Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.71

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.71

back

team_blog_banner

 

S-CRANKとは? Vol.1 (T-010)

 

eb_vol72_01

 

プロジェクトSTWからリリースする「S-CRANK」の、誕生秘話から、製品のこだわりなどを、ご紹介します。

 

第1話 「きっかけはハンドメイド」

 

アメリカのトーナメントにおいて、必ずと言っていいほど必要なルアーがクランクベイトである。

そのクランクベイトの中でも、使用頻度が高く、多くのウイニングルアーとなっているのが、スクエアビルシャロークランク。

一般的にスクエアビルのクランクベイトは、文字通りリップがスクエア形状をしており、その恩恵は障害物回避性能といわれている。

 

メガバスが、MOAプロスタッフのため、勝つことを追求し、形にするプロジェクト、STWがスタートして、早2年。

 

スタート当初、プロスタッフのリクエストがあったのが、スクエアビルシャロークランクである。

 

あるプロスタッフがハンドメイドで作っていたクランクベイトだが、なぜか一つだけアイスライドのようなS字軌道を描きながら、ウォブリングするクランクがある。

この、普通のクランクのアクションにS字軌道をプラスしたアクションは、本人は狙って作ったわけではなく、偶然の産物として、出来上がったわけである。

 

ただ、「これが、よく釣れる。」と。

 

沢山ハンドメイドで作っても、そのアクションが出るのは、1個か2個。

「この、アクションを再現してくれ!」

それが、全ての始まりでした。

そのS字軌道を描くアクションに半信半疑だったが、とにかく現物を見て、投げてみないとわからないということで、数少ない現物を日本に送ってもらった。

現物は、バルサで作られた雑な、いや実にアメリカンな雰囲気が漂うクランクだった。

 

バルサかよ。これを、ABSのインジェクションで再現しろと…。とにかく、投げてみる。

 

たしかに、S字軌道でアクションする。

 

しかし、何か不自然で、偶然の産物感が半端なかった。

とにかく、そのクランクをスキャンし、データを作る。

ファーストプロトは、単純にスキャンした、瓜二つのインジェクションタイプだった。

 

しかし、全くもって結果がでない。

 

まぁ、ルアー作りなんて、そんな簡単にいくものではない。

 

そこからの試行錯誤は、長い道のりで、実に2年の歳月を要して、ようやく納得のいくアクションを出せることとなった。

 

実に長かった開発期間だが、S字軌道のアクションを引き出しているキモを理解できてからは、本当にトントン拍子で開発がすすんだ。

というわけもなく、そのキモを理解し、クランクの形状にそのキノを取り入れてからが実に長く、コンマ何ミリの世界の微調整で、アクションが劇的に良くもなり、悪くなった。

 

程遠い作業だが、全く経験したことがない形状だったため、ただただ数をこなして、答えを出す作業が続いた。

 

そんな試行錯誤があり、何度も海を渡ったS-CRANKのプロトタイプは、アメリカのフィールドの上で何度も一喜一憂し、2年の歳月をかけようやく完成した。

 

 

ようやく完成したS-CRANKだが、ではどこに、S字軌道を生み出すキモがあるのか。

 そこは、次回にとっておきましょう。

 

S-CRANK Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/

 

team_blog_banner

 

What is S-CRANK?  Vol.1 (T-010)

 

eb_vol72_01

 

I will be talking about the “S-CRANK” that is going to be released by the STW (Support to Win) project from the untold story about how it was born to our obsession for this product.

 

Episode 1: All started from handmade

 

The lure that we surely have to have at the tournaments in USA is a crank bait.

Among all those crank baits, the one that is used the most and brings to win the most is Shallow Square-bill Crank bait.

In general, the square-bill crank bait has a lip that is literally shaped like a square that is said having the benefit of dodging the obstacles.

 

It’s been already 2 years since STW project was started which Megabass has been creating to pursue the win for the MOA professional staff.

 

When it was just started, the Shallow Square-bill Crank bait was the one that the professional staff asked for.

 

One professional staff was making handmade crank baits and this particular one showed the interesting movement of a wobbling action with S-stroke like I-SLIDE has for some reason.

He accidentally created this action that is combination of the normal crank bait action plus the S-stroke action.

 

And it was great to catch fish!

 

But he got at the most 1 or 2 successful ones that had same action from making so many handmade crank baits.

