Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.86

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.86

back

team_blog_banner

 

S-CRANK(エス・クランク)とは? Vol.3  (T-013)

 

 vol86_01

 

プロジェクトSTWからリリースする「S-CRANK」の、誕生秘話から、製品のこだわりなどを、ご紹介します。

前回の第1話、第2話はこちら。

Vol.1

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-71/

Vol.2

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-82/

 

 

第3話 「S-CRANKデザインのこだわり」

 

ここでは、おもに外観の「こだわり」について掘り下げていきます。

こだわりは大きく分けて3つ。

①    フックサイズ

②    フェイスデザイン

③    ラインアイの少しの違い

です。

 

まず、①のフックサイズについてです。

これは、開発当初からのメガバスUSAプロスタッフからの強い要望で、ルアーサイズに対して、大きめのフックを搭載して欲しいとのことでした。

そこで、

S-CRANK 1.5 には、フロント#2リア#4

S-CRANK 1.2 には、フロント、リアともに#4

を搭載。65mm、60mmの大きさにしては大きめのフックを搭載しております。

 

これは単純に、かすかなバイトでもしっかりとフッキングに持ち込むためのものでもありますが、USAトーナメントにおいて、いつ10ポンドオーバーのような大きな魚がきても、しっかりと対峙できる安心感もあります。

 

 vol86_02

 

しかし、ボディサイズに対してひとまわり大きなフックを搭載するのに難しいところは、やはりフック同士がからんでしまう針絡みです。それを無くすため、S-CRANKでは、上の写真のようにリアフックアイをボディ上側に配置する事で、針絡みを無くす事に成功しました。

 

 

②フェイスデザイン

S-CRANKのフェイスデザインはメガバスルアーの中でも比較的ひかえめな表情をしています。これは、第2話でもお伝えしたとおり、薄く尖ったヘッドデザインに原因があり、ヘッドの薄さがS-CRANKの全てと言ってもいいほど重要なギミックです。

つまり、その薄さを損なうことなく、最小限のエラの枚数で顔の表情をデザインされています。

 

 vol86_03

 

また、一見同じに見える、S-CRANK 1.5 と1.2 の顔の表情。

実は若干ですが、変えています。

 

 

最後に③のラインアイの違いです。

 

 vol86_04

 

よく見ていただくと、1.5と1.2で少し違いがあります。

1.5は従来通りですが、1.2のラインアイは、向かって右側に少し倒れているのがわかります。これは、不良品ではなく、金型の時点で少し傾くよう設定してあります。

では、なぜか。

1.2は1.5よりもボディが小さい分、スラローム幅も狭くなるというのは第2話でお伝えしました。つまり、ヘッドで水を受ける面積も小さくなります。

そこで、スラロームのキッカケを1.5よりも早く作り出すため、あえて傾けています。

 

しかし、いくら量産品といえ、全く同じものは出来ません。ゆえに、その傾きが良くない方向に作用する場合も、ごく、ごくまれにあります。

その時は、どのようなルアーでも同じですが、トゥルーチューンをしてあげて下さい。

ルアーを上から見たときに、左右どちらかに傾けてあげるだけです。

 

 

ここで余談ですが、メガバスのルアーでラインアイを左右どちらかに、意図的に傾けている製品がS-CRANK1.2以外にもあります。どの製品か分かる方は、かなりのメガバス通ですね。

 

vol86_05

 

さて、全3話にてお送りしましたS-CRANKのお話。ここで書ききれていないことも多々ありますが、ひとまずここまでです。

アメリカの最高峰トーナメントで活躍するS-CRANK。中層でスラロームさせるもよし、ストラクチャーにガシガシ当てながら誘うもよし、多彩な使い方で楽しんでみて下さい。

 

 

S-CRANK(エス・クランク)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/

team_blog_banner

 

What is S-CRANK? Vol.3 (T-013)

 

 vol86_01

 

I want to talk about S-CRANK which was released by project STW, from the secret of how it was born to our obsessions to this product.

The former episodes.

Vol.1

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-71/

Vol.2

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-82/

 

 

Episode.3 “Our obsession of S-CRANK design”

I’ll mainly dig deep down about “our obsession” for the appearances.

There are roughly three.

1)    Hook size

2)    Face design

3)    Few difference on line eyes

 

First, I’ll talk about 1) Hook size.

Megabass USA pros have been strongly requesting for relatively bigger hooks for the lure from the very beginning.

So…

We installed #2 for front hook and #2 for rear hook of S-CRANK 1.5

We installed #4 for both front and rear hooks of S-CRANK 1.2

We put rather bigger hooks for either 65mm, 60mm.

 

It’s simply because it will bring all the bites include even the slightest ones into hooking but you’re gonna be  ready anytime for big fish over 10 pound at USA tournaments.

 

vol86_02

 

But, there is a difficulty of having one size bigger hooks to its body which these hooks are easily tangled. For S-CRANK, we’ve successfully eliminated the problem by placing the rear hook eye on top of the body.

 

2) Face design

S-CRANK has rather plain face design compare to other Megabass lures.

