人達もマズメに間に合うよう釣り場に現われ、
気軽に 「 調子はどう ? 」 などと挨拶してくる ・・・

当然、ドス黒い闇を抱えてしまった私は、
嫌味混じりに ・・・ (笑)
「 1mmもアタリませんよ ♪ 」 と答えたのだが ・・・

その直後だった ・・・

ゴス ! ! !

ジジジィィーーーー ! !

突如リトリーブが止められ、
フッキングする間も無く、
問答無用でドラグが鳴り始める ! !

「 キタ ・・・ ! ? 」

前言を取り消し ・・・
申し訳無さげに友人らに宣言する ! (笑)

確か マリンギャング はスローリトリーブで
河口の流れを横切り、ピックアップ間近の
流れの緩い水深60~70cm程度のシャロー域を
泳ぎ出したところだったと思う ・・・

相手はバイトした後、
即座に河口の流れに乗り、
激しくドラグを鳴らしながら、
グングン沖へと走って行く ! ?

フックアップした位置と、
その止まらないパワフルさに、
次第に何だか悪い予感がしてきて ・・・

「 エイの背掛かりかも ・・・ 」

と、申し訳無さげに友人らに報告している ・・・ と !

ズドドドーン ♪

ドラゴン・コール が確かに伝えた
魚のテールウォークする感触 ♪ (笑)

「 やっぱシーバスです ♪ 」

またも前言を取り消し、
ドラグを締めつつ、反撃を開始する ♪ (笑)

河口の流れの先、
真っ暗な沖へと伸びているライン
時折左右に走りつつテンションが緩み、
沖でシーバスの暴れる動きが伝わる ♪

躍動するロッド

待ちわびた感触 ♪

伝わる魚の生命感に、
胸に抱いたドス黒いものが
みるみる綺麗に消化されていく ・・・ (笑)

ムッチリ太ったスズキさん ♪ (75cm)


夜中から私と一緒に
ずっと河口に居たとは思うのですが ・・・
朝マズメ前の時合到来で、
やっとこさ ・・・ 口を使ってくれました ♪ (笑)

ルアーを食ってきた位置が位置なだけに、
群れという感じは無く ・・・
連発は期待できないだろうなと思いましたが、
予想通り、この後は続かず ・・・

この一発でシーバスは打ち止め ・・・
貴重な一撃となりました ♪

この後も、マズメを迎え、陽が昇るまで
今度はヒラメを期待して、
引き続き河口で竿を振りましたが、
残念ながら私を含め、周囲では釣果は出ず ・・・

ここ数日のヒラメ釣果がでていた
実績ポイント周辺にて1匹づつ(計2匹)
50前後のヒラメの釣果を確認して、
この朝は終了となりました。

さてさて ・・・
数日前のまとまった雨やら、
連日のウネリやらで、
釣り場状況の変化激しく ・・・
だいぶ事前に得ていた情報と異なり
面食らう展開でありましたが、
何とか運良く魚に触れることができました。

状況的には、もう少しシーバスっ気があっても
良いとは思うのですが、
少なからず連休によるプレッシャーの
影響もあろうかと思われ ・・・

逆に、春のベストシーズンの始まりの
タイミングにあたるゴールデンウィーク
だからこそ、キツいプレッシャーの中でも
何とか魚がいて、時合のタイミングに
ようやく口を使ってくれたかとも思われ ・・・ (笑)

まあ間違いないのは ・・・
良い時期が始まったということですね ♪

今回の使用タックル

ロッド : Shadow-XX SXX-100M
リール : SHIMANO 4000
ライン : DRAGONCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : MARINEGANG 140S ( GG RAINBOW )