Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > STW Project > ウイニングルアーはフラップスラップ!
エドウィン・エバース、2016バスマスタークラシックを制覇!

ウイニングルアーはフラップスラップ!
エドウィン・エバース、2016バスマスタークラシックを制覇!

back

2016_bassmaster_edwin

 

S.T.W.(Support to Win)。それはメガバスとUSAプロチームがタッグを組んで「勝利」の2文字を追い求めるプロジェクト。戦いの場は、世界最高峰のバスフィッシングトーナメント『バスマスタークラシック』である。そのバスマスタークラシックにおいて2016年、エドウィン・エバースがついに優勝の栄冠を勝ち取った。エドウィン自身はもちろん、メガバスにとっても非常に大きな一歩となったこの記念すべき勝利を振り返ってみよう。

 

 

2013年 プロジェクト始動

 バスマスタークラシックとは、単なる釣り大会とは一線を画す世界最高峰のスポーツフィッシングトーナメント。世界各国から集まる選ばれしコンペティターは、アングラーというよりトップアスリートに近い存在であり、ここで勝つためにすべてを賭けて闘う勝負師でもある。

 

このビッグイベントに向けて、メガバスが壮大なプロジェクトを始動したのは2013年のこと。プロローグとして現地に新法人を設立すると同時にTEAM MEGABASSを立ち上げ、前後して日本の開発陣が渡米。たび重なるミーティングを通じて意思の疎通を図り、言葉や習慣の壁を越えて「本気でバスマスタークラシックを勝つための決意」を確認し合った。

 

2014年、2年間の熟成を経て完成したルアー・コードネームMSC01(後のS-CRANK)を引っ提げ参戦したクラシックでは、プラクティスから快進撃を続けたものの最終日にフィールドコンディションが一変。エドウィン・エバースの3位を最上位に惜しくも優勝を逃したが、その結果は意義があり、十分な手応えを感じるものだった。

 

stw20160401_s-crank

 

あれから2年、さる3月4日~6日にオクラホマ州のグランドレイクで開催された『バスマスタークラシック2016』で、メガバスはついに勝利を手中にしたのである。殊勲の主は、2年前にあと一歩で涙を飲み、エリートシリーズでは同じメガバスのチームメイトであったアーロン・マーティンスにチャンピオンの座を阻まれたエドウィン・エバース。ウイニングルアーは彼のフェイバリットであるフラップスラップだ。大会最終日に29lbオーバーの成績を叩き出しての逆転優勝は、あの日の立場さえも逆転する、まさにリベンジと呼ぶにふさわしい快挙である。

 

皆さんは覚えているだろうか。あの日、3位に甘んじたエドウィンが語ったコメントを。彼はメガバスのスタッフに「ベストを尽くしたけれど勝てなかった。ソーリー」と謝るとともに「僕もコンディションの急変には悩まされたよ。プラクティスではMSC01でシャローの魚をたくさんキャッチ出来たのに、本番では魚がいなくなってしまったのだから。でもフラップスラップを持っていたおかげで、なんとかフォローできたんだ」と言っていた。

 

そう、あのクラシックにおいて苦境のエドウィンを支えたフラップスラップが今回も彼を助け、優勝という最高の栄誉をもたらしたのだ。なんというドラマチックな勝利。トッププロがひとつのルアーにすべてを託し、自らの経験と技術を惜しげもなく注ぎ込んでタフなトーナメントを戦い抜く。これは、ルアーに対する100%の信頼がなければ到底成し得ないことだろう。

 

STWのプロジェクトを通じて本場アメリカのトッププロの「信頼」を手にしたことは、メガバスにとってある意味勝利よりも大きな勲章と言えるかもしれない。決してビジネスライクな付き合いではなく、メガバスルアーに本気で惚れ込んで使い続け、勝利という最高の結果でその想いを返してくれたのだから。

 

しかしもちろん、メガバスはこれで満足したわけではない。この勝利はむしろ、さらなる闘いに身を置くことへの新たなプロローグとなるだろう。なぜならメガバスは、昨日までのMEGABASSを超えることを常に課せられた、あくなき挑戦者なのだから。

