Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > Back to Basic, Xtreme Bait. > 釣りたければやり切ること!鬼の塾長・佐藤信治流BIG-M 4.0活用法

釣りたければやり切ること!鬼の塾長・佐藤信治流BIG-M 4.0活用法

back

 

 

ハードルアー&ベイトタックルにこだわり、琵琶湖をベースに活躍するサトシンこと佐藤信治さん。その信念と独自の理論で幾多のビッグバスを仕留めてきたことは誰もが知るところだ。MPSフィッシングロジック第2回の今回は、自らのプロデュースによるマグナムクランク・ビッグM4.0について塾長・サトシンが直接指南する。

 

 

●従来のマグナムクランクとの違い

Q: サトシンさんと言えばハードベイトですが、サトシンさんの釣りのなかでマグナムクランクはどんなときに多用するルアーですか?

 

A: 出しどころは今までのマグナムクランクと一緒。バスが何かに執着して、じっと潜んでいるときが狙い目です。それはウィードでもいいし、ウッドカバーでもいいし、岩でもいいんですが、そういうところに潜むバスをマグナムクランクの力で飛び出させて釣る、そういうルアーです。

 

Q: とはいえサトシンさんが関わる以上、ただのマグナムクランクではありませんよね?

 

A: もちろん今までのクランクとは違います。マグナムクランク自体、最初は特殊なルアーという認識をされていたんですが、いまはひとつのジャンルとして定着している。その結果各社がマグナムクランクを出してくることは必然だけど、メガバスが同じようなものを出しても意味がない。だからマグナムクランクのなかでも使い分けができるように、ほかとは違ったタイプのフラットサイド系を意識したということです。それも含めてビッグMの狙い、コンセプトを一言で言うと、「普通の竿では使えない」「疲れる」というマグナムクランクの欠点を解消した“やり切れるクランク”です。

 

 

●フラットサイドにするメリット

Q: 結果的にはルアーデザインの部分でフナやギルといった扁平なベイトフィッシュのキャラクターに寄せていますが、フラットサイドのフォルムはそれらを意識したわけではなく、機能を追求した結果生まれたということですね。

 

A: そうです。それと一見してほかのマグナムクランクと区別できるフォルムということ。発案の時点でギルパターンを意識したとか、そういうことではないですね。機能的には動きもフラッシング重視で引き抵抗も格段に小さくなるので、誰が使ってもやり切ることができる。それが一番のメリットです。ただファットなクランクの動きを好むバスもいるし、フラッシングを好むバスもいるので、いつでもフラットサイドが良いわけではありません。そこに使い分けの選択肢があることが重要なんです。

 

 

●一日投げても疲れないことの真意

Q: いずれにしても、やり切るというのがこのルアーのキーワードのようですね。

 

A: 僕の経験では、どんなルアーも最終的には動きがどうとかフラッシングがどうとかよりも「どれだけ投入したか」が釣果につながるんです。釣りたければやり切ること。そう考えた時、引き抵抗が大きなマグナムクランクはきつい。やれば釣れるのは分かっていても、やり通すことができない。僕はハードベイトで毎日やり込んでいるけど、お客さんにマグナムクランクを一日やらせるのは無理があって、途中でレギュラーサイズのクランクベイトに変えたりするのが現状です。ところがビッグMは一日普通にやり切ることができるので、今日はマグナムクランクで通しましょう、ということも可能になります。

 

 

●使い方の基本

Q: 釣るための秘訣はありますか?

 

A: 基本的にウィードに絡めて使う。絡めないと釣れません。そこが普通のクランクベイトとは違うところで、バスのレンジに対して必ずそれ以上の潜行深度がないと活躍できないルアーなんです。琵琶湖の南湖で言えば、ウィードに潜んであまりやる気のない奴を喰わせるために、ウィードに当てて使う。マグナムクランクの最大の特徴である高浮力を活かして、浮かせたときにバイトさせるんです。ウィードが少ない場所なら、岩でもストラクチャーでも同じことです。

 

 

●ビッグMに適したタックルは?

Q: どんなロッドが使いやすいですか?

