Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.82

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.82

back

team_blog_banner

 

S-CRANK(エス・クランク) とは? Vol.2  (T-012)

 

eb_vol82_01

 

プロジェクトSTWからリリースする「S-CRANK」の、誕生秘話から、製品のこだわりなどを、ご紹介します。

前回の第1話はこちら。

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-71/

 

 

第2話 「S-CRANKがS字に動く理由」

 

S-CRANKについてですが、まずはそのアクションをご覧下さい。

 

 

さて、このS-CRANKですが、現在アメリカで発売されているモデルは2種類あります。

■S-CRANK 1.5 Length:65.6mm  Weight:1/2oz.  Depth:1.5m

■S-CRANK 1.2  Length:60.0mm  Weight:3/8oz.  Depth:1.2m

 

ご覧の通り、製品名の後ろの数字は潜行深度(m)を示すものです。

 

さて、このS-CRANKですが、大きく分けて3つの「こだわり」があります。

①    S字軌道を伴ったタイトウォブリングアクション

②    秀でた障害物回避性能

③    全サイレントタイトアクション

この、3つの「こだわり」を具現化しているのがS-CRANKというわけです。

 

そのこだわりを1つずつ掘り下げていきましょう。

 

まず、①のS字軌道を伴ったタイトウォブリングアクションについてです。

 

ここで特筆すべきはS-CRANKで一番の特徴である、S字軌道です。スラロームしながら泳ぐクランクベイトですね。

 

eb_vol82_03

 

では、なぜS-CRANKはS字軌道するのか。

重要なのは、ヘッド形状とリップにあります。

 

 eb_vol82_04

 

まずは、ボディのヘッド形状。真上から見ると、特徴的な先端が尖った形をしています。

(A)

このエッジの効いた尖ったヘッドがS字軌道の全てと言ってもいいほど重要なギミックです。

 

 eb_vol82_05

 

従来のクランクベイトのヘッド形状は、水を受け流すという丸みのある形状であるのに対し、S-CRANKは先にも述べたとおり、尖ったヘッド形状をしているため、「水を切る」という発想でS字軌道を生み出します。

 

eb_vol82_07

 

■ヘッド形状のサンプル達。0.1mm間隔でAの角度を調整したボツプロトの一部。ここにボディの長さ、ウエイトの重量、リップの形状などで派生させていくと、膨大なプロトの数になるのは開発ではよく見る光景。この写真にはなく、海を越えてアメリカにもたくさんのプロトタイプがあります。USAプロスタッフである、ルーク・クローセンが実釣ムービーで使用しているのも、この中にある同じタイプのものです。

 

 

さて次に、顔のおでこの部分(B)に凹みがあります。これは、S字軌道を助長するギミックだけでなく、泳ぎ出しを良くしたり、潜行深度を下げる役割もあります。

また、リップの装着角度、位置なども(C)、理想のアクションを再現する為の重要なギミックです。

 

この、ABC3つのギミックの黄金比で、S字軌道を伴った理想的なアクション

(Slalom Action System : PAT.P)を再現できるのです。

 

 

 

次に②の、障害物回避性能です。

 

 eb_vol82_06

 

回避性能に関しては、2点。

まず、一般的なクランクベイトよりもS-CRANKは高浮力であること。上の写真の通り、お腹がぷっくりと出た、アメリカンなクランクベイトの形状をしています。これにより、より多くの容積を確保し浮力を高めています。

さらに、スクエアリップであるということ。一般的にスクエアリップのクランクベイトは回避性能が高いと言われていますが、そこに先に述べた高浮力があいまって、高次元での障害物回避性能を実現しています。

是非、中層をスイミングさせるだけでなく、リップラップなどの障害物にガンガン当てながら使用してみてください。

 

 

最後に③の完全サイレント&タイトアクションです。

まず、完全サイレントにするのに不可欠なのが、内部に搭載しているウエイトのガタつきを完全に無くす事です。S-CRANKにも見た目は、ただの丸いウエイトに見えますが、特殊な成型ウエイトを使用しています。この成型ウエイトを内臓するウエイトルームは、生産効率を考えると少しのクリアランスが必要です。ただ、それゆえに1%にも満たないですが、カタカタと内部でウエイトが遊んでしまうことがあるのが欠点でした。

 

 eb_vol82_08

 

そこで、S-CRANKには、ガタつきを完全に無くす新しいウエイトの固定方法で、ウエイトの遊びをゼロにする事に成功しました。この新しい固定方法は、S-CRANKだけでなく、後のイーラなどの製品にも使われています。

 