 

次の勝利へ向けて、すでに新たなプロジェクトは動き出している。STWから生まれた「MSC01」の改良型はS-CRANKとなって世に送り出され、今年は勝つためのペンシルベイト・DOG-X DIAMANTEもデビューを果たした。それらの名とともに、STWの成果が再び語られる日も遠くないはずだ。

 

stw20160401_dog-x_diamante

 

 

 

ステイ直後の動きがバスの捕食本能を刺激。伊東由樹が語るFLAP SLAP

  では、今回エドウィンに勝利をもたらしたフラップスラップとはどのようなルアーなのか? メガバスブランドのトップカテゴリーとして展開するI.T.O.エンジニアリングによって生まれたフラップスラップ、その特徴を簡潔に言えば「タイトでハイピッチなローリングと、それによって起きる強烈な明滅効果が特徴のリアル系フラットサイドクランク」。そしてこのルアーの使い方の一例を、デザイナーの伊東由樹自身が語った。

 

stw20160401_flapslap

 

「(フラップスラップのような)フラットサイドクランクは春に強いという定説があります。でもこれは単純にフラッシングが強く、水を強く押すからという理由ではない。むしろ、ファットタイプのようにダイナミックに水を動かすのではなく、“ハッキリと、かつ不規則に明滅させる”ことが大事であって、そのための必然的な形状なんです。だから、フラットサイドでも不規則なペンデュラムアクションが出ないものは、ボクはあまり使いません。動きはよりタイトで、ボディを高速かつ鋭角に倒れ込ませ、なおかつリトリーブの緩急にダイレクトに呼応してアクションを変化させるペンデュラムアクションのシャッド。それをハイピッチで演じるルアーこそが最強のフラットサイドクランクとなるのです。

フラップスラップの基本的な使い方は、『一瞬のポーズを入れたスローリトリーブ』。そもそもフラップスラップは、フラットサイドでありながら超ハイピッチ・ローリングを生むことをコンセプトに開発され、それを独自のクランクシャフトバランサー・システムによって実現させています。さらにこのルアーは『何かに当てなくても変則的な明滅を生みだして誘うことが可能』な点が大きな特徴。よってリトリーブスピードは、ルアーがきちんとアクションする限界のスローリトリーブが基準となります。そしてそこに、動きの変化とバイトのきっかけを与えるために、一瞬のステイを入れるのです。

ステイの目安は最大でも2秒。全体は低重心ながら、テール部分が高重心なシャフトバランサーシステムのため、このルアーはちょっとしたことでバランスを崩します。それがハイピッチロールを生む原理であり、ステイさせた直後には“起き上がりこぼし”の原理で一瞬、パタパタと倒れ込む動きを出す。この動きがバスにバイトのきっかけを与える最大のキモ。よってバイトは、必然的にステイからの動き出しの瞬間に出ることが多くなります。またフラップスラップは、ステイさせた直後、ライズアップしたように上を向きますが、これも重要なキモで、バスの目線から上方向に逃げようとするルアーの動きが捕食本能を激しく刺激します。スローリトリーブで存在をアピールし、一瞬のステイで食わせる。フラップスラップはそれが可能なルアーなのです」。

 

トップアスリートのタクティクスと、それをサポートし、より良い形で具現化するメガバステクノロジー。STWのプロジェクトはもとより、I.T.O.エンジニアリングの最先端理論をも総動員した“オールメガバス”の取り組み。それこそが「本気でバスマスタークラシックを戦い、そして勝つ!」という共通のベクトルを加速させ、さらなるステージへと引き上げるのだ。今回、文字通りオールメガバスを背に闘い、勝利をもぎ取ったエドウィン。その熱い想いは、今後も偉大な勝利へと向かう原動力となっていくことだろう。

2016_bassmaster_edwin

 

Support To Win or STW. That’s a project that USA pro team and Megabass have been working on together to pursue the word “victory”. The battle field is the world’s best bass fishing tournament “Bassmaster classic”. In 2016…Edwin Evers finally won the first place at the Bassmaster classic. Let’s review the memorable victory that is a big step for not only Edwin but Mebagass as well.

