Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.58

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.58

back

team_blog_banner

 

今回ご紹介するアイテムに関しては、フィッシングショーで詳しく解説させて頂くことになると思いますが、僕自身がテストを繰り返し感じたこと、魚を沢山釣っていく中で気付くことができたことを少しだけ紹介したいと思います。

 

 01

 

本音としては、ず~~~~~っと、このルアーについて書きたかったんです!!(笑)

もう我慢し疲れました!!思い入れのありすぎる、通称『ウナギ』と呼ばれている4連結ジョイントプラグについて!

 

まず第一の・・・というか、多くの方の最大の疑問?といっていいと思うんですが、

『ブラックバスはウナギを捕食するのか?』

という点についてなんですが、僕が1シーズン、テストを繰り返して辿り着いた結論は、そもそもこの4連結ジョイントプラグはウナギではなくルアーであるということ。

あまりにも形状がウナギチックなため勘違いされがちですが、あくまでも生き餌としてのウナギではなく、ルアーなんです。

 

例えば、スピナーベイトやチャターベイトは何をイミテートしているのでしょうか?

全く釣りをしない人に見せたら『イカ?タコ?』なんて答えが返ってきそうです。

当然、ブラックバスとイカ、タコは生活圏が違うので捕食対象になることは考えられませんが、誰もがスピナーベイトやチャターベイトが『釣れるルアー、ジャンル』であるということは知っているはずです。

ブラックバスという魚には、多くの共通する好奇心を与える要素というものがあります。

その好奇心を効果的に与えるものがルアーの中には盛り込まれているのですが、前出のスピナーベイトで言えばフラッシング、チャターベイトで言えば強波動と音になります。

 

さて話を4連結ジョイントプラグに戻しまして・・・

そういったブラックバスに好奇心を与える要素の中に多くの方が知っているモノとして、

 

『細長いもの』

『クネクネ動く』

 

というものがあると思います。

代表的な例として上げるとストレートワームのネコリグがこれに当たりますよね。

ただ、ストレートワームのネコリグはボトム付近で使うのが一般的で、表層から中層は不向き。

加えて、アピール力を高めるためにどんどんワームをロング化していくとシングルフック一本によるフッキング率の問題も出てきます。

そこでオールレンジ対応で、かつクネクネ感をリトリーブだけで発生させ、フッキング率もプラグと同じ・・・

 

そんなルアーとして生まれたのが4連結ジョイントプラグ、通称『ウナギ』なんです。

ウナギを捕食しているブラックバス用ではなく、魚の習性や反応を得るための形状であるということを忘れないでください。

 

 02

 

ということで、じゃあどんな使い方やシチュエーション、魚に有効なんだよというのは・・・

次回エンジニアズブログ&フィッシングショーでたっぷりご説明いたします!

team_blog_banner

 

I’ll explain the most part of the item that I’m about to mention about right now later at the fishing show, I just want to tease you a little bit about this product with my opinions I’ve got over the course of repeated tests and my findings after catching lots of fish.

 01

Well, to tell the truth, I’ve been wanting to talk about this lure for such a long time! lol

I’m tired of holding it back anymore!

I’m just soooo into this 4 jointed plug lure which is commonly called as” UNAGI”!!

 

First of all, I believe this is the question that the most people might have, the question “Do black bass prey on eel?”, well, I came up with the result after repeated tests using up entire this season that this 4 jointed plug lure ”UNAGI” is simply just a lure, not tries to get the actual feel of “UNAGI”.

This lure might be easily misunderstood since its shape looks exactly like an eel, but let me get the story straight for the folks who are still wondering! It’s just a lure not trying to be real “Unagi“!!

 

For example, what do spinner bait and chatter bait imitate of? If you show them and ask this question to the people who don’t know anything about fishing, you might get the answers like “A squid?” “An octopus?” Of course, black bass live totally different area from the area that those creatures like squid and octopuses live, so it’s obvious those creatures cannot be the predation, but I believe that everybody knows that spinner baits and chatter baits belong to the category that “great lures to catch”.

 

There are so many common factors to tickle this black bass’s curiosity. Each lure has special feature to tickle effectively this curiosity like spinner bait has flashing, the chatter bait has strong wave motion and sound.

 

Well, get back to the 4 jointed plug lure…

The most well-known factors that tickle black bass’s curiosity would be,

“Slender”

“Zigzag motion”

 

We have a straight worm” Neko rig” as a typical example for these.

But, this straight worm” Neko rig” is generally used for bottom of the ocean only and it’s not suitable for the range of surface and middle.

In addition, the hooking rate with single hook are getting fewer as this worm has been getting longer and longer in order to get the better response from fish.

Then, this 4 jointed plug lure “UNAGI” was born! It’s good for all ranges, you’ll get zigzag movement at retrieve and the hooking rate is same as using a plug!

Don’t forget this is NOT for “Black bass that pray on eel”, this has eel-like shape that’s because specifically targeting to appeal to these fish!

02

Well, I will explain well enough at this coming engineering team blog and fishing show about what’s the most effective way and situations for this lure.

 

team_blog_banner

 

这次介绍的项目在垂钓秀时应该会进行详细解说,我想稍微给大家介绍自己亲自进行反复实验察觉到的,在钓了很多鱼的过程中总结出来的经验。

 01

说真心话,我一直一直~~~都很想写关于这个路亚的事情!!(笑)

都已经忍累了!关于我特别感兴趣的,一般被叫做“鳗鱼”的4连接的插销

 

首先第一要说的是・・・可以说是大部分人最大的疑问,那就是关于“黑鲈鱼是捕食鳗鱼吗?”这一点,我花了一个季度反复做实验终于得出的结论是,原来这4连接的插销不是鳗鱼而是路亚。

形状实在是太像鳗鱼而容易让人误解,但并非是活生生的鳗鱼鱼饵,只是一个路亚而已。

 

例如,旋转亮片路亚饵或挡水片米诺路亚到底模仿的是什么呢?

如果给完全不钓鱼的人看,感觉好像会回答是“墨鱼?章鱼?”什么之类的。

当然黑鲈鱼和墨鱼、章鱼的生活圈不同,不会想像成是捕食对象,但是不管是谁都应该知道旋转亮片路亚饵或挡水片米诺路亚是指“可钓鱼的路亚、种类”。

对黑鲈鱼这种鱼,存在给与很多共同好奇心的要素。

给与这种好奇心有效的东西在路亚中有添加,如果说到前面提到的旋转亮片路亚饵的话就是闪闪发亮,如果说到挡水片米诺路亚的话,就是强烈波状运动和声音

 

那么我们还是回到4连接的插销吧・・・

所谓的给与黑鲈鱼好奇心的要素中,我觉得大部分的人知道的东西应该是:

细长的东西

蜿蜒扭动

 

如果要举代表性的例子的话,要属直软饵的强效索具

但是,直软饵的强效索具一般在底层使用,不适用于表层和中层。

 

加上,如果为了提高呼吁力而将软饵长度不断加长的话,因一个单鱼钩而会出现上钩率的问题。

在此对应所有领域,并且只用收线就能呈现出蜿蜒感,上钩率也同栓型路亚饵一样・・・

 

作为这种路亚而诞生的就是4连接的插销,俗称“鳗鱼”。

请不要忘记不是黑鲈鱼捕食鳗鱼,而是为了达到鱼的习性或反应的效果而设计的形状。

 02

说了这些,那所谓怎么样的使用方法或状况,对鱼有效果・・・

那就在下次的Engineer Blog&垂钓秀做充分的说明!