Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.57

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.57

back

team_blog_banner

 

I-SLIDE 262T (T-009)

 

 262t_003

 

昨年から沢山の受注を頂いております I-SLIDE 262T 。早い方であれば既に手元に届き、ご使用されているお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 262Tの詳細につきましては、既にMegabassホームページに「I-SLIDE ニューモデル企画」と題したインフォメーションが、随時更新されておりますので、そちらをご確認下さい。

I-SLIDE262T Information Vol.1

I-SLIDE262T Information Vol.2

I-SLIDE262T Information Vol.3

I-SLIDE262T Information Vol.4

I-SLIDE262T Information Vol.5

  

さて、ここではI-SLIDEシリーズでも圧倒的な存在感を放つ262Tと、他の2タイプ(185と135B)との「違い」について、お話させて頂きます。

 

 262t_004

 

既に、購入された方や262Tのアクション動画をご覧になられた方ならお気付きかもしれませんが、262Tには「MAG HOLD システム」が搭載されておりません。要はフックがボディに引っ付きません。

では、なぜ185や135Bで定評のあったマグホールドを搭載しなかったのか、です。

 

262t_005

 

まず、262Tは周知の通り262mmというメガバスで最も大きなルアーです。ボディサイズが大きくなると言う事は、おのずとフックのサイズも大きくなります。フックが大きくなると言う事は、フック自体の自重も増す。そうなれば、185や135Bで使用しているネオジム磁石では、到底フックをホールド出来ません。つまり、より磁力の強い磁石が必要となります。

262T用のフックをホールド出来る、強力な磁石を搭載したプロトタイプも幾つも作成し、プロスタッフやテスターの方々に、フィールドでテストして頂きましたが、総じて返ってくる答えは同じ。フッキングの確率が極端に落ちる、でした。

つまり、大きく重いフックをホールドさせるだけの磁力の強いネオジム磁石を搭載すると、バイト時に針が外れにくいという結果でした。

フックがホールド出来るギリギリの磁力の強さの磁石を使用しても、着水時には外れてしまう。当たり前です。フックの自重自体が重いのですから。

さらに、あれだけ大きなサイズのルアーなので、もちろん「つついてくるだけ」のようなショートバイトも他のI-SLIDEよりも多い。

となれば、やはり185や135Bのような、「ちょうど良い強さ」の調整が難しいという結論になりました。

 

この結論に至った最大の理由は、先にも述べましたがフッキング率です。そこを数字で判断出来るほど魚に口を使わせた、ということは、262T自体がもつポテンシャルの高さは大いにご期待して頂いて構いません。「寄せる」「くわせる」これが、間違いないのはテスト結果でもハッキリしていました。

しかし、「掛ける」というルアーの最大の目標であるのに対し、何の提案も出来ていなくては、意味が無い。本当に些細な事ですが、良く見ていただくと262Tはリングが2連結にしてあります。

 

262t_006

 

この意味は何か。

フッキング時に魚がフックを吸い込みやすいよう、フックの可動域をより一層広くするためのものです。単純にロングシャンクのフックを使用すれば、となるかもしれませんが、リング1つに、ロングシャンクのフック、よりもリング2つにする方が、圧倒的にフックの稼動範囲の自由度が上がります。こんな些細な事ですが、圧倒的な差が出ます。今の時期から早春にかけてのビッグベイトが効く時期には、特にです。

 

そんな試行錯誤もあり、小さな事でも圧倒的な効果をもたらすギミックがある、「I-SLIDE262T」。

ぜひ、実際に使用してその破壊力をご堪能してみては如何でしょうか。

 

■推奨ロッド

・FZ-80XBJ

・TS78X

・F10-76XBJ

■推奨ライン

フロロ30lb.

team_blog_banner

 I-SLIDE 262T (T-009)

 262t_003

This is I-SLIDE 262T which has been getting lots of orders from last year. I believe some people have already got it and are already enjoying this!

 

Please check the Megabass homepage for the latest information about details of 262T under “I-SLIDE NEW MODEL PROJECT”. We are updating all the time.

I-SLIDE262T Information Vol.1

I-SLIDE262T Information Vol.2

I-SLIDE262T Information Vol.3

I-SLIDE262T Information Vol.4

I-SLIDE262T Information Vol.5

  

Now, I want to talk about “the deference” between 262T which has the most undeniable existence among I-SLIDE series and the other 2 types (185 and 135B).

 262t_004

The people who already bought it or who already checked the action video of 262T might already notice that 262T is not equipped with “MAG HOLD SYSTEM”. That means the hook will never touch its body.

So why this 262T was not equipped with the “MSG HOLD SYSTEM” even though the system got a great reputation on 185 and 135B.

262t_005

First, 262T measures 262mm which is the biggest lure in Megabass items as everybody knows. The hook size relatively has to be bigger if the body size gets bigger. The bigger hook has more weight, of course. Then, the neodymium magnet that is used for 185 and 135B cannot possibly hold the hook. That means we need the stronger magnet for 262T to hold.

