Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.48

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.48

back

team_blog_banner

 

石田です!

まだ公開はできませんが、今回は皆さんのタックルボックスに1つは入っているであろうジャンルのルアー。

開発中の小型バイブレーションを少しだけ紹介させて頂きます!

 

 01

 

まず初めに、良いバイブレーションの特徴とはなにか?

アイにラインを結んでもらった状態で、垂らした時にヘッド側とテール側が水平につり合う事です。

何故つり合う事が良いかと言うと、重心のバランスが取れていると飛行姿勢が安定する=飛距離が出る→毎キャストが安定するという事になります。

 

フルキャストした時に、ルアーが回転して飛行姿勢が安定しない事って経験ありませんか?

それは同時に、飛距離を落としてしまっています。

どのジャンルのルアーにとっても大事な事で、陸っぱりメインの僕からすると絶対的に重要な要素の「飛距離」が確保されます。

ただ単に、ウエイトを積んでいる訳ではない小型のバイブレーションで飛距離が出る事はメリットばかりしかありません。

 

今回もこだわっている所は多く、あえて立ち泳ぎ気味のスイミング姿勢にする事でトラブルレスなバイブレーションを作っております。

完全立ち泳ぎのプロトから水平姿勢のプロトも作成して頂いたのですが、片寄ったコンセプトだとメリットよりもデメリットの方が目立ちました。

特に水平姿勢は2つフックが常に真下にある状態なので、ストラクチャー回避性能に劣り、ウィードエリアにおけるバイブレーション本来の手返しの良さが発揮されませんでした。

これらは、アイの位置と角度の微調整を積み重ねた多くのプロトで、開発員の方に改善して頂きました。

 

 02

 

皆さんのバイブレーションを使うシーズンはいつでしょうか?

もちろん春夏秋冬、問わず使えるルアーなので年中使われる方もいると思うのですが、多くの方は秋から春と低水温気に使用されるのではないでしょうか?

このバイブレーションは特に低水温気に使える(釣れる)アクションになっています。

何故、低水温期に強いと言えるか。

これから進んで行く厳寒期の12月〜2月、水温が低ければ低いほど魚の泳ぐスピードも遅くなり、手返しの良いシャッドのタイトピッチアクションやネチネチと誘える鉄板系のリフト&フォールによるワイドウォブリングが定番だと思います。

注目して頂きたいのはシャッド並のハイピッチアクション且つ、メタルバイブ級のワイドアクションを兼ね備えました。

 

簡単に説明すると

ハイピッチ=逃げるベイトフィッシュ

ワイドアクション=足の遅いベイトフィッシュ

ハイピッチワイドアクション=逃げきれない食べ易いベイトフィッシュ

すなわち開発中のバイブレーションは低水温期であまり動きたくないバスが、逃げるベイトフィッシュをなるべく体力使わせないでバイトさせる事になります。

 

 03

 

という事で今回はここまで。

開発中の小型バイブレーションは巻くだけがコンセプトではありません!

が、こだわりは伝わったかな?と思います!

早く皆さんにお見せしたい気持ちは山々なのですが、もっと練りに練った完璧なバイブレーションをお届けしますので、お待ち下さい‼

 

team_blog_banner

 

Hello, I’m Ishida!

We can’t show you yet, but this time, it’s a kind of lures that anyone would have at least one in their tackle boxes!

I’ll talk a little bit about a small size vibration under development today.

 

01

 

First of all, what are the necessary features of a good vibration?

The heads and tails have to be horizontally level when you hang it with line tied through its eyes.

Why does it have to be that way? Because when the center of gravity is well-balanced, it gets a stable flying posture = flying farther, and every casting would be reliable!

Have you ever had the experience that the flying posture is unstable since a lure keeps rotating when you try to cast farther?

That interferes the flying distance. The flying distance is very important factor of any lures, especially to someone like me who mainly do shore fishing and this lure can fly farther. Getting great flying distance with this light small vibration is a win-win situation!

Of course, we have lots of obsessions towards making the perfect lures this time again like making the swimming posture being stand-up position to make trouble-less vibrations.

We’d had our developers make a lot of prototypes from complete stand-up position to horizontal posture and found more demerits occurred if the concept was unbalanced.

