Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.79

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.79

back

team_blog_banner

 

今回のエンジニアブログでは、ソルトルアー開発チームが秘密裏に進めてきた、ニューコンセプト・オフショアジグがついに解禁です。

 

その名も「巻きジグ DROP」。

近海ジギングでご好評を頂いている「巻きジグ VOLT」に続く、巻きジグシリーズの第2弾です。

 

 eb_vol79_01

 

偏平でコンパクトなボディに、最大の特徴であるウィローリーフブレードがボディから突き出たワイヤーを介して付属、ブレード直上にアシストフックがセッティングされます。

スロー系でも、ロング系でもない、そしてVOLTのような漁具系でもない、全く新しいカタチのオフショアジグ。

以下に、その狙いと性能を解説していきましょう。

 

 

DROPの最大の特徴であるブレード。

回転による光と波動がもたらすブレードの効果は絶大で、従来から様々なジャンルのルアーに取り入れられてきました。

しかし、オフショアのジギングシーンに関しては、このブレードを装着したジグがほとんど存在しません。

その主な要因は次の3点と思われます。

①ブレードの回転に釣られてボディ本体が回転してしまう。

②ブレード性能とフッキング性能が両立しにくい。

③巻き抵抗や流されにくさ、トラブルレスといった性能確保が難しい。

 

ロング系やスロー系といった従来ジグをブレードチューンすることは非常に簡単で、ジグのリアアイにスイベルとブレードをつければすぐ出来ます。

チューニングや創意工夫が好きな方なら試されたことがあるかもしれませんが、実際にこれをやってみると、まず①の壁に当たります。

キャスティングで使うような重力方向へ腹下にバランス取りしてあるルアーでは問題ないのですが、バーチカルジギングではブレードの回転慣性がそのまま本体に伝わって、通常のジグ形状ではボディ自体がかなりの勢いで回転してしまうのです。

 

これを承知で使ったとしても、次に②の壁です。

やはり集魚力のあるブレードチューンにより、ブレードへのアタックが増えるのですが、効率的にフッキングするようにブレード周りにフックセッティングすることが難しく、無理にフックを近づければブレードが回らず、かといってフックをブレードから離してフロントアイ等にセッティングするとフッキングが悪いというジレンマに陥ります。

 

①や②の壁を我慢して使ったとしても、ボディ回転による巻き抵抗の増加や糸ヨレ、フックやラインへのブレード絡みといった③のようなトラブルも増え、結局ブレードが無いほうが釣れるよね、というのが今までのオフショアジギングシーンでのブレードの扱いであったかと思います。

 

しかし、これらの壁をクリアすれば、全く新しいジギングの世界が開けるはず。

開発チームでは、ジグにブレードを用いるための、専用のボディ、セッティング方式を突き詰めていきました。

 

 

まずはブレードを付けても回転しないボディ。

テストの結果、最も回転しにくい幅広で偏平なボディ形状を突き詰め、合わせて潮にも流されにくいコンパクトな形状に落とし込みました。

専用設計ボディによる従来ジグとの差は一目瞭然です。

 

 eb_vol79_02

 

次に、ブレードやフックといったパーツのセッティング方式。

水流抵抗の発生するボディからワイヤーで少し離した位置にブレードを接続することにより、ブレードの回転性能を高めると共に、そのクリアランスを利用してブレードの直上にフックポイントが位置するよう、フックアイ及びアシストフックをセッティング。

これにより、ブレード性能とフッキング性能を両立し、ブレードへのバイトを確実にフッキングさせることを可能にしました。

 

ブレードの接続方法は、スイベルとクレビスの2つでテストを進めましたが、回転性能と巻き心地の軽さ・フォールスピードの速さよりスイベルタイプを採用。

スプリットリングで接続しているため、ブレードは自由に交換可能です。

 

 eb_vol79_03

 

実際の使用方法としては、巻きジグシリーズに共通の、落とした後「巻くだけ」。

難しいロッドアクションは不要で、対象魚に合わせてリトリーブスピードを変えるだけで様々な魚がキャッチできます。

ドテラ流しの状況でも、リトリーブスピードとフォールの調整で長時間のヒットレンジでのアピールが可能です。

 

青物狙いの場合はミディアム~ファーストリトリーブ。

ジグを回収するくらいの速さも効果的で、実釣のジグ回収中に何度も青物をキャッチしています。回収中のヒット率の高さも特筆すべき点かも知れません。

 

根魚狙いの場合はスローリトリーブ。

スロージギングのように、ボトム付近(ボトムから5~10m程度)を巻いては落とすの繰り返しで、効率的にキャッチできます。

 

また、大きなジグには反応しづらい魚種もブレードには反応しやすく、思いがけないような釣果も得られます。

特に小型のベイトフィッシュが捕食されている場合、効果を最大限に発揮します。

 

ニューコンセプト・ジグ「巻きジグ DROP」は150gと180gの2タイプで5月末に発売の予定です。

皆様、楽しみに!!