 

We made so many prototypes of 262T with the stronger magnets to hold its hook and we had pro staff and testers keep testing with them in the actual fields, but all the results came up the same. The hooking rate dropped drastically.

 

When we used the magnets just good enough to hold the hook, it detached right away when it touched down on water. Of Course! The hook itself is so heavy! It was getting a lot of short bites like just picking than other I-SLIDE lures since the lure is so huge. And we finally came up with the conclusion that it was too hard to adjust the strength to “Just right” like 185 and 135B.

 

The biggest reason that we ended up with this conclusion was “hooking rate” as we’ve mentioned earlier. We could count on the high potential that 262T itself had since we could clearly see on the number of the fish that tried to bite it. It was obvious that the lure attracted fish according to the test results.

 

But “hooking fish” is the biggest goal for lures and it was not doing anything at that point. Then, it is a really small thing, but if you look closer, 262T has 2 rings.

262t_006

What’s this supposed to mean?

This allows the hook wider range of movement to make fish easier to suck the hook in when it gets hooked. You might think, “Why don’t you just simply use the long shank hook?” right? Using 2 rings than using a long shank hook on 1 ring gives the hook a much wider range of movement. Just a little simple thing but it makes a huge difference. Especially at this season from now on to early spring when big baits work, it makes a great difference!

 

 

Well, this is how we finally completed “I-SLIDE262T” which has a gimmick to get a big effect from a little change after so many struggles.

 Please see yourself the real power of the lure by actually using it!

■Recommended fishing rods

・FZ-80XBJ

・TS78X

・F10-76XBJ

■Recommended fishing line

Fluorocarbon fishing line 30lb.

 

team_blog_banner

I-SLIDE 262T (T-009)

 262t_003

去年开始收到很多I-SLIDE 262T的订单。早下单的顾客产品已经到达手中,应该也有一些顾客已经使用了吧?

 关于262T的详情,已经在Megabass主页以“I-SLIDE新型号计划”为主题的信息随时在更新,您可以在那里进行确认。

I-SLIDE262T Information Vol.1

I-SLIDE262T Information Vol.2

I-SLIDE262T Information Vol.3

I-SLIDE262T Information Vol.4

I-SLIDE262T Information Vol.5

  

那么,今天就在此给大家介绍I-SLIDE系列也表现出的显著性的存在感的262T,和其它两个类型(185和135B)之间的“区别”。

 262t_004

已经购买或看过262T抖动动作视频的顾客有可能已经发现,262T里没有安装“MAG HOLD系统”。 意思就是鱼钩和身体不会粘在一起。

那么,为什么在185或135B没有安装大家公认的Mag hold呢?

262t_005

首先,如众所周知262T为长度262mm,在Megabass里最长的路亚。如果身体尺寸变大也就意味着鱼钩的尺寸自然也会变大。鱼钩尺寸变大也就意味着鱼钩自身的重量会增加。如果变成这样的话,185或135B正在使用的钕磁铁无论如何也不能固定住。也就是说,需要比现在更有磁性的磁铁。

 

制作了几个安装了可以固定262T用的鱼钩的,强磁性的磁铁的试作品,让专业职员或测试员在现场进行了测试,但是回馈的结果全部一样,上钩率急剧下降。

也就是说,如果安装只是固定大而重的鱼钩的磁性很强的钕磁铁的话,结果是上钩时针很难脱落。

 

即使使用磁性刚好可以固定鱼钩的磁铁,但落水时针还是会脱落。这是必然的,因为鱼钩本身的重量很重。

并且,因为是如此大的尺寸的路亚,当然“只是轻轻的碰过来”那种浅咬也比其它的I-SLIDE多一些。

这样的话,结果就是同185或135B一样,“刚好合适强度”的调整变得困难。

 

达成这个结论的最大的理由是刚刚所述的上钩率。所谓的这一块能用数字来判断鱼咬钩的现象,可以对262T自身拥有的潜能抱以很大的期待。“使它靠近”“让它咬钩”这方面,绝对没错的是实验结果也已经明确表明。

但是,针对所谓的“悬挂”路亚的最大目标,如果什么方案都没有出来的话,那就没有意义。真的是非常细微的事情,如果仔细看的话,262T的扣环是2连接的。

262t_006

这是什么意思呢?

就是上钩的时候,为了让鱼容易将鱼钩吞进去,让鱼钩的可移动区域更加宽广的东西。如果只是单纯的使用长钩柄可能就可以了吧,但比起使用1个扣环上加长钩柄的鱼钩,使用2个扣环的鱼钩的活动范围的自由度得到显著的提升。虽然是这些细微方面,但是会出现显著的差异。特别是从现在的时期到早春这段期间,是大型鱼饵起作用的时期。

 

通过做了各种各样的实验,得出虽然是很小的事情也会带来显著性效果的结构的“I-SLIDE262T”。

难道您不要实际使用看看,尽情享受它的破坏力吗?

■ 推荐钓竿

・FZ-80XBJ

・TS78X

・F10-76XBJ

■ 推荐鱼线

碳氟化合物 30lb.

team_blog_banner