Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.11

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.11

back

team_blog_banner

 こんにちは、石田です!

フィッシングショー大阪は大盛況!Megabassブースには、沢山の方々にご来場して頂きまして本当にありがとうございました!
自分自身も初のフィッシングショーということで、ブース内で新製品を皆様に紹介させて頂きました!

そんな新製品が数ある中、今回紹介するアイテムは、注目度がかなり高いのではないでしょうか?

ishida2

ボビットワームがファーストプロトで上がって来た時は、衝撃が走ったのを覚えています。
多分、皆様が初めてこのワームを見た時と、僕が初めて見た時と同じ感覚なのではないでしょうか?

・どのようなリグで使えばいいか?
・見た目が‥‥
・アピール力が凄そう!

そんな疑問にお答えします!

・オススメのリグは、ライトテキサス
近年、ストレートワームをテキサスで使用し、すり抜けを重視とする傾向が多く見向けられますが、ボビットワームはその真逆、ズル引きなどであえてウィードエリアに噛ませるように(引っ掛けて)アプローチ。ウィードを拠点としているバスに、すり抜けのリアクションではなく、一点シェイクの食わせと言えばわかりやすいでしょうか?

・見た目とアピール力
パーツの意味と効果ですが、ライトテキサスで使用した際、フォールスピードを抑え、食わせの間を与えます、そのフォール中に触手が水を受け自発的アクションを生み出し、アピール力を高めています。

現在もテスト進行中で、極寒の野池でも魚からの反応が返ってきます!
発売まで目が離せないアイテム間違いなしのボビットワーム!
是非、お楽しみに♪

ishida1