“Please reproduce this same action!”

That’s how it got started.

We were half skeptical about the S-stroke motion so we had them send the rare piece to Japan to try it ourselves.

The crank bait we got was poorly made by balsa that was, well, continental-like (which is not detail-oriented so much), I would say.

 

 “Wow, made by balsa! How can we reproduce this with ABS injection!! Well, first let me try this out anyway.”

 

It surely moved in S-stroke.

 

However, the movement was not so smooth and it was so obvious that the crank bait was accidentally born.

Anyhow, we scanned the crank bait to make some data.

The first prototype that we made was simply scanned and made by injection molding that was the exact copy of the original one.

 

But it didn’t bring any great results.

 

Well, we kinda knew making lure is not that simple.

 

It has been long journey from there, it actually took us about 2 years to get the action that satisfies us.

 

It was really long journey, but our development had gone so much better after we figured out the key factor to cause the S-stroke action.

The part took us the most was after we figured out the key factor and put that into crank baits as it was affected dramatically better or worse by 0.0...inches difference.

 

We had no idea so we’d just simply made enormous amount of prototypes to get the answer which it was like looking for a needle in a haystack since we’ve never had an experience this shape before.

 

It’s finally completed after 2 years of all the trials and errors of making the S-CRANK prototypes that went back and forth from Japan to USA to test them out.

 

So, do you want to know which part the key factor of this S-CRANK that was finally completed is?

 

I’ll tell you next time!

 

S-CRANK Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/

 

team_blog_banner

 

S-CARNK是什么?  Vol.1 (T-010)

 

eb_vol72_01

 

从项目STW开始发售的“S-CRANK”的产生秘闻开始,产品的讲究点等进行介绍。

第1集 “契机是手工品”

 

在美国的淘汰赛里,可以断言一定会说到的必须的路亚是胖子路亚。

在那些胖子路亚中,使用频度高,成为经常获胜的路亚是SQUARE BILL浅水胖子路亚。

一般的SQUARE BILL的胖子路亚,如名字一样长舌板是方形的,它的好处被说成是可以避开障碍物。

 

Megabass为了MOA专业职员,追求胜利,开始项目具体化的STW,转眼已经过了两年。

开始当初,碰到的专业职员的要求就是SQUARE BILL浅水胖子路亚。

 

某专业职员用手工制作了胖子路亚,不知为何只有一个,边像I-SLIDE一样描出S型的轨道,边做出摇摆抖动动作的胖子路亚。

这个普通的胖子路亚的抖动动作上附加S型轨道的抖动动作,并不是本人以这个为目标而制作成的,只是作为一个偶然产物而完成了。

 

但是,“这个很容易钓到鱼”

即使手工制作很多的样品,能做出这个动作的只有1个或2个。

“请再现这个抖动动作!”

这个就是一切的开始。

虽然对那个描出S型轨道的抖动动作半信半疑,总之若不看实物使用看看的话是不会知道的,所以将少有的几个样品寄到了日本。

实物是用轻木制作的粗糙的,不对,实际上漂着美国的气息的胖子路亚。

 

原来是轻木。将这个,利用ABS成型来再现…。总之先使用看看。

 

确实是,按S型轨道进行抖动。

 

但是,总觉得有点不自然,有非常强烈的偶然产物感

总之,将那个胖子路亚扫描,制作数据。

初试品是单纯的扫描,一模一样的成型类型。

 

但是,完全没有结果。

 

哎,制作路亚,不是这么简单就能做好的东西。

 

从那开始的各种试验,通过很长一段路,实际花了2年的岁月,呈现出的抖动动作终于可以接受了。

 

实际虽然开发时期很长,但从理解了发挥S型轨道的抖动动作的要点,开发真的是顺顺当当地进展着。

其实并不是这样,从理解那个要点,在胖子路亚的形状里引进这个要点,实际花了很长的时间,用零点几毫米的微调整,抖动动作戏剧性的时好时坏。

 

相当遥远的操作,因为是完全没有经验的形状,完全只是增加实验次数,直到出来结果为止的持续操作。

 

通过那样的各种试验,多次跨海的S-CRANK的试作品,在美国的钓场多次一喜一忧,终于花费2年的岁月完成了。

 

终于完成了的S-CRANK,那到底哪里是游出S型轨道的要点呢?

 

此点,留到下次讲解吧

 

S-CRANK Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/