 

MAKI JIG DROP  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/makijig-drop/

 

eb_vol79_04

※写真はプロトです。

team_blog_banner

 

At this Engineering Blog, the new concept offshore jig will be finally revealed which Saltwater Fishing Lures development team have been keeping behind the scene.

 

The name is “MAKI JIG DROP”.

This is the MAKI JIG series number 2 following “MAKI JIG VOLT” which is popular at inshore jigging.

 

 eb_vol79_01

 

Flat and compact body with a willow leaf blade, which is the best feature of this, is connected to the body by a wire that is sticking out of its body, and an assist hook is also set right above the blade.

This is the totally new shape offshore jig which doesn’t belong to slow type, long type nor fishing gear type such as VOLT.

 

The blade which is the best feature of DROP.

The effects of light and wave motion that the blade brings have been applied to various kind of lures for years since these effects are phenomena.

But, we’ve never seen such a jig with the blade at offshore jigging.

I assume the following is the 3 main reasons.

  1. The body itself starts rotating as the blade rotates.
  2. It is hard to have both blade and hooking performances at the same time.
  3. It’s hard to keep better resistance while reeling in, staying one place and trouble less.

 

It is very easy to tune up the blades of ordinary jigs like the long type or slow type which you just simply put a swivel and a blade onto the rear eye of the jig.

If you are the person who likes to tune or create stuff, you might have already tried this and slammed into the wall no.1.

The lures that are designed to keep balance towards gravity direction set under its belly to be used for casting are no problems but the ordinary jigs will start rotating so fast since blades’ rotatory inertia affects its body at the scene of vertical jigging.

 

Even you accept the rotation, you will encounter to the wall no.2.

The number of fish attacking the blades will increase if you tune up to the blade that has great fish attraction, however it is difficult to set a hook around the blade to get the effective hooking as we’ll fall into the dilemma when we set a hook close to a blade then the blade stop rotating and when we set a hook to something like a front eye far from the blade then you’ll get hardly any hooking.

 

Ok, let’s close our eyes to problem no.1 and no.2 but we still will encounter to problem no.3 such as increasing the resistance while reeling in, line twisting, and tangled blade to a hook or a line and it leads to the result “ok, it’s better if we have no blades” in the end. I believe that’s the typical story of dealing with blades at the offshore jigging so far.

 

But if we clear all of these walls, there must be whole new jigging world out there.

Our development team had been focusing on making the original body and setting to adopt a blade into the jig.

 

First, I’ll talk about the body that won’t rotate even it’s attached to a blade.

After the testing, we’ve figured out the best stable body shape to prevent the rotation which is wide and flat, and it’s also compact so that it’s hard to be swept away at the same time.

The difference of this originally designed body from any other ordinary jigs is very obvious.

 

 eb_vol79_02

 

Next, I’ll talk about the setting of the parts like a blade and a hook.

By connecting a blade with a wire keeping a little distance from the body that receives resistance of a water current, we can set a hook eye and an assist hook to position a hook-point right above the blade by utilizing of the clearance as well as we can have the higher performance of the blade rotation.

By doing this, we get great performances on both blade and hooking which turns the “biting blades” into “certain hooking”.

 

It comes to the blade connection, we’ve tested both swivels and clevis pins and we decided to use swivels because it delivers better rotation, lighter resistance while reeling in and the better fall speed.

You can change the blades freely since we used a split ring to connect them.

 

 eb_vol79_03

 

Using this is pretty simple. You just drop and reel in which is common to MAKI JIG series.

You don’t need any difficult rod actions, you can catch various fish by changing the retrieving speeds depends on what type of fish you are aiming for.

You can appeal to fish for a long time within the hit range by adjusting the retrieving speeds and the fall even while you’re fishing from a floating boat.

 

Go with medium to fast retrieve when you are aiming for blueback.

The speed you are simply withdrawing your jig is also effective, we caught blueback so many times with the speed while we were just pulling the jigs out. I think the high hitting rate while withdrawing is worth mentioning.

 

Go with slow retrieve when you are aiming for rockfish.

Repeating of retrieves and drops close to the bottom (around 5-10m to bottom) like slow jigging is very effective to catch.

 

The fish that hardly reacts to big jigs will easily react to this blade, you’ll even get surprising fishing results sometime.

Especially it works the best when the small bait fish are preyed on.

 

New concept jig “MAKI JIG DROP” will be released at the end of May with 2 types which are 150g and 180g.

Don’t miss it!

