Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.78

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.78

back

team_blog_banner

 

フィッシングショーで公開となった特に野池、陸っぱりの強い味方をご紹介したいと思います。

 

コードネーム「DM」

 

eb_vol78_01

 

アクション動画をご覧になられた方も多いかと思われますが、水面で弱りきったベイトフィッシュを演出する事が出来る、このプラグ。

 

もちろんワームを調整してもこのアクションは可能で、ソフト素材がリアルなシルエットや微波動アクションを生み出します。ですが、マスバリやライトジグヘッドは針先が1つ。センターに掛けたとしてもボディの半分以上を咥えない限りフックまで届きません。

プラグにする事でトリプルフックが左右に1つずつ配置できる為、ワームでありがちなスッポ抜けが無くなりショートバイトでのフッキング率を向上させる事が出来ます。

 

また、プラグにはラインアイが付きます。ワームでの面倒なセンターへのフックセッティングを、スナップで付けるだけという簡易な方法にすることが出来ます。そして、このルアー1番の特徴と言える、「トリプルアイ」。

 

eb_vol78_02

(テスト段階の仕様です)

 

何故ラインアイが3つもあるかと言うと、真ん中はもちろん水面ピクピクの1点シェイク。それ以外の左右のラインアイは、ルアーを水面でスライドさせ、進行方向を選ぶ事ができます。

この機能が発揮される状況は、陸っぱりなどの足場が限られるようなシチュエーション。プラグでは難しいスキッピングをせずに、オープンウォーターからオーバーハングへのアプローチをする事が可能になります。

また、ボートフィッシングでリザーバーなどの岩盤に沿って、スライドアクションをさせる事で、ポイントから離れた場所からタイトかつ長い距離をトレースすることが出来ます。

一般的なルアーは当然アングラー側にまっすぐ戻って来るので、魚から人間が視界に入ってしまいます。そこでこのルアーのスライドさせる機能を使うと魚へ与える人的プレッシャーを極限まで減らすことができ、ハイプレッシャーなフィールドで特に威力を発揮します。

 

バスの目線にも気を遣う「DM」にご期待ください!

team_blog_banner

 

I’ll introduce to you the lures that are perfect tools especially for the wild ponds and to the shore anglers which were revealed at the fishing show.

 

CODENAME:”DM”

 

eb_vol78_01

 

I know so many people have already watched the action video, but let me tell you again that this plug will move like a bait fish that is almost dying on the water surface.

 

Of course, you can get this action by adjusting worms which can create much real movement, silhouette, and trembling wave motions since the material is soft. But the short shank and light jig head have one hook tip. You have to set the worm more than half of its body even you set the hook in the center.

Moreover, by adopting a plug, triple hooks were installed on both sides of a lure, you’ll have no more problems like losing worms, that is typical for worm fishing, and you’ll have a better hooking rate on short bites.

 

It has “line-eye” since we changed to a plug. Easier setting can be applied by using a snap which you can skip this annoying labor that you have to go through with setting worms.

But don’t forget, this lure’s #1 feature is “triple eyes”.

 

eb_vol78_02

(It’s under testing now)

 

I’ll explain to you why it has 3 line eyes.

The middle one is for the shaking at one point of the water surface. The other two on both sides are for sliding the lure whichever directions you want it to slide.

Good area to use this plug is where the shore anglers’ standing position is very limited. This can reach to the place from open water to overhang area without skipping which is hard to do for any plugs.

It’s also useful for the boat fishing around the bedrock area of the reservoir, you can remotely make it swim along against the bedrock to approach fish for a long time with the sliding action.

The ordinary lure comes straight back at the angler, that means human being are always in the fish’s sight! But this sliding feature takes a lot of pressure off from them, that’s why it works at the high pressure fields.

 

Look forward to “DM” that was also considered about fish’s point of view.

 

team_blog_banner

 

在此想介绍在钓鱼展览会上公开了的特别在野地池、陆钓方面很强悍的伙伴。

 

开发型号「DM」

 

eb_vol78_01

 

已经看过抖动动作视频的朋友应该很多,能够演出一条在水面极度衰弱的鱼的塑胶路亚。

 

当然调整软饵也可以做这种抖动动作,用软性材料做出更真实的影子或微波动抖动动作。但是,鲑鱼软饵钩或轻型路亚头部的针尖只有一个。即使已经钩住中心,但如果不钩住身体一半以上的话就不能上钩。

通过换成塑胶路亚左右两边各安装一个三爪鱼钩,会消除用软饵时经常发生的轻易脱落现象,短钓时的上钩率也能提升。

 

而且,在塑胶路亚上安装鱼线孔。软饵上这种棘手的中心设定,只需安装按扣这种简单的方法就能完成。于是,可以说这个路亚最大的特征是“3个眼睛”。

 

eb_vol78_02

(测试阶段的规格)

 

说到为什么鱼线孔有3个,中间当然是水面跳动的1个抽搐动作。这个以外的左右鱼线孔可以让鱼在水面漂浮,并且可以选择方向。

这个功能发挥的时候是在陆钓时有限的立脚点的地方。用塑胶路亚不用做很难的蹦跳动作,也可以从无障碍睡眠靠近杂草丛生的地方。

还有,船上垂钓时沿着在人工湖等的岩石,通过做横向漂浮抖动动作,可以从离目标位置较远距离的地方紧贴地并且长距离地进行攻击。

一般的路亚当然会直线返回到垂钓者这里,所以人会进入鱼的视线。所以如果使用这个路亚的横向浮动功能时,能够最大限度地减少人给与鱼的压力,特别在高警惕环境下的钓场可以发挥威力。

 

敬请期待连鲈鱼的视线也考虑过了的“DM”。