 

A: テスト段階ではUSモデルのオロチXXの、F5‐75Xを使いましたが、このロッドはちょっと特殊です。ではどんな竿が良いかというと、このルアーにベストマッチする竿はあまりない。けど、逆に言えば竿を選ばないとも言えます。普通のマグナムクランクは完全に竿を選ぶと思いますが、ビッグMは選ばない。あえて言うと、2オンスのウエイトを普通に投げることができて、なおかつ柔軟なロッドが理想ですね。引き抵抗が軽いため、巻くだけならMHクラスでも全然問題なく使えます。

 

Q: その条件を満たしていれば、ロッドの長さは短くてもOKですか?

 

A: いや、やはり長いほうが使いやすいですね。7フィートはほしい。長さの分だけ柔軟性が出ますから。短い竿は、パワーはあってもリーチがないぶん曲がりを活かせないので、あまりお薦めしません。

 

Q: リールはハイギアとローギア、どちらが適していますか? 定説では「巻き物=ローギア」ですが、最近はハイギアを使うアングラーも多いようです。

 

A: どっちがいいかではなく、これはズバリ、ローギア(※巻き取り長60cm以内を想定)でないと無理! マグナムクランクに限った話ではなく、スピナーベイトでもバイブレーションでも、僕の場合は、巻き物はすべてローギア。ローギアしかあり得ないですね。明らかに差が出ます。

 

Q: その理由はパワーですか?

 

A: トルクとか巻きの軽さとかももちろんあるけれど、一番はひと巻きでルアーが進みすぎてしまわないこと。そういう理由です。とくにマグナムクランクの場合はウィードに絡めて浮かすという釣りなので、もうすぐウィードにタッチするぞ、というときにある程度こっちが身構えてないといけないんです。その時に速いギアだとルアーがウィードに突っ込んでしまう。「あ!」と思った時にはもう遅い。でもローギアだと、ウィードにタッチしてリーリングを止めた時に行きすぎない。突っ込みをいち早く回避して、すぐに浮上させることができるんです。これはすごく大きいですよ。あとは安定して巻けるということ。速いギアは巻きの負担が釣り人側に来てしまうので、リーリングのリズムがぶれてしまう。一定のリズムでストレスなく巻き続けられるのもローギアのいいところです。

 

Q: ラインはどんなものを使っていますか?

 

A: フロロカーボンの16ポンドです。そもそも僕はすべてフロロ。トップウォーターでもフロロカーボンしか使わない。通常はいかなるルアーもオール14ポンドなんですけど、ビッグMで16ポンドを使うのは飛距離と強度のバランスを考えてのこと。ルアー自体に自重があるのと、巨大な魚が普通にヒットするので安全のために16ポンドを選んでいます。

 

Q: フロロカーボンの比重がビッグMの浮力を邪魔するようなことはないのですか?

 

A: ビッグMはそのために浮力を上げる内部構造にしているので、それは一切ないですね。むしろクランクベイトにナイロンラインはあり得ない。理由はラインの角度。巻き始めるとフロロのラインは(水を切って)どんどん一直線になっていきますが、ナイロンではライン自体の浮力が邪魔してなかなか真っ直ぐにならない。ラインのたわみが取れてルアーに到達するまでが遅いんです。このロスは僕にとってはあり得ないことです。

 

 

●最盛期はアフタースポーンの時期

Q: ビッグMが最も活躍するシーズンはいつですか?

 

A: バスが浮力に対して強く反応する時期、そしてバスが何かに執着している時期。春は産卵に絡んでくる頃からマグナムクランクが活きてきますが、基本的にはアフターがいいですね。アフターだとウィードやストラクチャーに執着する感じですから。あとは夏以降のウィード等に潜んだりする状態にもかなり効きます! よって、アフタースポーンから初冬ぐらいまでが最盛期だと言えますね。結局マグナムクランクの出番は普通のクランクと違って、そこにとどまっているバスを狙うということ。動き回ってウロウロしているバスはマグナムクランクで反応させる魚じゃない。ここに絶対いるぞ、なのに反応しないなという魚がいたらマグナムクランクで狙ってみてください。

 

 

●カラーについての考え方

Q: 次にカラーについての考えをお聞きしたいのですが、「塾長シャッド」とはどういうコンセプトのカラーですか?

