Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.59

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.59

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (N-002)

2015NEW PRODUCTS

Code name: X-DRIFT

 

2015年もスタートしフィッシングショーに向けて慌ただしい毎日を過ごしている開発員です。

そんな中こちらも1月末の出荷に向けて急ピッチで生産されているルアー「X-DRIFT」を今回ご紹介します。

 

vol59_01

 

このルアーの特徴はなんと言ってもアイテムの名前にもなっている、「ドリフト」です。

フレッシュウォーターフィッシングとは違い、ソルトウォーターフィッシングでは潮の干満が発生するため必然的に常に流れの中で釣りをすることになります。

この流れがいかに大切かはソルトアングラーなら皆さんがご存知のことですが、この流れを味方につけ、利用することで釣果は大幅に変化します。

X-DRIFTはこの『流れ』をダイレクトに狙うことができるのはもちろんですが、それは今までのミノーやバイブレーションでも可能だったテクニックです。

最もX-DRIFTが効果的なシチュエーションは流れの中の『変化』や『ヨレ(反転流)』を攻める場合です。

例えば、橋脚やテトラといったソルトでの鉄板スポットでは必ず流れの変化と反転流が発生します。

そういった変化や反転流で、シーバスは小さな力でフィーディングスポットに定位し、その反転流に迷い込んできたり、逃げ込んでくるベイトを捕食しています

いわば、ソルトウォーターフィッシングでの一番のフィーディングスポットが、そういった流れの『変化』や『反転流』ということです。

 

そういったスポットに逃げ込んでくるのはベイトフィッシュだけではありません。

エビやカニなどの甲殻類、ハゼなどに代表されるボトム系ベイトフィッシュも流され、逃げ込んできます。

 

ただ一言でドリフトと言ってもそのスポットを通すことができればいいという訳ではありません。

フォールスピード、姿勢、リフトとフォール中のアクションなど、ただ横に引くだけではないだけに色々な使い方ができなければなりません。

また、ドリフトさせる場合に最も大切だったのは『どれだけ流れだけでルアーをアクションさせつづけることができるか』でした。

小さな力で泳ぐことが出来るルアーは、必然的に流れの中の1スポットや、反転流で長時間ルアーを定位させ、バイトチャンスを多く作ることができます。

一方でファーストリトリーブできるルアーは流れの中をスピーディーに探るには効果的ですが、良いスポットも早く流すことになってしまうため変化や、反転流を攻めるのには向いていないということです。

加えて、そういったストラクチャーによって発生する流れの変化、反転流近辺ではボトム変化も激しく、根がかりというトラブルは必ず多くなります。

そこでテストを繰り返した結果、ボトムコンタクト時にもフックがボトムに接触し難い位置、サイズの一本仕様にすることで、中層だけでなく、ボトム付近でのドリフトでも根掛りを軽減する仕様に辿り着きました。

フッキングの心配をするアングラーも居るかもしれませんが、テスト時には68mmという小型サイズということもあり丸飲みされることが多く、フッキングミスやバラシの欠点を感じることは皆無でした。

 

 vol59_02

またテールに装着されているティンセルはアクション時に魅惑的な揺らめきを発生させ、甲殻類をイミテートさせたいシチュエーションで効果を発揮します。

フックアイにはメタルエッジシリーズにも搭載されている回転可動式・フロントフックアイを採用。

 

ドリフト・フォール・リフトといった3次元的なエリア攻略が可能な「X-DRFT」ぜひお楽しみください!

team_blog_banner

MEGABASS Engineering Team Blog (N-002)

2015NEW PRODUCTS

Code name: X-DRIFT

All our developers have been so busy every day for preparation of the fishing show since year 2015 has started. On the other hand,I’m introducing to you at this time the lures “X-DRIFT” which are being produced at the high pace for shipping at the end of January.

vol59_01

The characteristic of this lure is, of course, “drift" as you see that's the name of this lure.

You always have to deal with water current in salt water since ocean has ebb and flow of the tide which fresh water doesn't have.

As all the saltwater anglers know how important this water current is, it makes huge difference on the fishing result when you understand this water current and make use of it.

You can aim directly to this current with this "X-DRAFT" but that's the technique that you can already do with "minnow" and "vibration".

The best situation for using “X-DRIFT” is when you’re attacking "changing" or "reversing" water current.

For example, there always exist "changes" or "reverses" in water current at those spots such as piers and tetras. Sea bass comfortably dwell those feeding spots that have changes and reverses of water current to prey on those bait which go astray into.

So to speak, the best feeding spot in salt water is "changes" and "reverses" of water current.