そして、ラインアイの位置やリップ角度などで、ワイドウォブリングではなく、タイトなウォブリングアクションに設定。これにより、全米トーナメントにおいて、同じスポットでも何本もの魚をキャッチ出来る、完全サイレント&タイトウォブリングのアクションを再現しました。

このアクションは、比較的水質がクリアなリザーバーなどでも効果があり、アメリカでは勿論の事、日本でのテストでも小規模なダム湖やリザーバーなどで効果があります。

 

ここまでが、長々と書いてきましたがS-CRANKのアクションの「こだわり」です。

では、S-CRANK1.5と1.2では、どんな違いがあるのか。

それは、単なる等倍縮小ではなく、S-CRANK1.5とは違った、1.2独自のヘッドの薄さに吟味を重ねたものになっております。

 

 eb_vol82_02

 

上の写真をご覧になれば一目瞭然、1.5より1.2のヘッド形状は薄くデザインされています。

1.2は1.5に比べ全てにおいて小さい力がボディにかかります。ボディに受ける水の抵抗は小さく、内臓ウエイトも軽い。そうすれば、おのずとS字の幅も1.5に比べて狭くなります。

そこで、1.5よりもヘッド形状を薄く尖った形状にし、より多くの「水を切る」ようにデザインしています。これにより、1.5よりも狭いS字幅でも、スラロームしながらも、若干イレギュラーアクションを演出し、1.5にも劣らないアピール力を兼ね備えました。

 

最後に、S-CRANKの使用方法としては、勿論ただ巻くだけです。

が、極端なスローリトリーブでは、スラロームアクションはしません。ある一定のスピードに到達したときに、スラロームを描き始めます。

そのスピードこそが、USAトーナメントで戦うメガバスプロスタッフ達のクランクベイトの基準となるスピードであり、理想のスピードなのです。もしかすると、早いかな?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのスラロームが出るスピードで巻き続けてみてください。

おのずと結果はついてきます。

 

 

特徴的な、薄く尖ったヘッド形状をもつ「S-CRANK」。次回、最終回となる第3話は、今回のアクション以外の、「こだわり」について、お話したいと思います。

メガバスで生まれ、アメリカで育ったS-CRANK。是非、手にとってフィールドに出掛けてみて下さい。

 

 

 

S-CRANK(エス・クランク)  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/

 

※写真はプロトです。

team_blog_banner

 

What is S-CRANK? Vol.2 (T-012)

 

eb_vol82_01

 

I want to talk about S-CRANK which was released by project STW from the secret of how it was born to our obsessions to this product.

First episode

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-71/

 

 

Second episode “The reason why S-CRANK moves S-stroke”

 

Please check the action of S-CRANK below.

 

 

There are currently 2 models of S-CRANK selling in USA.

■S-CRANK 1.5 Length:65.6mm  Weight:1/2oz.  Depth: 1.5m

■S-CRANK 1.2  Length:60.0mm  Weight:3/8oz.  Depth: 1.2m

 

  1. Tight wobbling action with S-stroke
  2. Supreme function of dodging the obstacles
  3. Totally silent & tight action

 

 Realization of these 3 obsessions is the S-CRANK.

 

Let’s dig down all these obsessions one by one.

First, we’ll start with #1.the tight wobbling action with S-stroke.

The one we have to give special mention is the number one feature of S-CRANK, the S-stroke, this is the crank bait that goes slalom.

 

eb_vol82_03

 

So, why does S-CRANK move S-stoke?

The important parts are the shape of head and lip.

 

 eb_vol82_04

 

We’ll see the shape of head. If you see from the top, it looks characteristic pointed head. (A)

This sharp pointed head is the most important gimmick all about S-stroke.

 

 eb_vol82_05

 

Compare with the shape of head of the ordinary crank bait which is the round shape to receive water, S-crank has pointed head as I’ve already mentioned producing the S-stroke movement to cut water.

 

eb_vol82_07

 

■ The samples of head shape. The part of the prototypes that went into trash adjusted the angle of A by 0.1mm. It is not rare at development department to end up with enormous amount of prototypes when we count the length of body, weight, the shape of lip. There are also more prototypes far away from USA that are not in this picture. USA pro staff, Luke Clausen was using same type in the movie.

 

 

Next, there is a dent on its forehead. (B) This is not only gimmick for helping to prolong the S-stroke motion but also the roles for great start and sinking deeper.

The angle and place of lip is important gimmick to create ideal action. (C)

 

The golden ratio of these 3 ABC gimmicks ideal action with S-stroke

 (Slalom Action System: PAT.P)can be created.