As I’ve already told you in vol. 2, it’s caused by the thin pointy head design. This thinness of head is the most important gimmick for S-CRANK, we can almost say that S-CRANK is all about the thinness of the head. We designed the face expression with fewest gills so that it won’t lose any thinness.

 

 vol86_03

 

At a glance, there are seemingly no any difference on the face expression of S-CRANK 1.5 and 1.2.

There are slightly difference on that, as matter of fact.

 

 

3) few difference on line eyes.

 

 vol86_04

 

Lastly, I’ll talk about

There are few difference on 1.5 and 1.2 if you look closer.

1.5 has an ordinary line eye, on the other hand, line eye of 1.2 slightly leans towards the right hand side when you’re facing it. This is not the defect, this is purposely molded to be that way.

Then, why?

I’ve already explained to you the width of slalom of 1.2 is smaller than that of 1.5 since the body of 1.2 is smaller. That means the area receiving water will be smaller as well. That is why we purposely tilted it to start off slalom faster than that of 1.5.

 

 

Even though it’s mass-produced goods, it’s impossible for them to be made exactly the same ways all the time. So the tilt could go against our intention sometimes.

In that case, tune up the line eye same as other lures.

Bend either right or left when you look down the lure from up.

 

This is bit away from the main story, though, there is another lure that the line eye was tilted to side purposely same as S-CRANK1.2. If you know what it is, you are Megabass maniac!

 

vol86_05

 

Well, I’ve been talking about S-CRANK in all total 3 episodes. I’ll be done at this point even though I feel like it’s not still described well enough.

S-CRANK that is well-used in the best American tournaments.

Enjoy so many ways like slalom around Mid-range and hitting structures to attract fish.

 

 

S-CRANK Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/

team_blog_banner

S-CRANK是什么? Vol.3(T-013)

 vol86_01

从项目STW中上市的「S-CRANK」,从诞生的秘闻开始到产品的注重点等进行介绍。

之前的第1回和第2回,请浏览以下链接。

Vol.1

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-71/

Vol.2

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-82/

第3回  「S-CRANK设计的注重点」

 

在此,主要是关于外观的“注重点”的深入研究。

注意点大体分为3个。

①  鱼钩尺寸

②  脸部设计

③  别针孔的细微区别

 

首先,关于①的鱼钩尺寸。

这个是,开发当初开始MegabassUSA专业职员给出的强烈要求,针对路亚的尺寸,希望能装载大一些的鱼钩。

因此,装载了以下鱼钩。

在S-CRANK 1.5 上,前端用#2后端用#4

在S-CRANK 1.2 上,前端、后端都用#4

搭载比65mm、60mm相应的鱼钩要大一些的鱼钩。

这个单纯的是为了即使是轻微地咬钩也可以达到上钩的东西,在USA淘汰赛,不管什么时候超过10磅的大鱼到来时,也有能稳稳地对峙的安心感 。

 vol86_02

但是,对于身体设计安装一圈大的鱼钩是非常难的,还是会有鱼钩相互间缠绕的问题。为了消除这个,在S-CRANK里,跟上图一样后部鱼钩别针孔是装配在身体上方,鱼钩缠绕的问题就解决了。

 

 

②脸部设计

S-CRANK的脸部设计是即使在Megabass路亚中也是看起来是相对比较朴素的表情。这个原因是如在第2回中说过的,又薄又尖的设计而造成的,但头部的薄度说成是S-CRANK的所有也不为过的重要的技巧。

也就是说,这个薄度不会损坏,用最小的鱼鳃数量设计了的脸部表情。

 vol86_03

还有,看起来一模一样的S-CRANK 1.5 和1.2的脸部表情。

实际上稍微有一点变化。

 

最后③是鱼线别针孔。

 vol86_04

如果仔细看的话,1.5和1.2会有少许不同。

1.5是按之前的一样,1.2的鱼线别针孔,应该知道面向自己的右边稍微有点倒的样子。这个不是不良品,是冲型时特别设定得有点倾斜。

由于1.2比1.5的身体也要小,导致激流回旋幅度也变窄的情况在第2回时已经传达过了。也就是说,头部的受水面积变小了。

因此,为了比1.5的激流回旋的最初契机更快开始呈现出,特意制作倾斜了。

 

并且,尽管是量产品,但不可能做得出完全一样的产品。所以,这个倾斜产生不好的作用的情况,也有极少。

那个时候,不管什么样的路亚都是一样,请调整别针孔让鱼直线游动。

路亚从上方来看时,只用调整它向左或右倾斜。

 

在此说下题外话,用Megabass的路亚将鱼线别针孔放在左或右的这种特意倾斜的产品除S-CRANK1.2以外还有其它的产品也有。知道是什么产品的朋友,一定非常精通Megabass。

vol86_05

那么,全部3次发表的S-CRANK的话题。在此虽然有很多未写全的地方,暂且到此为止。

美国的最高峰淘汰赛中大显身手的S-CRANK。在中间层让它激流回旋也可以,在水中障碍物进行边跳动边引诱也可以,请享受一下它多彩的使用方法。

S-CRANK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/