 

 

2013, the project began

Bassmaster classic is the world’s best sports fishing tournament, nothing like any other ordinary fishing competitions. The competitors chosen from all over the world are rather top athletes than just anglers, they are risk takers who put everything into this competition.

 

It was 2013 when Megabass started to launch this grand project towards this big event. We launched new corporate in US as a prologue and establish TEAM MEGABASS at the same time, followed by the Japanese development team that flew to the US. We confirmed “serious determination to win the Bassmaster classic”, after a number of meetings to understand each other, even though we had a wall of language and cultural differences.

 

In 2014, we joined the classic with a lure, code name: MSC01 (later S-CRANK) and did great during practice till right before the final day when the condition drastically changed. We got so much out of the tournament even though we didn’t get first place, and the highest was Edwin Evers who got third place.

 

stw20160401_s-crank

 

2 years after that day, Megabass finally won victory in 2016 Bassmaster classic that was held in Grand lake, Oklahoma during 03/04-03/06. The person who received the honor was Edwin Evers who had mortifying experience 2 years ago by Aaron Martens who had taken the place of the champ, he was once the same Megabass teammate in the Elite series. The wining lure was his favorite, FLAP SLAP. Winning by catching fish over 29lb on the last day of the competition was a spectacular achievement that we can call sweet revenge to pay back that mortifying day.

 

Does everybody remember the comment Edwin made on the day he got third place? He said “I had a really hard time with the sudden condition change. I caught so many fish in shallow with MSC01 during practice and all the fish were gone at real tournament. I couldn’t even make it to third place if I didn’t have FLAP SLAP.” While he was apologizing to the Megabass staff saying “I did my best though…couldn’t win. Sorry.”

 

FLAP SLAP helped him again to bring him the best honor, first place this time, which helped him at the former classic. What a dramatic victory. The top pro entrusted one lure to fight through tough tournament with all his knowledge and technics. It didn’t happen if he didn’t have 100% trust in the lure.

 

Gaining US top pro’s trust through STW project means much more than just victory to Megabass, I would say. He fell in love with Megabass lure (not just business like) and kept using it, he returned the best result “victory” back to us.

 

However, Megabass is not just satisfied yet. This victory is just a new prologue to further battle fields. Because Megabass is a challenger who never stops challenging ourselves to get better.

 

The new project has already begun for next victory. S-CRANK which is remodel version of MSC01 produced by STW was released and a pencil bait, DOG-X DIAMANTE made a debut to win this year. It’s not too far until people start to talk about the achievements of STW and these lures again.

 

stw20160401_dog-x_diamante

 

 

 

The movement right after staying still stim ulates bass’ predatory behavior.Yuki Ito talks about FLAP SLAP

FLAP SLAP, the lure that brought Edwin the victory this time… What kind of lure FLAP SLAP is? FLAP SLAP was produced by ITO engineering which places top rank in Megabass brand, when I talk about its character in brief, “Realistic flat sided crank that is characteristic of intense flashing effect caused by tight high pitch rolling” the designer Yuki Ito himself talked about the example to use this lure.

 

stw20160401_flapslap

 

“There is this commonly accepted theory that flat sided crank (like FLAP SLAP) is good to use in spring. But it is not simply because of strong flashing and a strong push through water. The more important thing is “clearly yet irregularly flashing” unlikely fat type of lure moves water dynamically; therefore, the shape is inevitable.

That’s why I don’t use much if the lure doesn’t have irregular pendulum action, even if it’s flat sided. The best flat sided crank would be able to act as a shad that has tight motions and tilts its body into sharp angles in high speed with pendulum action responding to any sudden change of retrieve.

