FRESH VOICE

初冬の浜松水辺満喫コース

こんにちは!浜松の小野澤です。

 

釣りモノの多い秋から初冬にかけて、本当にカラダが3つくらい有ればいいのに!と思ってしまいますが

そうもいかないので、思いついた方向に猛進です。

 

  ということでシーバスの秋爆シーズンに浜名湖の弱肉強食の両方を回収しに

メガバスお馴染みのプロスタッフ石田氏と、メンバーの白川氏と共に向かう暗闇。

 

弱肉強食の弱側 マアジを狙ったアジングを担当するのは石田氏とワタクシ小野澤。

Dr.チョロを流れに乗せて、明暗の境目をふらふら~っと流して行くとバイト連発!

 

 

狙い通りのトレースコースに入ればほぼ100%バイトを得られるお祭り騒ぎに。

アジを激しくご所望の石田氏も

 

 

バッチリとアジを連発。

元々Bassfishingでもフィネスゲームを得意とする石田氏ですのであれよあれよと掛けまくり

 

 

アジ担当2人でマアジてんこ盛り。

 

 

刺身でも焼いても揚げても、保存食に干物にしてもしばらく食卓を彩れるので何匹居ても困りません。

ちなみに、この前日にワタクシが調査でキャッチした

 

 

こちらのアジ軍団御一行様は我が家族により1日でお腹の中へ( ̄▽ ̄;)

夜勤生活だったワタクシのお腹に入ることは有りませんでしたが家族が喜んでくれれば……ね?笑

 

また自分で釣りに行きます。

 

 

今回大活躍のDr.チョロですがその素材の柔らかさでアジの吸い込みバイト時にしっかり口の奥までスポッ!っと吸い込まれて

上顎の奥にフッキングが決まるのでアジ名物の口切れも少なくキャッチ率が異常に高くなっています。

 

 

また縦、横どちらでも使用出来るので、今回は流れの中で割りと浮いているアジに対して写真のように横刺しで使用し

水を受けてフワ~っと漂うように流して行く釣りがベストマッチしました。

 

しばらくして水面下をサバが支配するようになってからは縦刺しに変更して、サバ群の下に降りたアジに対して速めにフォールさせてサバを避け、アジを確実に獲るという戦略も使え、1つで2通りの攻め方にすぐ対応出来るワームになってます。

 

 

………参考に撮ったのに吸い込まれ過ぎて見えませんが。

 

Dr.チョロ、激しくオススメですよ。

 

 

  さて、そんなこんなでアジングを楽しむワタクシ達の隣りで弱肉強食の【強側】担当白川氏

飛距離ヨロシク、カッター90をかっ飛ばしワタクシ達がアジングを楽しんでいる明暗でアジを狙うシーバスをガッチリキャッチ。

 

 

何度もどエグい捕食音をぶちかましてアジを食ってるだけにGoodサイズでコンディションのいいシーバスでした。(シーバスが騒ぎ出すと一瞬アジが大人しくなりビビってアジ釣れなくなります笑)

翌日はカットバイブ55にてこちらもぶりぶりなシーバス。

 

 

かなり流れの強いエリアですがしっかりと流れを切り裂くカットバイブは

いつでも安定して使える優秀なバイブレーションプラグとしてもはや無くてはならない存在(by白川)

 

そんな白川氏ですが先日オフショアにて

 

 

メーターオーバーのサワラもキャッチ。

 

 

ルアーはすでに廃盤品ですがオルポワにて青物含めてボッコボコの好釣果となっていました。

 

またうちのメンバーのシーバスマニアこと松島も

 

 

連日行くたびにGoodサイズのシーバスを乱獲中。

 

 

松島メンバーもカットバイブの愛好家ですが、ヒイラギがメインベイトのエリアではまさにドンピシャのルアーですね。

 

さらにサーフ&渓流マニアのメンバー田島氏も

 

 

ウェービングライダーやマキッパを盛大にかっ飛ばしヒラメや

 

 

マゴチ等フラットフィッシュと愛瀬を育んでおります。

 

あっちもこっちも魚勢力拡大中の我がホームエリア周辺…

やっぱり分身の術かなんかを身につけたい今日この頃です。

 

ではまた!