Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.47

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.47

back

team_blog_banner

 

秋めいてきた今日この頃。

ついに本格的な巻物の季節がやってきました。

そんな秋目前にリリースされるNewスピナーベイト「V9」。

MEGABASS MOVIE内のEngineering Movieでもモザイク入りで何度か登場している通り、今シーズン多くの時間を費やして完成したのがこのスピナーベイトです。

 

その中でも、以前のエンジニアリングブログでは多くを語られていないフックサイズに関して本日はお話ししたいと思います。

 

 01

 

近年のスピナーベイトはいつからか、トレーラーフックを付けることを前提にフックサイズが決定されている製品が非常に多いのが現状です。

もちろんトレーラーフックはフッキング率をUPさせ、バラシ率を軽減させてくれる二つの効果がありますが、同時に根掛かりやトラブルも多くなりやすく、特にスピーディにシャローを探っていきたいような状況や、ウィードがフックに絡みやすいフィールドでは大きなストレスとなっていました。

 

02

 

そもそもトレーラーフックによるトラブルの増加は、単純にフックが増えているからというものだけではなく、トレーラーフックが着水時やストラクチャーへのコンタクト時にズレてしまい横倒しになることでスピナーベイトのバランスが崩れ、横倒しでスイミングすることに大きく起因しています。

そのためトレーラーフックを取り付けなくても、トレーラーフックを装着した従来のスピナーベイトと同等のフッキング率UPやバラシ率軽減できるのであれば、同時にバランス良くスイミングするスピナーベイトということになります。

 

実際に最後まで試していたのはワイドゲイプタイプの4/0番と5/0番のフック。

結果的には多くの魚を釣っていき、フッキング率に大差はないものトラブルの少ない4/0番をチョイスしました。

 

 03

 

テスト時、釣り上げた多くの魚のフッキング位置は口の内部の深い部分か、かんぬきと呼ばれる口の付け根の一番バラシの少ない位置がほとんどでした。

オールマイティかつトラブルレス。V9は非常に使いどころの多いスピナーベイトに仕上がっています。

 04

 MEGABASS MOVIE #218 オールマイティスピナーベイト「V9」

 

Product Page

V9

http://www.megabass.co.jp/site/products/v9/

 

team_blog_banner

 

It’s tuning into autumn these days.

The full-blown season for reeling in finally has come.

New spinner bait “V9” will be released right on time before this season come.

After we used up the most of whole summer, we completed this spinner bait which had showed up several times covered with pixelate in “Engineering Movie” out of our MEGABASS movies.

 

 Especially, I’d like to talk about the hook size which has never been talked about so much in other former engineering blogs.

01

 

For most of spinner baits out there, hook sizes are determined with the assumption of putting a trailer hook, that’s the current situation these days.

Of course, the trailer hook has benefit of bringing the hooking rates up and reducing the rate fish gone away from hook but at the same time it also increases the chance of being snagged and other trouble, which could be the biggest headache when you want to search everywhere speedy or in the weedy field.

 

02

 

The reason trouble will increase by using trailer hook is not simply because of increasing the number of the hooks. The biggest reason of increasing trouble by using trailer hook is when the trailer hook lands on water or contacts to any obstacles; it slips out of place and spinner bait falls down to the side and loses its balance ending up swimming sideway.

So, if the spinner bait without a trailer hook can deliver the same hooking rate and reducing the rate of fish gone away from hook, it’s much better since it swims under great balance.

 

The hooks we were trying to decide until very end were the wide gape type hooks #4/0 and #5/0.

We finally picked #4/0 since we determined it got more fish and less trouble than the other in the end.

 

 03

 

The most of the fish we caught during the test got hooked around deep inside of its mouth or the corner of its mouth so-called maxillary which is hard for fish to escape from the hook.

It is almighty and troubles less. V9 turned out very useful spinner bait.

 04

 MEGABASS MOVIE #218

 

Product Page

V9

http://www.megabass.co.jp/site/products/v9/

 

team_blog_banner

 

秋意渐浓。

终于迎来了正式的路亚垂钓季节。

在此秋季之前即将上市的新旋转亮片路亚饵「V9」。

这就是在MEGABASS MOVIE的Engineering Movie中,经马赛克处理过后多次登场介绍过的,此季节花费大量时间完成的这款旋转亮片路亚饵!!

 

其中,有之前在博客里没有被太多提及到的,有关钓鱼钩尺寸问题,今天想和大家介绍一下。

 01

 

近年的旋转亮片路亚饵不知何时开始,在加装副钩的前提下来决定鱼钩尺寸的产品变得非常多。

当然,加装副钩后,会有上钩率会提高,脱钩率降低的两个效果。但同时鱼钩被卡,其他麻烦也变得特别多。特别是想迅速寻找浅水区时,或在水草容易缠住鱼钩的区域时会让人变得非常烦躁。

 

02

 

原本由副钩而带来的麻烦增多,并不是单纯的由于鱼钩增多。副钩入水时或与水中障碍物接触时因偏移而变成横卧,导致旋转亮片路亚饵失去平衡,横卧式的漂浮是带来麻烦的很大原因。

因此,如果不用加装副钩,也可以具有与以前的带有副钩的旋转亮片路亚饵同等的提升上钩率,降低脱钩率的效果的话,这个就是漂浮平衡性很好的旋转亮片路亚饵。

 

实际试用到最后的是宽腹型的4/0号和5/0号的鱼钩。

最后钓到了很多鱼,上钩率差异也很小,但选择了问题较少的4/0号。

 

 03

 

测试时,发现已钓的鱼的上钩位置大多数都在鱼嘴内深部,或被叫做鱼闩骨的鱼嘴的根部的最少脱钩的位置。全能的并且无障碍。完成了一款使用的地方非常多的亮片路亚饵。

 04

 MEGABASS MOVIE #218

 

Product Page

V9

http://www.megabass.co.jp/site/products/v9/