 

The basic use of FLAP SLAP is “slow retrieve with a moment of pausing”. Originally, FLAP SLAP was developed under the concept to create super high pitch rolling even though it’s flat sided, our original crank shaft balancer made it happen. Furthermore, the biggest special feature of this lure is “the ability of attracting fish by creating irregular flashing without bumping into anything.” Therefore, the slow retrieve should be the standard for this lure which is the limit for the lure to be able to still perform properly….and add a moment of still time to create the change and the bite chance.

 

This moment is only 2 seconds, at the most. The lure easily loses balance because the lure itself has low center of gravity yet the tail part is shaft balancer system which has high center of gravity. That’s the principal to create the high pitch rolling, it tumbles around like a tumble doll for a moment right after the still time. This movement is the biggest key to give bass a chance for a bite. Now you know, the most bites happen at the moment right after the still time. FLAP SLAP also looks above like rising up right after the still time, this is also important factor to stimulate their predatory behavior greatly, since it looks like the baits trying to swim away towards above. FLAP SLAP is the lure to show its existence to bass with slow retrieve and make them bite with a moment of staying still.”

 

Megabass technology supports top athletes’ tactics and embodies them into better shapes. Not only STW project, it’s more like “All Megabass” project using the ground breaking theories of I.T.O. engineering.  That accelerates the common vector which is “Serious fight in bassmaster classic, and win!”, and take it to the next level. This time, Edwin snatched the victory in his hand having literally all Megabass on his back. The strong passion is and will always be our driving force towards the great victory!

2016_bassmaster_edwin

 

S.T.W.(Support to Win)。那是Megabass和USA专业队组合一起追求“胜利”这2个字的项目。战斗之场,是世界最顶极的鲈鱼垂钓赛 “BASS MASTER CLASSIC”。在2016年的比赛中,Edwin Evers获得冠军。不用说Edwin本人,让我们回顾一下,对于Megabass来说也是非常大的一步,是值得纪念的一次胜利。

 

 

2013年项目起动

所谓的BASS MASTER CLASSIC,和单纯的钓鱼大会是有明确区别的世界最顶级的垂钓运动赛式。从世界各国集聚的被选中的竞争者,与其说是职业钓手还不如说是顶级运动员,也是为了在此赢得胜利赌上息一切的赌徒。

 

对于这个大型的活动,Megabass启动大型的项目是2013年的时候。作为开篇在当地设立新法人的同时启动了TEAM MEGABASS,在这前后日本的开发阵容赴美。通过反复的会议商讨彼此相互理解,越过语言和习惯的障碍,彼此认定了「为了取得BASS MASTER CLASSIC胜利的决心」。

 

2014年,带着经过2年的时间完成了路亚编号为MSC01(后面的S-CRANK)的路亚去参加了CLASSIC,虽然在练习时可以持续快速进攻,但是最后一天场所为之一变。Edwin Evers得了第3名成为了本次比赛的最好成绩,与冠军失之交臂,但是这个结果有重要的意义,充分了感受到了成果。

 

stw20160401_s-crank

 

从那之后两年,3月4日~6日在俄克拉何马州的翔龙湖举行的“BASS MASTER CLASSIC 2016”, Megabass终于取得了胜利。获奖者就是两年前差一步之遥而只能饮泣吞声,在Elite Series时被曾经同在Megabass是同一个团队的Aaron Martens抢去冠军宝座的Edwin Evers。胜出路亚就是他的爱物FLAPSLAP。比赛最后一天以超过29lb的成绩逆袭取得冠军,那天的的颠倒位置的背后,简直是一个值得被称为复仇的壮举。

 

也许大家还记得,那一天,获得第3名的Edwin说的话。他对Megabass的成员说“虽然尽了最大的努力但是没能取得胜利。Sorry”道歉的同时还有说:“我也被条件的突然改变而困扰了哦。在练习中利用MSC01在浅水区可以钓到很多的鱼,但是当天鱼都没有了,但是幸好有FLAPSLAP,总算是可以勉强同步。

 

是的,在那个CLASSIC下支持过在艰苦环境中Edwin的FLAPSLAP这次也帮助了他,获得了最高荣誉的冠军。总感觉像戏剧性的胜利。顶尖专业钓手全部委托同一个路亚,毫无保留地运用自己所有的经验和技术将这个艰难的比赛战斗到底。这个是如果对路亚没有100%的信心是无法实现的。