Especially, the horizontal posture had low ability of dodging obstacles unlikely for vibrations around the weedy area since 2 hooks were always facing down.

We’ve already had our developers fix this problem by adjusting the eye’s location and angle.

 

02

 

When is the season you use your vibrations?

Of Course it can be used all seasons so I won’t be surprised if you say “all seasons” but I believe the most of people mainly use it during autumn to spring while the water is cold.

This vibration is especially great at working in cold water. Why does it work well in cold water?

This coming season which is the coldest throughout Dec to Feb, it is common for us to make use of tight pitch action of Shad Lures or wide wobbling action of heavy type of lures with “lift and fall” technique since the colder the water gets the slower fish swim.

The part I want you to pay attention is this lure has good part of both lures such as high pitch action that Shad Lures have and wide action to tease and tempt basses which metal vibrations have.

In brief explanation,

High pitch = runaway bait fish

Wide action = slow bait fish

High pitch wide action = slow runaway bait fish that can be easily caught

That means this vibration under development will be the perfect fit for catching basses which don’t want to move much in the cold water since the fish can bite it easily without using too much energy.

 

 03

 

This is it for now!

The winding is not the only concept for this coming small vibration! Well, I believe you can see our obsession, can’t you?

Please wait for a while since we want to deliver best of the best, perfect vibrations even though we are eager to show it to you right away!

 

team_blog_banner

 

我是石田。

这次还不能公开,但这次应该是大家的配件箱里至少有一个这样类型的路亚。

稍微请让我介绍一下在开发中的小型颤泳路亚!

 

 01

 

首先,好的颤泳路亚的特征是什么?

是指在别针孔那里系上线后的状态下,垂下去时头部和尾部能水平地保持平衡。

为什么说平衡性很好,是指如果取得了重心的平衡的话,飞行姿态就会稳定=增加抛投距离→每次抛竿变得稳定。

抛全竿的时候,有碰到过路亚旋转而导致飞行姿态不稳定的经验吗?

在那同时,抛投距离就减少了。

稳定的飞行姿态对哪种类型的路亚都是很重要的事情,对以陆钓为主的我来说,可以确保绝对重要因素的「抛投距离」。只是,未增加重量的小型的颤泳路亚可以增加抛投距离,尽是好处。

 

这次也是受拘泥的地方很多,特意采取了倾向踩水式的漂浮方式,制作了无障碍的颤泳路亚。

从完全踩水式的试作品到水平姿势的试作品都制作了,不过,如果是偏向一方的概念的话,缺点比优点要更明显。

特别是因为水平姿势的2个鱼钩一直处于正下方的状态,对水中障碍物的回避性能差,在水草区域中的颤泳路亚本来的快速的收竿投钓也不能被发挥。

以上这些问题,在很多别针孔的位置和角度的不断微调整的试作过程中,开发人员帮忙进行了改进。

 

 02

 

大家使用颤泳路亚的季节是什么时候呢?

当然是不论春夏秋冬都能使用的路亚,,所以应该整年都在使用的人也有,不过大部分的人应该是从秋天到春天低水温的时候使用吧?

这个颤泳路亚是特别在低水温季节效果很好(容易上钩)的动作。

为什么,强调在低水温季节比较擅长呢。

从现在开始直到严寒期的12月~2月,水温越低鱼的速度也会越慢,收竿投钓很好的米诺(SHAD)的贴身抖动动作或纠缠不休的可诱惑的铁板系的上升&下降形成的摇摆动作是典型的。

希望大家关注的是米诺(SHAD)同步的高速抖动动作,还有金属振动级的大幅度抖动动作可以兼备。

 

简单说明一下

高速抖动动作=逃窜的游钓鱼

大幅度抖动动作=游得慢的游钓鱼

高速度大幅度抖动动作=逃不了比较容易吃的游钓鱼

正开发中的颤泳路亚是针对在低水温季节不太想动的鲈鱼,逃窜的游钓鱼让鲈鱼尽可能不使用体力就上钩。

 

 03

 

开发中的小型颤泳路亚的概念不只是卷!

我觉得拘泥传达到了吧?!

虽然有非常渴望尽快展现给大家看的心情,但想更仔细推敲推敲后交给您一个完美的颤泳路亚,所以,请您再稍稍等候!