 

A: 塾長シャッドは僕が考えるナチュラル系の総合色。濁った水質にもクリアな水質にも対応できる色です。ブルー系の背中にしているのは最も深いレンジでもシルエットを認識しやすいから。そのなかで腹面はクリア系にして、透明度の高いところでも色が抜ける。そして体側のパールは本能的に自然さを認識できる色。そういう違和感のないナチュラル総合色です。

 

 

 

Q: 「塾長ピンク」は逆にアピールを狙ったものですか?

 

A: これは何かを狙ったわけではなく、テストのために塗ったカラー。ワンテンRのときから採用していますが、いいとか悪いとか、見た目がどうのというより、テストでこれだけ通用してしまったら出すしかないと。条件もなにも関係なく、この色だけでテストをして安定して釣れましたから。ちなみにピンクというのは人間的には見やすい派手系の色ですが、バス的には「消える色」と言われています。ルアー自体を小さく見せる効果や、不自然さを消して溶け込ませる効果もある。つまり魚に違和感を与えないのがピンクというカラーです。

 

 

 

ワンテンRの時からテスト用のカラーとして採用している塾長ピンク。一般的にはアピール系のカラーだが、バスからは違和感のないカラーだ。

 

Q: 人間が空気中で見る色とは見え方が違うんですね

 

A: ぶっちゃけた話、自然の小魚は水が濁ったからと言って色を変えるのか?ということです。でもバスたちはどんな水色でも存在を認識して喰っている。なのにルアーだとなぜそんなに色を変えるのか、ということです。ただ、本物に似せるだけでなく、あえて本物らしくない色でルアーだと認識させることもあるのがカラー選択の難しいところ。僕は色については深く研究しているので言いたいことはたくさんありますが、今回はこのくらいにしておきましょう。

 

 

●塾長からのメッセージ

Q: では最後に、ビッグMでどうしても釣りたいというアングラーにサトシンさんからのメッセージをお願いします。

 

A: 何度も言うようにビッグMは“やり切れるマグナムクランク”です。ぜひやり切ってください。何回か投げてあきらめてしまわず、これで釣りたい!と思ってがむしゃらにやってほしいです。ただ釣るだけだったらもっと簡単な方法がいくらでもありますけど、そこをあえて「これで釣ってみたいな」、「このルアーに喰いつくバスを釣ってみたい」と思って使い続けることが大切です。バスフィッシングの面白さはいろいろなルアー、いろいろな釣り方があることだと思っているので、ビッグMを使ってバスフィッシング本来の面白さを感じてもらえたら嬉しいですね。

 

 

>>> BIG-M 4.0 Products page

 

次回はディープX100、200、さらにはDX-FREE2.0を使ったクランキングのコツを伝授してもらう予定だ。

 

 

 

 

TOPへ

 

 

Shinji Sato (Satoshin) is a discerning hard lure and tackle user based on Lake Biwa. It is widely known that through his strong beliefs and unique theories he has caught countless big bass. For entry number two in the MPS Fishing Logic series, we will have Shinji Sato himself instruct us on the use of his creation: the BIG-M magnum crank.

 

●Getting into the BIG-M and Past Magnum Cranks

Q: The name Satoshin is practically synonymous with hard baits. When in your fishing do you bring out the magnum cranks?

A: They come into play in the same places they usually do. The prime opportunity is when the bass are lurking, holding right up against something. That could be weeds, wood cover, or rocks. This lure uses the power of a magnum crank to make big bass dart out of places like that and ambush. It’s that kind of lure.

 

Q: Seeing as you oversaw the development of this lure, it’s clearly not just another regular magnum crank. How is it different?