 

通过STW的项目得到发源地美国顶级钓手的“信赖”对Megabass可以说也许是比胜利的意义更大的勋章。绝对不是公事公办的应付,真的是被Megabass路亚迷上而继续使用,这个是胜利的最高结果的反馈。

 

但是当然,Megabass并不是就满足于此。这一胜利反而要将自身放入战斗中开始新的序幕吧。为什么呢?因为Megabass一直都是以超越昨日的MEGABASS为课题,永无止尽的挑战者。

 

朝着下一次的胜利,已经开始启动了新的项目。从STW中诞生的“MSC01”改良版的S-CRANK出世,为了今年取得胜利的铅笔型路亚・DOG-X DIAMANTE也已经出道。伴随着他们的名字,STW的成果再次被传说的日子应该不会太远了。

 

stw20160401_dog-x_diamante

 

 

 

置后马上运动会刺激鲈鱼的捕食本能伊东由树所说的FLAPSLAP

那么,这次Edwin取得胜利的FLAPSLAP到底是什么样的路亚呢?作为MEGABASS品牌的顶级系列而展开的I.T.O.工程而诞生的FLAPSLAP,它的特征简单地概括成“通过贴身地高速度的抖动动作,引起强烈的明灭效果的特征的真实系列的FLATSIDE CRANK”。那设计师伊东由树亲身来讲述一下使用方法的一个例子。

 

stw20160401_flapslap

 

 “(像FLAPSLAP)FLATSIDE CRANK是有在春天特别厉害的说法的定论。但这并不是简单的把闪烁效果变强,强烈的压水的原因。相反,不是像肥胖型的动态地在水里流动,而是“让它明确的不规则地明灭”非常重要,为了这个而必须具备的形状。所以说即使是FLATSIDE如果不能弄出不规则的摆动动作,我不会经常使用。比起游动更贴身、让身体快速且锐角倒下、还有直接呼应收线的急缓让抖动动作变化多端的摆动动作的SHAD。正因为通过它演绎出高速抖动的路亚才是最强的FLATSIDE CRANK。

 

FLAPSLAP基本的使用使用方法是“瞬间暂停的缓慢收线”。FLAPSLAP本来是以保持FLATSIDE的同时还超高速抖动的概念而开发出来的,它通由一个独特的曲柄平衡系统来实现。此外,这种路亚是“不碰到任何东西也可以产生不规则闪烁的诱惑”这点是一大特色。因此收线速度是路亚完整地抖动的界限的缓慢收线作为基准。然后在那里,找到抖动的变化和咬钩的机会,要做瞬间的停顿。

 

停顿的标准最大也就2秒。因为达到一边将整体重心放低,一边让尾巴部分高重心的曲柄平衡系统,这个路亚只要稍微不好就会打破平衡。这个是产生于高速翻滚的原理,暂停后立即“不倒翁”的原理,瞬间展现出吧嗒吧嗒倒下的动作。这个动作是让鲈鱼咬钩机会最大的关键点。因此咬钩必然会在暂停后摆动的瞬间的时候特别多。还有FLAPSLAP是暂停之后的瞬间,像蜂起一样朝上,这个也是重要的关键点,从鲈鱼的视线向上面的方向逃跑的路亚的游动激发起它的捕食本能。缓慢收线是表现出它的存在,通过瞬间的停留让它咬钩。FLAPSLAP是这种也能做到的路亚”

 

顶级运动员的策略和支持此策略并以更好的形式来体现它的具体化的Megabass技术。不用说STW的项目,I.T.O. 工程的最先进理论也一起总动员的“All Megabass”的搭配。这样才正是加速“全身心与BASS MASTER CLASSIC决斗,并且取得胜利!”的共同动力,将它拉升到另外一个阶层。这次,如文字所述AllMegabass的背后战斗,并取得胜利的Edwin。那种激情,应该也会成为未来实现伟大胜利的动力吧。