FRESH VOICE

NEW

CAMP×FUN FISHING

こんにちは!浜松の小野澤です。

 

10月になり、ようやく緊急事態宣言も解除されましたね。

 

ということで少々贅沢な時間を過ごしたくなり、休園明けの浜名湖渚園キャンプ場へ!

 

ド平日に有休休暇を捻じ込みまして、CAMP×FUN FISHING!でアウトドアを満喫する大作戦。

 

 

某キャンプ系アニメ&ドラマの聖地ともなっている渚園。

 

表浜名湖のド真ん中に広大なフリースペースエリアとオートサイトを兼ね備えた浜松屈指のキャンプ場として有名です。

 

当然ながら周囲全域が浜名湖に囲まれておりますので、釣り好きには堪らないスポットにもなっているわけで、サクッとテントの設営を終わらせ、ふらふらと周囲を散策しながら久しぶりの表浜名湖の魚の顔を見に行くことに(必然の行為)

 

脳みそフル回転のバッチバチな釣りではなく、何か釣れたら嬉しいじゃん!的な軽いノリ。

 

正直言って1番好きな釣りです笑。

 

潮のタイミングもベイトがナンチャラカンチャラも何も考えず、ただ単純に湖岸に立って『さて、どうしましょう』から始める最高の緩さですが、とりあえず魚の顔は見たいのでジグ単にドクターチョロを装着。

 

そして適当に投げる。ほんと適当に投げる。

 

ボトムをドクターチョロがモジモジ転がって来るように操作していると。

 

モギュ…と押さえ込むようなバイト。

 

 

実は疑似餌で釣ったのは初めてなワニゴチが顔を見せてくれて嬉しさ爆発。

 

何でも初めての魚種って興奮しますよね?

僕の釣りの楽しみ方の最上位です。

 

ドクターチョロでおチビさん達の反応をバシバシ楽しんだところで、

 

足元の護岸エグレがなんともニオイましたので、礁楽ケムリカーリー2.5inchにチェンジしてアピール度を上げ、エグレの奥に居るであろう少々大きめな魚狙いへ。

 

もはやキャストもせずに足元にポチャンして護岸をテクテク歩きながら探って居ると。

 

エグレ下からスっ!と何かが飛び出し、引ったくりバイト!

 

潜られそうになりつつ姿を現したのは…。

 

 

我がアイドル、カサゴ。

 

ケムリカーリーの魅惑のテールアクションにエグレの奥から飛び出てきてしまったようです。

 

さらにハゼドンシャッドSWにチェンジして追撃!

 

サイズダウンですが、FUN FISHINGとしては充分楽しませてもらえたので、1時間程度でベースキャンプに戻りまして、

 

 

時間を気にすることもなく、のんびりと外の空気を満喫しながら、

 

 

ゆるーーーーーい時間の流れを楽しみました。

 

キャンプ中のちょいの間に礁楽ワームシリーズを使ってFUN FISHING楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

ではまた!