A: Yes, of course. It’s different from past cranks. At first, magnum cranks were seen as a unique type of lure, but now they have firmly established themselves in their own category. As a result, many companies will naturally present their own take on the magnum crank. That would make it pointless for Megabass to release yet another similar product. That’s why we developed a flatside magnum crank, in order to differentiate its use from other magnum cranks. To sum up the focus, or the concept behind the creation of the BIG-M, it was to develop a magnum crank that eliminates the disadvantages of classic magnum cranks. Poor performance with normal rods, increased fatigue with extended use. We wanted something that lets you hang in there and tough it out till the end.

 

 

●The Merits of a Flatside Design

Q: So even though the lure design ended up being reminiscent of baitfish such as bluegill, that wasn’t necessarily the reason behind the flatside design. Was it more about maximizing functionality?

A: That’s right. Also, that it had a form that could be easily distinguished from other magnum cranks. There was no plan to use a bluegill pattern at the point of inception. In terms of functionality, the action is focused on flashing performance, and the pulling resistance is also dramatically reduced, so no matter who uses it, it really lets you fish it hard. That’s one of the biggest merits of this lure. But, there’s still bass that prefer the movement of fat cranks, just like there are bass that prefer flashing, so you can’t say that the flatside design is always the best choice. The important thing is that now you have this option available to you.

 

 

●The True Meaning Behind an All-Day Use Lure

Q: Low-fatigue seems to be a key concept behind this lure…can you elaborate?

A: In my experience, no matter what lure you use, your results are determined by the number of casts you make—and how you make them (angle, placement, etc.)—not necessarily by how good the action is or how good the flashing is. Thinking about it from that perspective, magnum cranks with high pulling resistance are a real hurdle to overcome. You know that if you keep it up, you’ll get results, but it’s hard to hang in there and tough it out. I heavily utilize hard baits every single day, but it’s hard to ask your average angler to go out there and cast a magnum crank all day long. The truth is that part-way through they’re going to switch over to a regular-sized crankbait and take a break. However, the BIG-M lets you hang in there throughout the whole day, so it becomes possible to stick with magnum cranks to target those big bites

 

 

●Basic Use

Q: Are there any secrets to using the BIG-M?

A: The key is to make contact with weeds. If you don’t make contact, your bite-chance goes down. This lure needs to have a diving depth deeper than the range of the target bass to be effective. That aspect sets it apart from classic crankbaits. For example, in Southern Lake Biwa, you hit the weeds to trigger bites from lazy bass lurking in the weeds. You use the characteristic high buoyancy of a magnum crank to get bites right as the lure floats up. If it’s an area with few weeds, the same thing can still be done targeting rock and structure.

 

 

●What Tackle Is Suited for Use with the BIG-M?

Q: What rod is best?

A: During testing I used a US model of the F5-75X from the OROCHI XX series, but this rod is very unique. So what rod should you use with this lure? There aren’t any rods that I would say are the absolute best match—which is to say that this lure pairs well with a wide range of rods. A normal magnum crank would be much more particular about which rod performed well with it, but not the BIG-M. Ideally, all you really need is a flexible rod that can cast a 2oz weight without issue. Since the pulling resistance is low, even an MH rod could retrieve the BIG-M without any problem.

 

Q: So is a short rod okay if it meets those criteria?

A: Longer rods are definitely easier to use. I’d want at least 7’. The longer it is, the more flexibility you get. A short rod might have power, but you can’t really get the leverage you need from the curvature of the rod to get better distance out of it, so I can’t recommend them.

 

Q: Which is better, a high gear reel or low gear reel? Conventional wisdom says that low gear is the way to go for cranking, but these days many anglers seem to be using high gear setups as well.

A: There’s really no debate. You absolutely need a low gear (winding length of 60cm or less) reel! With me, it doesn’t matter if it’s a magnum crank, spinner bait, or vibration bait—everything you crank needs a low gear reel. You see a clear difference in performance.

 

Q: Is that because of the power generated?

A: The torque and lighter handling are part of it, but the most important consideration is preventing the lure from moving too far with one rotation. Especially with magnum cranks, as you’re hitting weeds and then floating up. With this type of fishing you need to be prepared for when the lure contacts the weeds. A low gear reel allows you to react in time without the lure plunging too far into the weeds. You can avoid that situation and float up at the right moment. This is huge. Also, it makes stable retrieves possible. A high gear reel puts a high burden on the angler, disrupting the stable reeling rhythm. The advantage to a low gear reel is that you can perform stable, stress free reeling.