 

 

 

Next, we’ll talk about #2. The function of dodging the obstacles.

 

 eb_vol82_06

 

There are 2 points about dodging obstacles.

First, S-crank has higher buoyancy than ordinary crank bait. It has beer bally like an American as you can see in the picture above. This is why keeping more air in there to float better. Moreover, the shape of lip is square. The crank bait that has square-shaped lip is generally said to have high dodging ability, this one has even more because the higher buoyancy.

Hit this around the obstacles like riprap as well as let this swim around the mid-range.

 

 

Lastly, #3 the totally silent & tight action.

We had to eliminate completely shakiness of the weight inside in order to make totally silent crank. The weight of this S-CRANK seemingly looks like just a round shape, but we adopted special molded shape to it. In terms of production efficiency, the space that stores this molded weight needed a little bit clearance which is only 1% but it became the cause of the noise, the drawback since the weight moved around inside.

 

 eb_vol82_08

 

Then, we successfully eliminated the shakes from S-CRANK completely to zero since we adopted the new fixed weight system. This new fixed weight system is later used for other products such as EELER.

 

We adjusted the position of line eye and angle of lip to have tight wobbling action instead wide wobbling. By having this, we achieved totally silent & tight wobbling action which brings us the result that can be used at the same spot to catch fish over and over in U.S. tournament.

 

These I’ve written so long are our obsessions towards S-CRANK action.

Now, what’s the difference between S-CRANK1.5 and 1.2?

1.2 is not merely scale-down version of 1.5, it got an original slender shaped head after so many considerations.

 

 eb_vol82_02

 

It is obvious if you see the picture above, the shape of 1.2 is designed skinnier than that of 1.5. The body of 1.2 will receive smaller force compare to the one of 1.5. Water resistance to its body is small and the weight inside is light. For that reason, the motion of S-stroke for 1.2 relatively will narrower than that for 1.5.

So we designed its head skinner than that of 1.5 to cut through more water. By doing this, even though 1.2 has narrower S-stroke than 1.5 it can create irregular action occasionally on top of regular slalom action to appeal to fish as much as 1.5.

 

Ok, do you want to know how to use this S-CRANK now? It’s just simply reeling in.

But you won’t get slalom action under extremely slow retrieve. It has to have certain speed to obtain the slalom action.

That certain speed is the ideal speed which is the standard for crank bait that Megabass pro staff, who fight in US tournaments, has. There might be people who think “Isn’t this a bit fast?” but keep reeling in with the speed which can get the slalom action.

You’ll see the great results!

 

 

The S-CRANK that has characteristically slim pointy head. Next time, we will reveal all the other obsession we have for this crank bait in third episode which is the final series of this S-CRANK.

Take this S-CRANK that was born in Megabass and grew up in US with you for your next trip to fishing.

 

 

 

S-CRANK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/

 

* The photograph is a prototype.

 

team_blog_banner

 

S-CRANK是什么?Vol.2(T-012)

 

eb_vol82_01

 

从项目STW中上市的「S-CRANK」,从诞生的秘闻开始到产品的注重点等进行介绍。

上回的第一回请浏览以下链接。

http://www.megabass.co.jp/site/engineer/megabass-engineering-team-blog-vol-71/

 

 

第2回 「S-CRANK呈S型游动的理由」

 S-CRANK的相关内容,首先请欣赏以下链接中的抖动动作。

 

 

那么,关于这个S-CRANK,现在在美国有2个型号在销售。

■S-CRANK 1.5 Length:65.6mm  Weight:1/2oz.  Depth: 1.5m

■S-CRANK 1.2  Length:60.0mm  Weight:3/8oz.  Depth: 1.2m

 

那么,这个S-CRANK从大方向分成3个“注重点”。

①   伴随着S字型轨道的贴身摆动动作

②   优越的障碍物规避性能

③   完全静音贴身抖动动作

实现了这三个“注重点”的就是S-CRANK。

 

我们将那些注重点一个一个进行深入研究吧。

首先,是关于①的伴随着S字型轨道的贴身摆动动作。

 在这里值得特别提到的是S-CARNK的最大特征S型轨道。是边做激流回旋边游水的胖子路亚哦。

 

eb_vol82_03

 

那么,为什么S-CRANK是S型轨道呢?

