Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > MEGABASS Technologies > MEGABASS Engineering Team Blog Vol.25

MEGABASS Engineering Team Blog Vol.25

back

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (K-004)

2014NEW PRODUCTS

Code name: DONG-PATH 3.5

 

みなさんこんにちは。バスシーズン真っ盛りで、去年から幾度となくテストを繰り返してきた、自信の新製品たちがメガバスから続々リリースされております。

 

6月発売ということで、今回はこの新製品にスポットを当ててみたいと思います。

 

「ドンっと打って、パスっと入れ込む!!」

 

そうです!

 

「DONG-PATH 3.5inch」です。

 

1

 

フィッシングショー時に展示したデザインから、さらに進化を遂げて、究極のストレスフリーな対カバーワームに完成いたしました。

 

2

 

開発期間の1年で作ったプロト数は一番多く、細かい修正などを含めると、数え切れないほどの形状の修正を行ってきました。

対カヴァーゲーム用のワームである以上、フックズレ等の様々なストレスと戦いながら行う釣りである為、予想されるストレス原因を徹底排除することを目標とし、開発を進めました。

 

みなさんはカヴァーゲームをする上でどんなストレスを想像しますか?

私たちは次の点を最大のウィークポイントして考えました。

 

問題点①「フックズレ」

釣りの特性上、いかに良いスポットにテンポよく入れていくかが、釣果を握る鍵となります。

その為、フックズレばかり起こすワームは釣りのリズムを崩すばかりではなく、ワームの消耗も激しくなります。

それを解消するべく、ボディーのシルエット形状をフックのゲイブに沿うようにデザインし、深リブで針先をしっかり隠せるようにしました。

それにり、針先がしっかりボディーを固定する軸となり、フックのゲイブがワームを抱え込む形でフックズレを解消しました。

3

 

問題点②「スリ抜け性能」

フィールドより様々なカヴァーや障害物が存在し、どんなシチューエーションでも安定したスリ抜け性能を実現するべく、障害物との接地面積を最大限抑えることにしました。

 

・4本のアームはスリムシェイプにし、接地面に対し垂直方向で付けると共にボディーのリブも深めに設定し接地面積を最小限に抑えます。

・パドルテール部分にもドット加工を施し、藻などベジテーションへの貼り付きを軽減します。

4

問題点③「ワームアクション」

スリ抜け性能を保ちつついかに、ワームアクションを最大限に発揮するかが、最大のヤマ場となりました。

それを解決したのがアクション可変パドル「マルチファンクションパドル」です。

通常使用では、パドルが水を受け、スローにアクションすることにより、バスにしっかりアピールします。

パドル中央に配置されたスリットを手でちぎればクローをイミテーションしたアクションに可変します。

5

このように小さな点を妥協無く、こだわり抜いて開発した究極のストレスフリーな対カバーワームが誕生しました。

 

実際に使用してDON-PATHのパフォーマンスを是非体感してください。

 

いよいよ今月発売ですので、発売まであと少しお待ちください!!

 

製品紹介ページはこちら↓↓↓

http://www.megabass.co.jp/site/products/dong-path/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (K-004)

2014NEW PRODUCTS

Code name: DONG-PATH 3.5

 

Hello Everyone! For the arrival of the bass fishing season, as we have been doing fluent product development since last year, we are fully prepared to launch the sale of the new product one after another.

 

This time we are introducing on our new product of the June releases.

 

“Shoot it with the sound of dong and stick into it quickly.”

 

You're right. It is the feature of “DONG-PATH 3.5inch”.

 

1

 

We have continued to improve the function from the original model that we displayed in Osaka Fishing Show last February. Finally we realized the ultimate anti-cover worm free from the stress in the game.

 

2

 

We made a lot of prototype during the development period over 1 year because we have repeated many modifications of the shape innumerably.

To develop worm for anti-cover game, we focused to eliminate all the stress thoroughly.

 

What kind of stress can you imagine?

 In many problems, I solved three following task.

 

1 Hook Slipping

 To catch fish successfully, you need a good tempo. Therefore, hook slipping will not only affect the fishing rhythm, but also will lead to consume more worms.