 

Q: What type of line do you use?

A: 16lb fluorocarbon line. Everything I use is fluorocarbon. Even for topwater I only use fluorocarbon. I normally use 14lb for all lures, but for the BIG-M I use 16lb for an optimal balance of casting distance and strength. The lure itself has some weight to it too, so I use 16lb just to be on the safe side when a giant fish strikes.

 

Q: Does the weight of the fluorocarbon line ever interfere with the buoyancy of the BIG-M?

A: The BIG-M’s internal design provides for increased buoyancy for that purpose, so that’s never a concern. The use of nylon line is actually unthinkable with crankbaits. The reason for this is the angle of the line. When you start retrieving, fluorocarbon line cuts through the water creating a straight line. With nylon line, its own buoyancy gets in the way and it just won’t keep straight. This creates a lag in the lure’s movement that’s just unacceptable to me.

 

 

●Peak Season Is After Spawning

Q: During what time of year does the BIG-M perform best?

A: Any periods where bass react strongly to buoyancy and when they tend to hold close to objects. Magnum cranks start to become effective in springtime around spawning, but after spawning is preferable. That’s when the bass stick closely to structure. It’s also very effective from summer onwards when the bass like to lurk in weeds! So, you can say that the best times are from after spawning up until late fall. Unlike normal cranks, the purpose of magnum cranks is to target stationary bass. Active fish that are swimming around aren’t the ones that will generally react to magnum cranks. If you sense that they’re there—but you can’t get a reaction—try a magnum crank.

 

 

●How to Look at Colorings

Q: Next I’d like to ask about your thoughts on colors. What’s the concept behind the Principal Shad coloring?

A: The Principal Shad is my take on a comprehensive natural coloring. It’s a coloring that can adapt to both clear and murky water. The blue back makes the silhouette easier to visualize in the deeper ranges. The clear belly is effective in clear water, and the pearly sides instinctively evoke a natural feel. Overall, it’s a very natural coloring.

 

 

Q: Is the Principal Pink something you came up with to have a more impactful coloring?

A: There really wasn’t much of a reason behind this one. It’s just a test color I’ve been using since the ONETEN R. It’s not really an effective of ineffective coloring per se. The idea is that if the lure can perform well looking like this, we have no choice but to put it to market! If we can get stable performance with this coloring, I feel like we’ve made the grade. Also, while pink is a very high-profile color to humans, it’s said that to bass pink “disappears.” It has the effect of making the lure appear smaller, making it blend in more naturally with its surroundings. In short, pink is a color that won’t be off-putting to fish. 

 

 

 

Principal Pink, a test coloring that’s been used since the ONTEN R. Normally this is considered a high-profile color, but to bass it’s has a very natural appeal.

 

Q: So bass see this color in a very different way than humans?

A: Think about it. Do actual baitfish change their color depending on how clear the water conditions are? Yet bass sense their presence and feed on them no matter the condition of the water. So why do we change the color of our lures so much? That’s what I’m talking about. It’s not just about mimicking real colors, it’s also about mimicking the presence and feel of real baitfish regardless of the colors. I spend a lot of time studying colors, so I have a lot to say about the topic, but I’ll leave it at this for now.

 

 

●A Message from the Principal

Q: Lastly, we ask you for some words directed at anglers looking to use the BIG-M.

A: I’ve said it many times, but the BIG-M is a magnum crank that will let you hang in there. Please use one and see firsthand how it lets you tough it out. No matter how many casts it takes, I want you to press on without giving up. There are easier ways to go if you just want to catch something, but the important thing is to want to succeed with this lure, to want to catch the fish you can only catch with this lure. I believe that the fun part of bass fishing is getting to try out all sorts of lures with all sorts of methods, so I would love to have you try out the BIG-M and enjoy that thrill for yourself.

 

 

>>> BIG-M 4.0 Products page

 

Next time we’ll have him explain the key to cranking with the DEEP-X100, 200, and DX-FREE 2.0

 

 

TOP