Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.109

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.109

back

team_blog_banner

 

石田です!

ターンした水も良い意味で冷たい水が安定し、各地での釣果を多く目にするようになりました。

巻き物の釣りが楽しめるタイミングですかね?

 

そんなフィールドを横目に本社工場は、せっせと開発が進められています。

 

今回も前回に引き続き、来年リリースされるアイテム『ロッド』をご紹介致します。

 

僕がロッドを紹介するとなると、おおよその見当が付いてしまいますかね?

 

 eb_vol109_01

 

この4本の中には、特殊なフィールドにも対応出来る機種も加わっております。

足りていなかった番手と言うより、逆にこんな事が出来るラインナップが仕上がりつつあります。

 

陸っぱり=野池

 

ではなく、リザーバーやリバーにエントリー出来る足場さえあれば何処でも陸っぱりが成立するのは当たり前ですね。

 

このモデルの中には「足場は良いけど、もっと遠くまで飛ばしたい…」

 

オープンなエリアの沖を探りたくなるのは、陸っぱりからしたら必然的なもので、手返しの良さを重要視する事もありますが、飛距離が最優先になるフィールドは数多く存在します。

 

野池とは異なり、リザーバーなどはベイトフィッシュが豊富で大きい魚に出会う確率も高いと言った場所にマッチさせる為の長さとパワーを持たせた機種もラインナップされています。

 

長さのあるロッドは大きい魚が掛かっても曲がる部分が多くなる分、ランディングもショートロッドに比べ比較的楽になります。

さらにその長さを活かすことにより遠くでバイトしても掛ける力が伝わり易く、フッキング性能にもアドバンテージがあります。

 

他のモデルも特化しているとまでいきませんが、ルアーの性能を引き出す為のテーパーを採用し、目的とするものをストレス無く使うスペックに、あのフィールドでコレを使いたいと僕の妄想は増すばかりですが、来年のニューモデルにご期待下さい!

team_blog_banner

 

Hi, I’m Ishida!

We start seeing many good results everywhere, as the water after the turnover stays cold in a good way.

Isn’t it good timing for reeling in?

 

Our main factory is working hard on next project development in such a tempting environment.

 

Following the last time, I’ll, again, introduce the “rod” that will be released next year.

 

I might give you a big clue if I talk about the rod today.

 

 eb_vol109_01

 

There is a rod that you can use for the unique field in these 4 rods.

It’s more like “wow, great addition! It can do that? ...type of rod” instead of just a “missing count that had to be filled”.

 

Shore fishing = wild ponds

 

That’s not it! If there is any space for your footing at reservoirs and rivers, anywhere could be the shore, right?

 

But there could be a situation like “perfect space for footing but difficult for reaching out farther…”

 

It’s inevitable for the shore anglers wanting to search the off shore in an open area, therefore, the flying distance is the first priority in so many fields, although “easy to take care of a series of actions” can be the most important factor sometime.

 

This one rod from the lineup has the length and power for a field with a high chance of meeting big fish as there are plenty of baitfish in reservoirs or so unlike a wild pond.

 

The landing big fish is much easier with a long rod than a short rod since the bending part is longer. Furthermore, there is also an advantage on hooking because it’s easy to hook fish from far away by utilizing the length.

 

I wouldn’t say the other models are also specialized for something, but using a specific taper to maximize lure’s functions, changing a spec so that we can use the specific item we want to use without any stress, I want to use this for that field, etc.…my imagination has been going crazy…anyway, look forward to our next year new model!

team_blog_banner

 

我是石田。

逆转的水从好的方面来看的话,冷水比较稳定,也经常听到各个地方都有不错的收获的消息。

正好应该是享受卷线垂钓乐趣的时机吧?

 

一边是那样的钓场,一边是大家在总公司工厂不停地开发着新产品。

 

这次也是接着上次跟大家介绍明年要发售的新产品“鱼竿”。

 

如果我介绍鱼竿的话,大概应该都明白是什么东西了吧?

 

 eb_vol109_01

 

在这4根中,追加了在特殊钓场也能对应的商品。

与其说是以前的种类不够,还不如说这种情况也可以对应的鱼竿系列也在逐渐完成。

 

不是陆钓=野地池,

 

只要有可以进入人工湖或河边的立脚点,不管几个位置当然都应该可以进行陆钓吧。

 

在这个产品中“如果立脚点比较好的话,想抛到更远的地方…”

 

想在开放的区域的中心进行寻找的是,如果是陆钓的话,那是必须要的东西,还有抛竿投钓优越性能也重视,最优先抛投距离的钓场有非常多。

 

和野地池不一样的是,为了能与在游钓鱼非常多而能遇到大鱼机率很高的人工湖等钓场匹配,而将拥有长度和力度的产品列入这个系列。

 

长钓竿是,即使被大鱼咬住变弯很多,还有着陆时与短竿相比要轻松。并且通过利用这个长度,就算在远处咬钩,拉力很容易传递到位,上钩性能也非常优越。

 

其它的型号也不能说是专用的,但因为采用了可以发挥路亚性能的锥子,不管什么目的使用任何路亚都没有压力的规格,所以一直想在各个钓场增加使用这个产品的想法,大家请期待明年的新产品!