 In order to solve this problem, we designed the silhouette of body along with hook depth and the pinpoint of hook will be hidden by deep rib. Because the pinpoint of hook can be as fixed axis for body and encase the worm in hooks depth, we can resolve the problem of hook slipping.

3

 

2 Function of traversing

 There are various obscured objects and obstacles in different field. In order to achieve the function that you can pass through steadily in any environments, you need to minimize the contact area between obstacles and the worm.

 ・ Making 4 fishing arm thin, along the vertical direction to fix rib of fishing rods deep, thus minimize to eliminate the contact area with obstacle.

・ The paddle tail part is processed to dot shape, so that it can reduce the attachment of alga.

4

3 Worm action

The difficult problem is how to keep the function of traversing and how to do worm action very well. “Multi-function paddle” is the key point to solve this problem.

 In the case of the usual usage, by a paddle catching the water and making a slow action, you can catch bass firmly.

When you cut the slit in central of paddle, the action is changed to the one imitated to claw.

5

By designing the product thoroughly without compromise, the ultimate worm will be available soon. You can enjoy the superior performance of “DON-PATH”. The product will be sold in this month. Please wait for a moment!

 

The product introduction page, please click the following URL.

http://www.megabass.co.jp/site/products/dong-path/

 

team_blog_banner

 

MEGABASS Engineering Team Blog (K-004)

2014NEW PRODUCTS

Code name: DONG-PATH 3.5

 

大家好,现在正值鲈鱼旺季,Megabass经过去年反复多次的试验,目前纷纷推出非常有信心的新产品。

 

新产品会在6月销售,本次想着重介绍新产品。

 

咚的一声抛出,啪呲一声进入。

没错!

是DONG-PATH 3.5inch。

 

1

 

钓钩从钓鱼秀时展示的设计,不断升级,最终完成了无压力虫饵。

 

2

 

在这1年多的开发期间做了很多的原型,如果包含细小修改的的情况,那么已经进行过数不清次数的形状修改。

用于钓鱼游戏的虫饵,由于和钓钩滑动(脱手)等各种各样的压力战斗的同时还需要进行钓鱼,以把想象到的压力原因彻底消除为目标,进行产品开发。

 

在钓鱼游戏方面,大家能想象到什么样的压力呢?

我们把以下的三点作为最大的弱点。

 

问题1 脱钩

考虑到钓鱼的特性,如果能以很好的节奏进行钓鱼,那么这会成为钓鱼成功的关键。

因此,脱钩不仅会破坏钓鱼的节奏,还会消耗更多的鱼饵。

 为了解决这样的问题,设计时使钩的深处沿着钓钩的轮廓形状,用深螺纹把针尖很好的遮住。

 而且,针尖可以作为机身的固定轴,钩的深处把鱼饵包住,从而解决脱钩的问题。

3

 

问题2 穿越的性能

当场地不同时,会有各种各样的的遮蔽物体和障碍物体,为了实现在任何环境下都可以稳稳地穿越这一性能,则需要最大限度减少障碍物体与地面接触的面积。

 

・  把4支钓臂修细,沿地面垂直方向安装的钓竿的螺纹也深入安装,从而最小限度减少和地面接触的面积。

・把桨尾部分加工成圆形,从而可以减少藻类等水草的附着。

4

问题3 甩饵

在如何保持穿越性能方面,最大限度很好地甩饵将成为最难解决的问题。

 解决这个问题的关键点在于可变桨,就是“多功能桨”。

 如果按照通常的方法来使用的话,桨容易进水,只有慢点钓鱼才可以牢牢的钓上鲈鱼。

5

在桨中央设计配置的裂缝被仿造成爪的形状,从而可以随时变动。

设计精良一丝不苟,不固执己见,终于研发出了无压力鱼饵。

 

 

请一定要亲身感受DON-PATH的卓越性能。

 

本月终于要销售了,敬请期待。

 

产品介绍页面如下

http://www.megabass.co.jp/site/products/dong-path/