 

MAKI JIG DROP  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/makijig-drop/

 

eb_vol79_04

 * The photograph is a prototype.

team_blog_banner

 

这次在Engineer Blog里, 海中路亚开发团队秘密研发的新概念海钓金属路亚终于公开了。

 

它的名字是“卷状金属路亚 DROP”

是续在近海金属路亚钓中深受好评的“卷状金属路亚VOLT”后,卷状金属路亚系列的第2个炮弹。

 

 eb_vol79_01

 

柳树叶子金属亮片

在偏平的小型的身体上,通过从身体伸出来的鱼线进行安装,在亮片的正上方直接安装副钩是它最大的特征。

既不是慢系列,也不是长系列,更不是像VOLT样的渔具系列,而是完全崭新的海钓金属路亚。

以下,对它的目标及其性能进行解说。

 

DROP最大特点的亮片。

旋转时产生的光和波动使亮片达到最大的效果,从过去各种类型的路亚中引进的。

但是,关于金属路亚钓,安装这种亮片的金属路亚几乎不存在。

其主要的原因应该是以下3点。

①  金属亮片旋转时带动身体的主体也会旋转。

②    亮片的性能与鱼钩的性能不容易同时体现。

③    收线阻力和难流动、无故障等性能很难保证。

 

非常简单地将长系列和慢系列等以往的金属路亚进行金属亮片调整,如果在金属路亚的后别针孔上安装旋转接头和亮片就马上可以。

喜欢对最佳调整和创意下工夫的朋友可能尝试过,在实际操作时会遇到上述①的麻烦。

像在抛投垂钓中使用的在引力方向的腹部下方取得平衡的路亚是没有问题,但在垂直金属路亚中亮片的旋转惯性会直接传达到主体,通常的金属路亚形状会导致身体自身大幅度地旋转。

 

接下来,即使在理解上述内容下使用,也会出现第②会出现。

还是通过使用集鱼力较强的亮片调整,对亮片的攻击会增加,但是为了能有效率的上钩,在亮片的周围安装鱼钩非常的有难度,如果勉强地接近鱼钩的话,亮片会不旋转。然而如果将鱼钩离开亮片,将它安装在前别针孔等处时,会陷入上钩率很差的困境。

 

即使忍受着①和②问题点使用的话,身体旋转带来的收线的阻力增加和扭线,鱼钩或鱼线缠绕在亮片上的像③一样的故障会增加,结局导致没有亮片会更加容易上钩这种情况是至今为止对待海上金属钓的亮片使用的观点。

但是,这些问题解决的话,必将打开全新的金属钓世界。

开发组为了在路亚上安装亮片,开发了专用身体和组装方式。

 

首先,即使安装了亮片也不会旋转的身体。

通过实验,最终完成了最难旋转,很宽的扁平的身体形状,且难被潮水冲走的小型的主体形状。

专业打造的身体与以往的相比差距一目了然。

 eb_vol79_02

 

其次就是所说的亮片,鱼钩等零件的安装方式。

在稍微远离会产生水流阻力的身体处通过线与亮片连接的方法,提高了亮片的旋转性能的同时,为了利用这个间距在亮片垂直上方安装鱼钩,安装鱼钩别针孔及副钩。

这样能使亮片和上钩率都能保证,咬亮片并让鱼确定上钩成为了可能。

 

虽然亮片的连接方法有旋转接头和U形夹的2种,因为旋转性和收线的轻松程度、沉水速度的快速性采用了旋转接头类型。因为是通过扣环连接,所以亮片可以自由更换。

 

 eb_vol79_03

 

作为实际的使用方法,卷型金属路亚系列共通的地方,落下后“只需卷线”。

不需要复杂的钓竿抖动,只需要根据目标鱼调整收线速度就能钓到各种各样的鱼。

即使在横向漂移的状況下、调整收线速度和下沉,可以长时间在击中区域对鱼进行诱惑。

目标是青色鱼的话,推荐中等~快速收线。

回收金属路亚一样的速度也是有效果的,实际在垂钓的金属路亚回收过程中也多次钓到青色鱼。也许回收过程中的击中率的高度也值得撰写吧。

 

目标是礁栖鱼的话,用缓慢收线。

如缓慢金属钓,在底部附近(离岸底5~10m左右)通过重复收放动作会更有効率地钓到。

还有,对大的金属路亚不反应的鱼类也对亮片容易发生反应,得到意想不到的收获感。

特别是小型的游钓鱼在被捕的时候,会发挥最大限度的效果。

新概念・金属路亚「卷型金属路亚 DROP」有150g和180g的2种规格,预计在5月末上市。

敬请大家期待!

 

MAKI JIG DROP  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/makijig-drop/

 

eb_vol79_04

 * The photograph is a prototype.