 

It's not only the bait fish to run into those spots.

Crustaceans such as shrimps and crabs and other bait fish which live on the bottom of the sea for instant gobies are also washed into these spots.

 

Although I say "drift" in one word, just simply being able to pass through the spot is not good enough.

Falling speed, attitude and action during lift and fall, etc. would count. It has to have various ways since we don't just only pull to the side all the time.

The most important thing when it's drifting was "how long the lure can keep in action by just water flow."

The lure that can swim by little force can make more bite chances since it can stay in one spot or reverse spot in water current for a long time.

The lure that can perform fast retrieve is very effective when you're searching fish fast but that's not suitable to use in changes or reverses of water current since it passes right through the good spot as well.

In addition, those places that changes and reverses of water current occurs by those structures also has very rough bottom condition, therefore the chances to get snagged will increase.

After thousands of tests, we finally reached to the specification to reduce the snags while it’s drifting around not only middle range and also the bottom of ocean by placing a single hook hard to touch the bottom when the lure is contacting the bottom.

There might be some anglers who are worried about the hooking, but the most fish swallowed whole things at the tests ,maybe because it's small size measured only 68mm, we'd never felt any drawbacks such as missing any hooking or fish getting away.

 vol59_02

The tinsel on the tail moves enchanting which is effective for the situation you want that to imitate the crustacean.

We use the rotatable front hook eye for hook eye that is equipped to the metal edge series as well.

Enjoy this "X-DRAFT" that can conquest in 3 -dimensional way such as drift, fall and lift.

 

team_blog_banner

MEGABASS Engineering Team Blog (N-002)

2015NEW PRODUCTS

Code name: X-DRIFT

2015年也已经开始,我是面对垂钓秀每天都过着匆忙日子的开发员。

在这种情况下,这次也在此向大家介绍准备1月末出货的,在紧急高速生产的路亚“X-DRIFT”。

vol59_01

这个路亚的特征不管怎么说就是形成了产品名字的“漂移”。

与淡水垂钓不同,海钓是会必然因发生潮涨潮落而在流水中进行垂钓。

这种流水有多么重要,海钓的钓友们应该非常清楚,将此流水看成自己的伙伴,利用它获得钓鱼的收获是会有大幅度的变化。

X-DRIFT是可以直接应对这种“流水”就不用说了,就是迄今为止的米诺路亚或颤泳型路亚也可以的技巧。

X-DRIFT最有效的场合是进攻流水中的“变化”或“乱流(逆流)”的时候。

例如,所说的桥墩或水泥砌块的海钓必钓场所一定会发生流水变化和逆流的现象。

这种变化或逆流中,黑鲈用很小的力量在捕食位置定位,会迷路而进入,或捕食乱窜的游钓鱼时进入逆流。。

也就是说,在海钓中最好的捕食位置是,这种流动的“变化”或“逆流”的地方。

 

这种位置乱窜的不只是游钓鱼。

虾或蟹等甲壳类,以虾虎鱼等为代表的底部系列的游钓鱼也被冲走,而到处乱窜。

 

但是即使用一句漂移来形容也并不是表示只要可以通过这个位置就可以了的意思。

下降速度、姿势、上升和下降中的抖动动作等,并不是只要横向拉就可以了,还需要会各种各样的使用方法。

还有,让它漂移的时候,最重要的是“只用流水能让路亚持续抖动多长时间”。

 

用微小的力量就能游动的路亚是,在流水中的1个位置或逆流中长时间让路亚定位,必然能够制造出很多上钩的机会。虽然能快速收线的路亚在流水中对快速寻找会有效果,但是因好的位置也会快速流走,对进攻变化或逆流这种情况不适合。

 

再加上,随着这种水中障碍物而发生的流水变化、逆流近边的水底变化也很激烈,鱼钩缠根这种问题一定会变多。

在此方面进行反复测试的结果是,终于研究出了接触水底时鱼钩不容易接触底部位置,用同一尺寸的规格,不仅仅是中层,底部附近的漂移也能减少缠根的规格。

可能会有担心上钩的垂钓者,测试的时候68mm这种小型尺寸整整被吞下去的情况很多,完全没有感觉到上钩失误或脱钩的缺陷。

 vol59_02

还有在尾部安装的金银丝织品在抖动时让它妩媚地摇曳着,在想让它模仿甲壳类的场合时发挥效果。

鱼钩扣环采用在金属边缘系列里也安装了的可旋转可动式・前扣环。

 

可以进行漂移・下沉・上浮这种三次元的区域攻略的“X-DRFT”,敬请期待。