重点在头部形状和长板舌里。

 

 eb_vol82_04

 

首先是身体的头部形状。从正上方来看,有特点的顶端是成尖形的。(A)

这个边缘锋利的尖尖的头部说成是S型轨道的全部也不为过的重要新技巧。

 

 eb_vol82_05

 

以前的胖子路亚的头部形状,是让水更容易流动的圆形形状,S-CRANK是如前面所述,因为是尖头形状,设想可以“切水性很好”而产生S型轨道。

 

eb_vol82_07

 

■头部形状的样品们。是以0.1mm为间隔对A的角度进行调整了的报废试作品的一部分。在此身体的长度、体重、长舌板的形状等派生出的话,庞大的试作品的数量是开发时经常看到的一幕。不仅仅只是这张图片,漂洋到美国也有很多的试作品类型。USA职业钓手Luke Clausen在实钓视频中使用的是与这里面相同的类型。

 

 

那么接下来就是额头部分(B)有凹陷。这个不仅仅只是让S型轨道更到位的新技巧,还对开始游水优良性、降低潜水深度也起到了作用。

还有,长舌板的安装角度、位置等(C)也是实现理想的抖动动作非常重要的新技巧。

 

通过这ABC3个新技巧的黄金比例,可以再现伴随着S型轨道的理想抖动动作(Slalom Action System : PAT.P)。

 

 

 

接着是②优越的障碍物规避性能。

 

 eb_vol82_06

 

规避性能方面,2点。

首先,比起一般的胖子路亚S-CRANK有高浮力。如上图一样,肚子胖乎乎的挺着,制作成了美国味儿的胖子路亚形状。通过这个,保证有更多的容积提高浮力。

并且,是扁平方形的长舌板。据说一般的扁平方形长舌板的胖子路亚的规避性能很高,与刚刚说的高浮力相辅相成,实现了多次元的障碍物规避性能。

不仅让它在中层进行游水,请一定要边撞击水底岩石等障碍物边使用看看。

 

 

最后③是完全静音&贴身抖动动作。

首先,为了做成完全静音不可缺少的是内部搭载的铅体的喀哒喀哒的声音需完全取消。S-CRANK的外观也是,看起来只是个圆形的铅体,但是是使用特殊成型的铅体。将这个成型铅体放入内脏重量室,从生产效率来考虑需要一点点间隙。所以虽然也不到1%,但铅体会在内部到处喀哒喀哒地晃动是缺点。

 

 eb_vol82_08

 

因此,在S-CRANK里用完全消除喀哒喀哒声的新型铅体的固定方法,成功研发出了让铅体晃动为0的事实。这个新型固定方法,不仅是S-CRANK,后面的EELER等产品上也在使用。

 

还有,通过鱼线别针孔的位置和长舌板的角度等,不是大幅度摇摆抖动动作,是设定为贴身摇摆抖动动作。通过这个,在全美淘汰赛中,即使在同一个位置也可以钓到好几条鱼,完成了完全静音&贴身摇摆抖动动作。

这个抖动动作,在比较清澈水质的人工湖等地方也有效果,不用说在美国,在日本做实验时小规模水库或人工湖等地也有效果。

 

到此为止,写了长长的一篇就是S-CRANK抖动动作的“注重点”。

那么,S-CRANK1.5和1.2有什么样的区别呢?

这个,不单纯只是等倍缩小,与S-CRANK1.5不同,1.2独自的头部厚度是经过研究而设计成的。

 

 eb_vol82_02

 

看上面的图片一目了然,与1.5相比1.2的头部形状设计得更薄。

1.2与1.5相比所有方面带给身体的力度会小点。身体受水的阻力会小,内脏的铅体也会轻。这样的话,自然而然地会比1.5的S型幅度要再窄一些。

 

还有,设计成了头部形状也比1.5要薄的尖形,“切水性能“会更好。

通过这个,比1.5更窄的S型幅度也是,边进行激流回旋边演出一些不规则的抖动动作也是,一点都不输给1.5的表现力都具备。

 

最后,作为S-CRANK的使用方法,当然只是卷一下而已。

但是,做极端的慢速收线时,不会做激流回旋的抖动动作。当达到一定速度时,就开始了激流回旋动作。

那个速度正是,在USA淘汰赛中战斗的Megabass职业钓手们对胖子路亚的标准速度,理想的速度。也许,有的朋友会觉得有点快吧?,但用那个可以做出激流回旋的速度继续卷着试试。

自然而然的效果会跟着出现。

 

拥有有特点的,薄型尖尖的头部形状的“S-CRANK”。下次,将是最终回的第3回,想跟大家讲一讲这次的抖动动作以外的“注重点”。

在Megabass诞生,在美国培育的S-CRANK。请一定要去钓场试一试。

 

 

S-CRANK  Products Page

http://www.megabass.co.jp/site/products/s-crank/

 

* The photograph is a prototype.