FRESH VOICE

見えバスに翻弄されがちな、この時期に!

こんにちは!

Megabassフィールドスタッフ・石井晃太です。

 

4月になり水温が上昇し、バスがシャローに差してきたり、回遊している姿をよく見かける様になりました。見えバスに翻弄され、あまり釣果へ繋がらないことが多く、難しいなと感じる時期の1つです。

 

フィールドの地形変化をしっかりと把握して、必ずバスが通るエリアをキッチリ攻める事が最近の釣行でのキーポイントになりました!

そこで使用したのが、僕の定番ルアー・ダークスリーパー
ブレイクをボトムバンピングで丁寧にサーチ。
「コンッコンッ」と啄ばむようなバイトの後にラインがゆっくり走りフルフッキング!

ブレイクや岸沿いはレンジを上げてONETENシリーズでジャーキングでアピールして魚にスイッチを入れて喰わせる。
その中でも、新製品のONETEN LBOに使われてるウエイトシステム「LBO II」の恩恵で飛距離が飛躍的にアップしてますので従来のジャークミノーでは届かなかったエリアへ通すことが出来るこれは陸っぱりでもかなりのアドバンテージになります。

使い方は
「ジャーク→ジャーク→タダ巻き→ジャーク→ジャーク→タダ巻き」
の繰り返しが最近効果的のようです。

この日は見えバスが見えていましたが数は少なく、雨が降っていて少し冷え込み普段よりバスのレンジが下がったのではないか?と思い、ブレイクのさらに一段下のレンジをサーチ。この時使用したルアーはDEEP-X LBOシリーズです!

レンジが落ちたバスをDEEP-X100 LBODEEP-X200 LBOで展開する2パターンのレンジでのサーチがオススメです!
今回はDEEP-X100 LBOのほうにバイトしてくれました!

この時期は見えているバスがたくさんいるので翻弄されがちですが、見えていないバスもしっかり居ますので地形、パターンを掴んで狙ってみるのもいかがでしょうか?

■ タックルデータ

ロッド:F3-610X

リール:IS71HL Hyper Lariat

ライン:DRAGONCALL MILD FLUORO 12lb.

ルアー:DEEP-X100LBOVISION ONETEN Jr.

 

ロッド:F5-68X

リール:IP68

ライン:DRAGONCALL MILD FLUORO 16lb.

ルアー:DARK SLEEPER 3inch(1/2oz.)ONETEN LBO